地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
婚活

Arduino

2017年6月18日 17時50分07秒 (Sun)

段差測定

超音波距離センサ2個を使って段差測定を行いました。実験では本で段差を作りました。センサはHC-SR04です。車椅子での移動はもとより、自転車でも段差は嫌なものですね。段差のないところを移動したいものです。超音波距離センサの場合、周りの環境に配慮しないと、音の反射によりうまく測定できないことがあります。車いすの底面に設置して段差を測定します。

配線は、(Arduino)―HC-SR04で、5V―Vcc、2番ピン―センサ1のTrig、3番ピン―センサ1のEcho、4番ピン―センサ2のTrig、5番ピン―センサ2のEcho、GND―Gndとなります。

スケッチは、
int interval1 = 0;
int interval2 = 0;
double distance1 = 0;
double distance2 = 0;

void setup() {
    pinMode( 2, OUTPUT );
    pinMode( 3, INPUT );
    pinMode( 4, OUTPUT );
    pinMode( 5, INPUT );
    Serial.begin( 9600 );
}

void loop() {
 // pulse !
    digitalWrite( 2, HIGH );
    delayMicroseconds( 100 );
    digitalWrite( 2, LOW );

  // mesure the interval 
    interval1 = pulseIn( 3, HIGH );
    distance1 = interval1 * 0.017; // cm 
    Serial.print( distance1,4);
    Serial.print(" cm, "); 
    delay(100);
    
 // pulse !
    digitalWrite( 4, HIGH );
    delayMicroseconds( 100 );
    digitalWrite( 4, LOW );

  // mesure the interval 
    interval2 = pulseIn( 5, HIGH );
    distance2 = interval2 * 0.017; // cm 
    Serial.print( distance2,4);
    Serial.println(" cm"); 
    delay(500);
}

です。実験の様子は、
 

2017年5月29日 7時04分49秒 (Mon)

Arduinoを使ったガスセンサの実験

ガスセンサ4種(MQ-8, 135, 7, 4, 水素、二酸化炭素、一酸化炭素、メタンに感度があります)とリアルタイムクロックをArduino につなぎ、殺虫剤のスプレーをかけてみました。MQ-8, 135, 7は反応しましたが、MQ-4は反応しませんでした。
 

img_20170616-111159.jpg

2017年5月15日 21時35分43秒 (Mon)

電動車いすで道路の傾斜を測ってみた

車いすに乗っている人にとって、危険もあり、道路の傾斜はできるだけ避けたい環境です。

Arduino Nano、加速度センサ、GPS・準天頂衛星受信機を使って、マイクロSDカードに書き込みながら、埼玉県所沢市のボランティア団体トコチェアの電動車いすを使っている方に協力いただき、つくば駅周辺の道路の傾斜の測定を行ってみました。

今回は、人の膝の上に置いてやったこと、道路の凸凹がほとんどなかったこと、車いすの性能がいいことなどのおかげで傾斜が計測できました。少し前に傾斜した状態で載せているため、平坦なところで80~85°になっていますので、上り坂が70〜80°、下り坂で85〜90°になっています。

このようなデータを大規模に集めたいと考えています。もっとやり方を工夫して計測精度を高め、10月に所沢市でイベントを計画しています。

超小型衛星で使われているArduinoや加速度センサを使っていること、宇宙を使ったインフラである衛星測位(GPSと準天頂衛星)を使っているところが宇宙技術汎用化になっています。

img_20170615-213852.jpg
img_20170615-213912.jpgimg_20170615-213923.jpgimg_20170615-213933.jpg


2017年4月11日 20時11分28秒 (Tue)

ガスセンサをいじって奇妙な結果

ガスセンサMQ-135は、CO2を検出するセンサで、一度でガスをしたものです。そのセンサを改めて動作させたところ、初期に10秒くらいの間に急激な値の増加がみられました。まるでCO2を急速に吸着し、放出したように見えます。あるいは電源投入後、10秒程度の間にセンサが不安定な動きをするのかもしれません。ごく初期なので、うっかりするとわからないまま見過ごしてしまいますが、どういうわけでしょうか。

私が近づくと値が増えたり、気になります。

img_20170424-131356.jpgimg_20170424-131405.jpg

2017年4月10日 20時08分20秒 (Mon)

ガスセンサはデガスが必要

先に紹介したガスセンサの初期動作は多かれ少なかれこんな感じで、最初吸着していたガスを放出するようでセンサ値が急速に減少する現象が見られます。しばらくすると安定します。
このセンサはMQ-7で本来COを検出するためのもののはずなのですが、呼気を吹きかけると最後のほうのようにわずかに上昇しました。最初のほうの動きがわかりにくいので、時間を対数表示したグラフも併せて示しました。

ガスセンサは使い始めてしばらくは信用できないようです。
また、目的以外のガスにも感度があるようなので、そういったことをわかったうえで使う必要がありそうです。
img_20170424-131044.jpg
img_20170424-131054.jpg
img_20170424-131104.jpg


プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
宇宙技術汎用化トレーナー 岩田 敏彰
性別
男性
血液型
A型

ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数