地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
婚活

2014年06月 のアーカイブ

2014年6月30日 6時26分52秒 (Mon)

APRSAF-20全体会議紹介「Summary Reports by Working Groups(1)」

今回からSummary Reports by Working Groupsのセッションです。 2013年12月6日に行われたものです。

(1)「APRSAF-20 Earth Observation Working Group Summary and Recommendations」
「APRSAF-20 地球観測作業グループ 総括と勧告」
参加者は141人でした。初日はイントロダクションとSAFE(Space Applications For Environment)とClimate R3( Regional Readiness Review)、気候変動、フィリピンの台風、水資源管理について、2日目は農業と食の安全、作柄予測、静止衛星と極軌道衛星による同時観測、これまでの成果と将来への提言について話し合われました。そのあと、全体会議への勧告が報告されました。

2014年6月30日 6時15分17秒 (Mon)

第7回つくば宇宙利用研究会

下記のように第7回つくば宇宙利用研究会を開催しました。
第1回から数えて1周年です!

日時:2014年6月28日(土)14:30〜17:30
場所:つくば市立吾妻交流センター 大会議室
参加者:11名
議題:
(1)第6回つくば宇宙利用研究会の総括
(2)宇宙活動法について(岩田)
(3)介護と宇宙(岩田、一部ブレスト)
(4)最近の宇宙産業に見られる変化(永井)
(5)太陽光発電の普及に向けて(大堂)

研究会の後、南国酒場KuKuLuで懇親会を行いました。

img_20140630-062547.jpgimg_20140630-062604.jpgimg_20140630-062622.jpg

2014年6月29日 10時40分28秒 (Sun)

APRSAF-20全体会議紹介「Remarks by International Organizations(4)」

2013年12月6日に行われたものです。

(4)「International Astronautical Federation Connecting Space People」(IAF)
「国際宇宙連盟 宇宙に関連する人たちの絆」(国際宇宙連盟(IAF))
IAFは1951年に10の科学組織、9か国で結成されました。現在は273の組織、64か国で構成されています。ミッションとしては、協力の促進、国際的な開発の促進、知識の共有、意識の向上など、協力者としては、COSPAR(国際宇宙空間研究委員会)、ユネスコ、GEOなど、専門家としての技術委員会があることが報告されました。会員の利点や、国際宇宙会議(IAC)その他の会議の紹介がされました。

2014年6月26日 18時09分16秒 (Thu)

APRSAF-20全体会議紹介「Remarks by International Organizations(3)」

2013年12月6日に行われたものです。

(3)「Role of COPUOS: Space Applications for Sustainable Development ~ Values from Space: 20 years of Asia-Pacific Experiences ~」(COPUOS)
国連宇宙空間平和利用委員会の役割:持続可能な開発のための宇宙の応用 宇宙からの価値:アジア太平洋地域での20年の経験」(国連宇宙空間平和利用委員会)
COPUOSは1959年に24カ国で設立され、現在74カ国がメンバーです。科学技術と法の小委員会があります。意思決定は全会一致により行います。これまでの活動経過、主な委員会、現在の活動が報告され、長期的に持続可能な宇宙活動のための作業グループの活動が紹介されました。国際的な宇宙条約(民間活動は縛られない)についても報告されました。提案されているイニシアチブについても紹介されました。

2014年6月26日 7時15分07秒 (Thu)

APRSAF-20全体会議紹介「Remarks by International Organizations(2)」

2013年12月6日に行われたものです。

(2)「Building Resilience to Natural Disasters and Major Economic Crises」(ESCAP)
「自然災害と大きな経済危機からの回復力の構築」(国連アジア太平洋経済社会委員会)
ESCAP(国連アジア太平洋経済社会委員会)の紹介、自然災害と大きな経済危機からの回復力の構築の説明(この地域は世界の他の地域に比べて災害が多い)、災害危機の低下と持続可能な開発のために宇宙技術と地理情報システムを使うこと、について報告されました。


プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
宇宙技術汎用化トレーナー 岩田 敏彰
性別
男性
血液型
A型

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数