IP分散型レンタルサーバーとは?

スタッフの戯言(ブログ)

2017年10月2日 19時30分31秒 (Mon)

DM「新3弾 気分 JOE×2 メラ冒険↑↑レビュー」

新3弾 気分 JOE×2 メラ冒険↑↑レビュー
 
こんにちは、カードゲームショップオレタン所属プロプレイヤーの004です。
新DMシリーズ第3弾、「気分 JOE×2 メラ冒険↑↑」が発売されました!
今回は攻めたデザインの良いカードが多い印象を受けました。
《インフェルノ・サイン》を彷彿とさせる《戒王の封》、《ヒラメキ・プログラム》を彷彿とさせる《蝕王の晩餐》などリメイクであろうカードが非常に強力に思います。
面白いカードが多いですが中でも気になるカードをレビューしていきたいと思います。

 
 
img_20171002-193317.jpg
・《メラビート・ザ・ジョニー》
ついに登場した、有色ジョーカーズ。
今までのジョーカーズのように無色サポートを受けて戦うのではなく、突然すごいのがいっぱい出てきてなぎ倒してくるパワー系デッキになりました。
バトルゾーンに2体ジョーカーズが居れば、自身の効果でさらに2体出して全体除去効果を使えます。
この全破壊がつえーのなんの。その上手札には後続が補充されるため、バトルゾーンを処理されても攻めきれる魅力があります。
まだ次の弾でも追加のカードがあると思うので、今後の発展性にも期待できます。
『メラビートジョーカーズ』
4 x メラビート・ザ・ジョニー
4 x 絶対音 カーン
3 x 仏斬! 富士山ッスル
3 x バーバーパパ
2 x カメライフ
2 x 単騎連射 マグナム
4 x ジバボン3兄弟
4 x バイナラドア
2 x 洗脳センノー
4 x パーリ騎士
4 x ヤッタレマン
4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ
 
 
 
img_20171002-193325.jpg
・《赤攻銀 マルハヴァン》
今弾のイチオシカード、詳細は白緑メタリカの記事に書いたのでそちらもご一読いただけると幸いです。
見た目より数段強いので、今のうちに買っておいた方が良いぞ!
 
 
 
img_20171002-193332.jpg
・《水上第九院 シャコガイル》
非常に完成度の高いフィニッシャーです。
早速各種のループデッキに採用され、安全な勝ち手段として活躍していますね。
注目しているのは新DM限定構築戦での役割です。
《グレート・グラスパー》から出せて、一回は《スクランブル・タイフーン》同等のドローを行えるフィニッシャーとして非常に優秀です。
パワーが高いので《阿修羅ムカデ》に除去されにくいのも好印象。
こいつを軸に据えたデッキは必ず活躍すると思います。
 
 
 
img_20171002-193339.jpg
・《グスタフ・アルブサール》
新能力、キズナプラスは扱いがなかなか難しいです。
過去に流行したメテオバーンとしては一回使えば勝ちに繋がる《邪神M・ロマノフ》、ドローで次の弾を用意出来る《超電磁コスモ・セブΛ》、ハンデスで対抗策を叩き落す《大邪眼B・ロマノフ》などが思い浮かびます。
キズナプラス持ちの中で最も盤面に与える影響が大きく、勝ちに直結する能力を持っているのは《グスタフ・アルブサール》だと思いました。
墓地からクリーチャーを蘇生できますが、一番のポイントは2体目の《グスタフ・アルブサール》を出せること。NEOクリーチャーは出すまでは進化クリーチャーではないので、蘇生対象にした後に進化クリーチャーとして出すことが可能です。
そして、2体並んでからが真骨頂。キズナプラスが連鎖してアタックするときに2体蘇生できるので、なんや悪いことができる予感がしますね!
『ブライゼシュート・アルブサールループ』
4 x グスタフ・アルブサール
2 x 復活の祈祷師ザビ・ミラ
4 x革命魔龍 キル・ザ・ライブ
4 x 黒神龍ブライゼナーガ
4 x 戒王の封
4 x 冥王の牙
1 x インフェルノ・サイン
3 x パイレーツ・チャージャー
2 x 戦略のD・Hアツト
1 x 【問2】 ノロン
4 x サイバー・チューン
4 x エマージェンシー・タイフーン
2 x 超魔導書グリモア第T章
1 x 目的不明の作戦
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
4 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト
 
コンセプトは《黒神龍ブライゼナーガ》1枚から無限《ヴォルグ・サンダー》。
序盤は墓地を整え、《黒神龍ブライゼナーガ》をシュート!
《戒王の封》《冥王の牙》で《革命魔龍 キル・ザ・ライブ》を蘇生し、《サイバー・チューン》などでさらに手札の闇クリーチャーを出せるぞ!
これでバトルゾーンに《グスタフ・アルブサール》2体、墓地に《復活の祈祷師ザビ・ミラ》が揃ったらループ成立。
《グスタフ・アルブサールA》アタック時キズナプラス2回誘発、《復活の祈祷師ザビ・ミラ》を蘇生して《グスタフ・アルブサールA》を破壊、《ヴォルグ・サンダー》を出す。
残りのキズナプラスで《グスタフ・アルブサールA》を《復活の祈祷師ザビ・ミラ》の上に進化させます。
こうすると、再び《グスタフ・アルブサールA》アタック時キズナプラス2回誘発、墓地に置いた《復活の祈祷師ザビ・ミラ》を蘇生して同じ動きができます。つまり無限《ヴォルグ・サンダー》だ!
img_20171002-193422.jpgimg_20171002-193430.jpgimg_20171002-193437.jpgimg_20171002-193443.jpgimg_20171002-193449.jpg
 
 
 
img_20171002-193458.jpg
・《一なる部隊 イワシン》
どこからでも墓地に置かれたら効果が発動するシリーズ、これが強いのは《疾封怒闘 キューブリック》でみなさんご存じだと思います。
同サイクルの《爆撃男》も盤面制圧力がかなり高く、小型が並ぶ環境になると間違いなく強いです。
《一なる部隊 イワシン》墓地に行くとルーターができるということで、墓地を利用するデッキで特に真価を発揮します。
《戦略のD・Hアツト》で3枚手札を入れ替えたり、《白骨の守護者 ホネンビー》でデッキから落ちてもルーターできたり。勝手に発動してくれるのでとても使い勝手が良いです。
唯一発動しないのは進化元になっていて進化先ごと破壊された時。特殊な場合を除いて進化元になっているカードは効果を発揮できません。
個人的なお気に入りムーブは《一なる部隊 イワシン》でビートダウンしていき、相手が破壊してきたら手札から《斬隠蒼頭龍バイケン》を出す動きです。
それを組み込んだビートダウンデッキがこちら。
『青単墓地ソース』
4 x 革命龍程式 シリンダ
4 x プラチナ・ワルスラS
4 x アクア・エボリューター
4 x 一撃奪取 マイパッド
3 x 一なる部隊 イワシン
4 x 終末の時計 ザ・クロック
3 x 斬隠蒼頭龍バイケン
4 x 異端流し オニカマス
3 x 革命の水瓶
3 x 音精 ラフルル
2 x 時の法皇 ミラダンテXU
1 x 百万超邪 クロスファイア
1 x ワンダーチューン・MOTORS
 
 
 
他にも圧倒的な展開を可能とする《天風のゲイル・ヴェスパー》、降臨効果と相性が良いシンクロサイクル、《運命の選択》から出てくる《ルツパーフェ・パンツァー》など、面白いカードは盛りだくさん!
君だけの最強コンボを見付けて楽しもう!
 
 
以上、004でした。
 

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
ご来店数 カウンター