地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

LIVE HISTORY

「東京ギター流しの調べ」
・6/25(日) 19:00 開演
・会場 BAR GARDEN
      東京都新宿区歌舞伎町1丁目1番7号 マルハビル3F

・地図 http://the-goldengai.com/ shops/cont/4
      BAR GARDEN|ザ・ゴールデン街


平成の現役プロ流し3名が、新宿ゴールデン街ガーデンに集結。 膨大なレパートリーから、 極めつけのセットリストを披露しあうという、 歌謡フリークには超贅沢なこの企画。 流し達のこぼれ話もまた一興。このスペシャルな夜に乞うご期待。 平成流し組合主催。  

img_20170617-142409.jpg

================================================

5月28日(日)
吉祥寺マンダラ

南松 宏(pf 手狐鶴クロ)×高畑善行 ツーマンライブ  
               [酔い歌Vol 2]

 まずまずの素晴らしいものを求めて何かにのめり込む人間はいない。
9のハズレがあっても1の至高体験を求めて人間は何かに向かって行
く。そしてそれが人の心を、やがては世界を動かして行くのだと信じ
ている。それが芸術というものじゃないだろうか。
 満を持して、南松宏が9年ぶりに企画した「酔い歌」第二弾、歌う
たい二人が観る者を至高世界へと誘う時間旅行。

img_20170210-132527.jpg
【セットリスト】
 1、流れ星
2、俺ごときに言わせんでくれないか
3、青い春のまま
4、根無しの花
5、こんな雨の日は(高畑善行カバー)

6、雨宿り
7、忘却の深淵
8、Release
9、恍惚の人
10、嵐の過ぎ去った朝
11、バトン
〜アンコール〜
12、恋をせよ
13、さよなら



==================================================
12月9日(金)  
吉祥寺マンダラ

  久々、古巣曼荼羅での今年最後のライブです。     
   【 
nice middle  
    共演  守沢 鷹 / コムロトモユキ  /  兵頭芳和  

 

  
セットリスト

1、流れ星
2、情熱の旅路
3、マッチ売りの少女
4、詩人の欲求
5、Release
6、恍惚の人
7、バトン
アンコール
8、空耳


==========================================================================

img_20160107-183000.jpg

北朝鮮がミサイルを発射したニュースで日本中が大騒ぎしている。寝起きの私はテレビ画面から放たれるリアルタイム映像を横目に、洗面所へ行き顔を洗う、歯磨きをする、で、八重山地方上空をミサイルが通過ってね、ほんまかいなそうかいな、墜ちたら墜ちたでこの目でしっかり見届けちゃろかいねと思い、 タオルを首にかけたまま玄関を出て空を見上げた。 
ひゃっほー、ナイス、石垣島に来て初めてのお天道様じゃあーりませんかぁー、と胸を踊らせ、ミサイルのことなどすぐに忘れ、さっきまで私の中の私の、更にもっと真ん中辺りに見え隠れしている私の中の私に走った北からの緊張は、日本の南に位置する八重山石垣島で行われる今宵のワンマンライブへの緊張にすり変わったのでありました。


【石垣島Acoustic notes】
一部
1、ボタン
2、雨宿り
3、ジグソーパズル
4、根無しの花
5、サイン
6、Nothing comes from nothing
7、詩人の欲求


二部
1、にんじん
2、俺ごときに言わせんでくれないか
3、ロスタイム
4、恍惚の人
5、救世主
6、月の破片

アンコール
1、オール
2、さよなら



今回のワンマンライブを企画・実施していただいた店主の久保さん、久保さんの右腕となり力添えをしていただいた宮里希美ちゃん、 チケット&フライヤー担当のデータプロ社長知念哲也さん、相談役&カウンターヘルプの大蔵製作所社長前大舛ヨシヒコさん、本当にお世話になり、ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

そして足を運んでいただいた、たかしの店の店主石垣 隆さん、すけあくろ店主の今村光男さん、パステル社長の金成セイコさん、サックス吹きのありちゃん、三線歌手の川門 サトシ(カワモンサトシ)さん、毎日新聞記者の島尻オサムさん、むら工芸店主の古村さん、市役所職員の嘉手川サトシさん、安里さん、豊川さん、節ちゃん、かさぴ、ちほりん、上原恵美子さん、前盛美幸さん、キミちゃん、糸数さん、他、ご来場誠にありがとうございました。

何より最高の手土産、それは出会いである。
距離が離れても、時間が経ても、交えた空気の共有は決して色褪せない。その煌めきを、その温もりを、散りばめぬよう大切に抱きしめ、今日もわたしは生きてます。

========================
2015年11月1日(日)

アコースティックボイス2015 vol.28
新大久保 R'sアートコート
(東京労音大久保会館)
  
img_20150727-140520.jpg
アコースティックボイス2015 vol.28
〜平和の詩の戦士達〜
2015/11/1(日)

新大久保 R'sアートコート
(東京労音大久保会館)

出演者
※順不同
井上ともやす
さとうもとき
MINAMI
石井明夫
いわさききょうこ

カワミツサヤカ
trio conta o vento
パリ中山
玉城まさゆき
森田智子
松本裕
南松宏
築秋雄

【セットリスト】
1、Nothing cames from nothing (Pf 手狐鶴クロ)
2、雨宿り (Pf 手狐鶴クロ)
3、恍惚の人 (Pf 手狐鶴クロ)
4、空耳 (Pf 手狐鶴クロ)


==========================
2015年10月17日(土) 吉祥寺曼荼羅南松 宏×HEEL(西岡義之) ツーマンライウ゛
《私小説〜祭りのあとにさすらいの日々を〜》
   img_20150727-135601.jpg
セットリスト
1、TAXI DRIVER
2、俺ごときに言わせんでくれないか
3、サイン
4、Nothing cames from nothing
(Pf 手狐鶴クロ)
5、雨宿り (Pf 手狐鶴クロ)
6、恍惚の人 (Pf 手狐鶴クロ)
7、家族 (Pf 手狐鶴クロ)
8、ジグソーパズル(Pf 手狐鶴クロ)
9、蜃気楼 (Pf 手狐鶴クロ)
10、Good-bye good-friend good-night (Pf 手狐鶴クロ)

アンコール
南松宏&HEEL
1、ふうせん
2、ピカピカの残像 
(Pf 手狐鶴クロ)


========================================

2015年1月11日(日) 恵比須天窓switch
『うたいたいうたうたえvol.3』
 

   出演 
OA.男の汗 13:00〜13:05
@ぎゅう 13:10〜13:30
A荒井光 13:35〜13:55
B村上通 14:00〜14:20
C中村聖美 14:25〜14:45
D森永JUDYアキラ 14:50〜15:10

休憩20分

E久保田勝美 15:30〜15:50
Fシケモク風太 15:55〜16:15
G蛍太 16:20〜16:40
Hパリなかやま 16:45〜17:05
I暮部拓哉 17:10〜17:30

休憩20分

JMINAMI 17:50〜18:10 
K南松宏 18:15〜18:35
L中村啓士 18:40〜19:00
M815-ハチイチゴ- 19:05〜19:25
Nさとうもとき 19:30〜19:50
 
セットリスト
1、オール
2、根無しの花
3、俺ごときに言わせんでくれないか
4、さよなら
===========================================
2014年12月13日(土)  下北沢ロフト 
  南松宏 ワンマンライブ
     〜Nothing comes from  nothing〜 
一部
1 ボタン
2 誰も描けなかった僕だけの空紙
3 ジグソーパズル
4 Loss Time
5 Song for
6 路傍の石
7 夢使いの手品師
8 詩人の欲求


二部
1 にんじん
2 俺ごときに言わせんでくれないか
3 オール
4 根無しの花
5 恍惚の人
6 ソファー
7 月
8 さよなら
9 Nothing comes from nothing

 
アンコール
1 私の青空 (カバー)  
2 Good-bye Good-friend Good-night
 

======================================

2014年11月1日(土)

アコースティックボイス2014 vol.27
〜裸の歌の戦士たち〜

新大久保 R'sアートコート
(東京労音大久保会館)

 

12:30〜12:55 あがさゆかりのととぅ
13:00〜13:25 パリなかやま
13:30〜13:55 サトウヒロコ
14:00〜14:25 松本裕
14:30〜14:55 森田智子
15:00〜15:25 玉城まさゆき
15:30〜15:55 MINAMI+中内計
16:00〜16:25 南松宏
16:30〜16:55 さとうもとき
17:00〜17:25 いわさききょうこ
17:30〜17:55 石井明夫
18:00〜18:25 井上ともやす 

 

セットリスト

1、ボタン

2、誰も描けなかった僕だけの空紙

3、Loss Time

4、恍惚の人

 
=================================================
単独ツアー『ギターを持った逸れ鳥』 関西編3
2014年10月19日(日)
名古屋 Live Bar U-ree
【出演】ませしん/ coba/ 角谷良 平/ Yuki/ KoNaMi/ 南松 宏(東京)

ツアー三日目、俺にとって最終日。この日の出演者たちの年齢は、高校生から二十代前半の若駒とのブッキングだった。言うまでもなく平均年齢をグイッと引き上げたのは俺だ、ガハハッ!
ま、名古屋で成功した者は世界に通用せしめる、という勝手な思い込みと最終日ということもあって、かなり力が入った夜であった。あまりにも前のめりになったせいか、歌詞をとっちらかしてしまった感は否めないが、気持ちよく歌わせてもらった。
妙に乗りのいい一元さんとおぼしきカップルのお客さんが最前列におりましてね、話口調からしてまさか大阪の人かな、と会話を交えますと、案の定。大阪の温もり(笑)をふんだんに吸い込んできた自分にとって、何故かホッとしたのが本音。

そして、これからの迷妄たる日本の未来を背負って立つ競演した若者たちの歌は、図り知れない可能性を感じた。だが、言わせてもらえば、店自体にもう少し「芽」を成長させるエキスのようなものが交雑していたらな、というのが俺の感想。しかしながら、若者たちが音楽という共通項を持ってして間違いなく切磋琢磨し合っているのであろう。

この夜は、俺が弱冠二十歳の時に働いていたライヴハウス『ガソリンアレイ』のスタッフの一人だった「マサさん」が観に来てくれ、再会を果たすことができた。26年の時を経て、その後の紆余曲折の互いの人生を語り合うには、夜明けはあまりにも近すぎた。だが、とても実のある時間を過ごすことができたのは言うまでもない。

歌を唄い続けてこなかったら、俺は間違いなく空っぽな人生を流されていただろう。これほどの素敵な人達と邂逅を果たすこともできずに。

また旅にでよう、邂逅を求め。
決意新たに、多謝。

セットリスト
1.ボタン 
2.誰も描けなかった僕だけの空紙
3.Loss Time 
4.恍惚の人 
5.俺ごときに言わせんでくれないか


アンコール
6.月の破片
================================================
単独ツアー『ギターを持った 逸れ鳥』 関西編2
2014年10月18日(土)
(出演) 南松宏(東京)/ Space Visitors Forweed/ミッキー大畠/ the CHIKENHART
何故この店をツアー二日目に選んだのかというと、単に他の店のスケジュールに空きがなかったということからだった。いっやー、まいったな、っちゅうことでインターネットで検索を繰り返していたら『太陽と月』という店にぶち当たった。単にネーミングにインスピレーションを感じただけだったのだが、なんせ早急に二日目のスケジュールを決めたい。半ば自棄のヤンパチ日焼けの茄子的に早速問い合わせてみると、即決出演OKの返事をいただいた。
昔とは違い今はインターネットというツールを使用して、本当に簡単に歌える店を検索できる時代になったのだね、オホホ。

さて、当日、入り時間に店のドアを開けると、中折れ帽にソムリエエプロンという妙にアンバランス(キタニさんすまん)な出で立ちのキタニ店長がカウンター越しに出迎えてくれた。店内BGMにニール・ヤング「ハーヴェスト」。嗚呼、この店は自分の肌に合うな、と直感した。

現在も音楽学校にて講師を勤めるキタニさんの、今の若者の音楽感に物申す的な熱弁にはとても共感を覚え、おまけに大阪人特有の語り口調にキタニさんの気さくな人柄が現れていて非常に好印象だった。因みに生粋の大阪のキタニさん、実はジャイアンファンだった(笑)。この夜はクライマックスシリーズで、阪神タイガースが日本シリーズへ王手を決めるか否かの日だった為、何気にジャイアンのタオルが敢えてトイレに下がっていたのを俺は見逃さなかったのだが、ここにもキタニ店長のユーモラス性が存分に醸し出されていた。

さて、今夜の出演者トップバッターはthe CHIKENHART。スリーピースの無茶苦茶格好いいバンド。ギターは熱烈なChar信者なのだろう、メローなバッキング構成は痺れた。ただボーカルの歌が今一つ聞こえなかったのが残念だ。

二番手にSpace Visitors Forweed。まさか自分がプログレバンドとブッキングをされているとは知らんかった。どっぷりその世界観に引きずり込まれてしまった。ギターリスト(名前を聞くのを忘れた)に自分もプログレが好きでね、と話しかけると、それまで斜に構えていた表情を一転させ、大阪はプログレ人口少ないんすよと、とても人懐っこさを全面に押し出してきた。なんや、こいつもシャイなんね、などと内心思ったりして、嗚呼連絡先聞いとけば良かったと後で後悔した。しかし、かなりクオリティの高い音楽だったことは確かだ。

トリはミッキー大畠さん。
ライヴ後、勝手に「難波のウェスタンエロシンガー」と命名させてもらいました。これでもかっ、ちゅうくらい歌の内容は緻密なエロ比喩で構成されている。ミッキーさん曰く、高円寺の某老舗「稲◯座」で、アンタの歌はゴミだと吐き捨てられたことをかなり根に持っているようでして、そのときの事を歌った曲がとても良かった(この歌に関してはエロなし)。とにかく、この人も何かどえらい人なのかもしれん、といまだに感じてならない。

して、自分のセットリストはと言いますと。
1.ボタン 
2.誰も描けなかった僕だけの空紙
3.Loss Time 
4.ジグソーパズル
5.恍惚の人 
6.俺ごときに言わせんでくれないか

ライヴ終了後、阪神タイガースクライマックスシリーズ優勝っちゅうことで道頓堀へと馳せ参じてみると、ありゃりゃ、皆飛びこんどること、飛びこんどること、なかなか観ることの出来ない瞬間に立ち会えることが出来た。俺、なんか持っちょる人間なのかもしれんね、などと自画自賛。
================================================
単独ツアー『ギターを持った 逸れ鳥』 関西編1
2014年10月17日(金)

西宮 Galway
出演 ●南松 宏(from東京) ●ビソー ● 咲rush! ●けん蔵

店長の岩滝昇ことSHOちゃんの選りすぐりのブッキングナイトであった。
一ヶ月ほど前にSHOちゃんから、「今回は関西では名の通った実力派を揃えました」なんていうメールをもらった俺は、「それは楽しみですね、よろしくお願いします!! オホホ!」と、あくまで強気を装った返事を送った。だが内心は「おいおい、ちょっと待ってくれよ。俺は関東でまったくといっていいほど名の通っていないしがないシンガーソングライターっすよ。もうちっと力抜いていこうよ」、これが本音であった。
むちゃくちゃ弱気(笑)

とは言え、昨今ではそう容易くやっつけられるほど俺も柔ではないと、どこかで自信もあったりなんかしたのだが、そや、他の出演者のYouTube見てみよ、検索、検索、野球で言ったら視察やね、覗きにいこ。
・・・・うぁっちゃー、こりゃいかんぞ、迂闊に旅気分で歌いに行ったら完璧に関東舐められるかもしれんぞと感じたのね。そこで俺は本来あった楽曲メニューを変更して、相手の本丸御殿に乗り込むべく楽曲メニューに変更、武装したのである。


1.ボタン 
2.誰も描けなかった僕だけの空紙
3.Loss Time 
4.恍惚の人 
5.俺ごときに言わせんでくれないか


難波で知らない人はモグリと言われるビソーさん。一瞬日本語とは思えない大阪弁をラテンリズムと芸人顔負けのべしゃりをジューサーにかけて、シェイク、シェイク、シェイク。いっやー、盛り上がった。南松君の「恍惚の人」は、いつかどっかで使われるんちゃうの、と言葉を頂いた。ありがとうございました。


咲rushさんは今夜唯一のお色気? デュオ。こよなく京都を愛する二人の、甘く切ない歌声は関東からきた俺にとって、多大なる一服の清涼剤となった。

そして、これまた京都からやって来た熱狂的阪神タイガースファンのけん蔵さん。クライマックスファイナルステージがリアルタイムでテレビから流れてくる最中、本日のトリを飾ったお方。ハッキリ言ってこの方は例えようがない。しいて言わせてもらえれば、道化よりはるかに超越した道化人。ここまで裸(実際に裸になったわけではない)になられては見る側は圧倒されるしかない。いや、ならざるを得ない。一瞬で彼の世界に呑み込まれてしまった。



ある意味、魑魅魍魎とも言える西宮の夜を演出してくれたSHOちゃんに心から感謝した夜だった。

 

 

===================================

2014年7月3日(木)

吉祥寺ROCK JOINT GB

[SOUL SONGS]    
出演 南松 宏 / どろどろ族 /  溝口こうじ /  江村健

1、ダンスがうまく踊れない

2、蜃気楼

3、詩人の欲求

4、根無しの花

5、路傍の石

6、月

7、さよなら

  アンコール

8、バトン

 

===============================

2014年6月19日(木) 下北沢ラグーナ

[change gonna come]

出演

 いわわき ちか / アーモンドちゃん (絶望コレクション) /

       KOHSA / 雨音 さくら / 南松 宏

1、ボタン

2、蜃気楼

3、ジグソーパズル

4、根無しの花

5、恍惚の人

6、バトン

 

============================

2014年4月25日(金)下北沢ロフト

 

出演  南松 宏YUMIKO / 

          望月康平(from静岡) / 川上タカユキ

1、ボタン

2、蜃気楼

3、詩人の欲求

4、十六夜の月

5、路傍の石

6、雨宿り

7、月の破片

 

================================

------------------------------------------------------

ACOUSTIC VOICE 2013
アコースティック・ボイス vol.26
〜 風の中で歌え! 〜
2013年10月13日(日)

新大久保 R'sアートコート(東京労音大久保会館)
Open12:00~ Start12:30~

【出演者】

井上ともやす
南松宏 With 手狐鶴クロ
塩川昇
鶴瑞輝+森下寿一
森田智子
いわさききょうこ
ちくわぶ
さとうもとき
石井明夫
MINAMI+中内 計
松本裕
根本ノブヒロ
ナミゴコチ

南松 宏セットリスト

1、雨宿り

2、わたしのこと(朗読)

3、子守唄

--------------------------------------------------------------------

201393() 吉祥寺Rock Joint GB 

[SOUL SONGS 〜秋の夜長の3日間〜]
 南松宏/ NaNa / 井澤巧麻 /  他

Open1830/Start1900 前¥2300+1drink /当¥2600+1drink

1、          誰も描けなかった僕だけの空紙

2、          ジグソーパズル

3、          雨宿り

4、          夢使いの手品師

5、          カナリア

6、          さよなら

7、          オール

423()相模大野アコースティックパフォーマンス

【井上ともやす 呼びつけライヴ】

 非常に古くからの付き合いのあるシンガーソングライター井上ともやすさんに、光栄にも『呼びつけ』られました。20年以上続けている「上野野外音楽堂アコースティックボイス」の主宰者であり、その人脈は数限りない。

 情熱のマグマから噴出される歌は観る者を圧巻。個人的には喰われぬようステージ空間をどう創り上げるかが楽しみの一つである。乞うご期待!

1、          ダンスがうまく踊れない

2、  井戸

3、月の破片

4、にんじん

5、恍惚の人

6、水の詩(作詞作曲 井上ともやす)

7、空耳

 

48()吉祥寺Rock Joint GB

出演 南松宏 ちくわぶ 山中潤一 

1、大丈夫さ

2、オール

3、マッチ売りの少女

4、月

5、恍惚の人

6、根無しの花

7、Good-bye Good-friend Good-night

アンコール

バトン

====================

310() ロクセットカフェ

ニューミュージックナイト

出演 深夜ヒロ 南松宏 尾崎省吾 ミント DOT!

====================

223() 高円寺稲生座 

二面楚歌企画

出演 南松宏/オラン/二面楚歌

1、Calling

2、LossTime

3、ソファー

4、奴らの足音のバラード(With まじ)

5、場末哀歌(With まじ)

6、Good-bye Good-friend Good-night(With まじ オラン)

==========================

2013129() 吉祥寺ROCK JOINT GB

[SOUL SONGS]
出演 南松宏 / 水鏡/ シャケ/ ちくわぶ

1、井戸

2、救世主

3、ルーツ

4、月の破片

5、ソファー

6、さよなら

7、空耳

〜アンコール〜

8Good-bye Good-friend Good-night

 

1124() 富士吉田ジュゲム

『百鬼夜行ライヴ』
出演 南松宏with手狐鶴クロ

深夜喫茶with麻香しえり&山内京子

MINAMI+中内計
前回の『酔い歌』から二度目の企画ライヴ

『百鬼夜行ライヴ』を開催させていただきます。

更に出演者を充実させ、富士吉田の夜空に

百鬼夜行の歌が舞う。

南松宏with手狐鶴クロ  ソングリスト》

1、さよならゲーム

2、流れ星

3、銀の汽笛(朗読〜友部正人〜)

4、石

5、家族

6、ジグソーパズル

7、恍惚の人

8、バトン

==========================

1021() 『アコースティックボイス2012 vol.25
新大久保R's アートコート(労音大久保会館)

1200 オープン / 1230スタート

【出演アーティスト】

井上ともやす 

きんばらしげゆき
塩川
深野一穂
HALUKAユニット
石井明夫
南松
MOTEL
玉城まさゆき
さとうもとき
MINAMI 中内
松本
Ho-you!
今年で25回目を迎える井上ともやす氏主宰

アコースティックボイス。
上野水上野外音楽堂で行われてきた歴史ある

企画、今年は新大久保にあるR's アートコート

(労音大久保会館)に舞台を移し開催されます。

《南松宏メニュー》

1、ジグソーパズル

2、マッチ売りの少女

3、恍惚の人

4、オール

=========================

102() 吉祥寺ROCK JOINT GB
[SOUL SONGS]

出演 南松宏 / 暮部拓哉 / 水鏡  / 山中潤一
1、ボタン

2、ソファー

3、マッチ売りの少女

4、ジグソーパズル

5、にんじん

6、恍惚の人

7、オール

《アンコール》

8、バトン

========================

98() 相模原アコースティックパフォーマンス
出演:南松宏  山田幸史 二面楚歌

1、ボタン

2、ソファー

3、十六夜の月

4、にんじん

5、恍惚の人

6、根無しの花

7、オール

==========================

2012年6月30日() 高円寺稲生座

出演 二面楚歌(SHOU2withまじ) 南松

1、ダンスがうまく踊れない

2、流れ星

3、オール

4、マッチ売りの少女

5、ジグソーパズル

6、インディアンの月  (作詞作曲 SHOU2

7、恍惚の人 (With まじ)

8、バトン (With まじ)

===============================

【2012年6月5日() 吉祥寺ROCK JOINT GB

[BLUES TUESDAY]
出演 新宿心音会板谷祐 / 高柳周治 / キナコwith宮川剛 / 南松宏
1、流れ星

2、オール

3、マッチ売りの少女

4、ジグソーパズル

5、月の破片

6、恍惚の人

7、ファイナライズ

====================================================

【2012年 5月 5日()  富士吉田ジュゲム

『酔い歌Vol,2』 出演 南松 宏 深夜喫茶 麻香しえり

1、流れ星

2、抱きしめてよ (作詞作曲 麻香しえり)

3、瓦町から片原町まで (作詞作曲 深夜喫茶)

4、インディアンの月 (作詞作曲 SHOU2

5、ジグソーパズル

6、月の破片

7、バトン

〜アンコール〜

8、誰も描けなかった僕だけの空紙

9、場末哀歌 (作詞作曲 佐藤マサ)

10、根無しの花

================================

2012319日(月)下北沢ロフト

1、にんじん

2、オール

3、マッチ売りの少女

4、ジグソーパズル

5、十六夜の月

6、恍惚の人

7、カナリア

8、バトン

〜アンコール〜

9、ボタン

======================================================
       【20111130日 高円寺 楽や

1、井戸
2、オール
3、マッチ売りの少女

4、救世主
5、平成ノイローゼ
6、隠れ家で
7、ファイナライズ


==================================================

20111021()  四谷コタン

       塩川昇企画 『四谷 Waiting Bar のぼ』   

         出演:塩川昇 南松宏

     1、ダンスがうまく踊れない

     2、井戸
     3、オール 
     4、にんじん
     5、月の破片
     6、駄々
     7、詩人の欲求
     8、マッチ売りの少女
     9、平成ノイローゼ
10、根無しの花
11、カナリア

12、ファイナライズ〜哀しきテロル〜


========================================================

 【201017() 吉祥寺スターパインズカフェ

[ アニキナイト ]
出演 ピクチャーズ / 狩野良昭 / 南松宏 / 黒岩十樹雄

1、時の悪戯
2、バーボンロック

3、月の破片
4、救世主

5、気をつけて、裾は踏まないように・・・
6、ボタン

アンコール
7、根無しの花

========================================================

    【20091214() 下北沢ロフト


   出演  k-shore / BLUE HOUR / 南松宏

     1、自転車に乗って

     2、大丈夫さ

     3、LOSS TIME

     4、月

     5、根無しの花

     6、誰も描けなかった僕だけの空紙

     7、ボタン

=========================================================

      ◆◆◆◆南松宏《三位一体絶唱ライブ 第二弾》◆◆◆◆
             鍵盤 手狐鶴クロ

        【2009117() 高円寺アローン
 【この世に産み落とされた一遍の詩とつたない物語が、謳い人の唇から花びらとなり、

  鍵盤屋の指先から風となる。
  あとは今宵に居合わせた傍観者方々の想像力で、色を為す。】


   1、蜘蛛の巣(朗読)

     ☆タクシードライバー()

   2、詩は(朗読)

   3、書き継ぐ(朗読)

     ☆詩人の欲求()

   4、不規則なリズム(朗読)

     ☆駄々()

   5、銀の汽笛(朗読)「友部正人」

   6、河(朗読)

     ☆隠れ家で()

   7、わたしのこと(朗読)

     子守唄()

=========================================================

【2009年9月4日() 下北沢ロフト

出演 南松宏, 具島清正(from福岡), 渡邊マイケル洋史

1、STORIES

2、神経衰弱

3、駄々

4、小夜曲

5、サヨナラゲーム

6、詩人の欲求

7、根無しの花

    【アンコール】

8、カナリア

====================================

 

    【2009年6月3日() 渋谷アピア】

http://apia-net.com/

    渋谷アピア・移転直前17昼夜連続ライブ
    〜40年間吹き続けた風たちが、新たな風穴に向けて挑発する!!


    開場18:30 / 開演19:00 前売\1800+drink 当日\2000+drink

    出演:井上博之、 南松宏、 塩川 昇、 

大慈弥 崇、 田村やすひさ、 篠塚和弥

    1、サヨナラゲーム

    2、カナリア

    3、根無しの花

    4、いつの日にか


=====================================

   【2009年5月24日() 下北沢ロフト

    1、時の悪戯

    2、駄々

    3、根無しの花

    4、石

    5、十六夜の月

    6、隠れ家で

    7、サヨナラゲーム

    【アンコール】

    8、ラストオーダー


=====================================

   【2009年3月26日() 下北沢ロフト


     『弾き語り・ギター1本勝負!』vol,47 

      他出演者) 涼  CHiE(ちえ)  かえる  片貝篤史

    1、TAXI DRIVER

    2、BOURBON ROCK

    3、月の破片

    4、救世主

    5、ルール


===================================== 

  【2009年3月7日()高円寺アローン
    

1、種の歌(by小山卓治)

2、ジグソーパズル

3、十六夜の月

4、大丈夫さ

5、小夜曲

6、平成ノイローゼ

7、空耳

【アンコール】

8、ルール

 

=====================================

◆◆◆◆2008年5月31日()SHOU2企画』◆◆◆◆
日時:2008531() 場所:風に吹かれて
 出演:SHOU2/小藤博之/南松宏
      石渡丈明(pf) まじ(gr)

    1、ピカピカの残像(by西岡義之)
    2、大丈夫さ
    3、平成ノイローゼ
    4、十六夜の月
    5、夢使いの手品師
    6、根無しの花
    7、カナリア
    8、Happy Birthday


=====================================

◆◆◆◆2008119()南松宏presents『酔い歌』◆◆◆◆
場所:吉祥寺マンダラ
開場17:30/開演18:00
\2000+1DRINK ORDER

出演者:南松宏・飯浜裕樹子(from大阪)
         SHOU2・塩川昇・フレイヤ(opening act)
〜独自の世界と空気感を持った極上の歌唄いブッキングを堪能あれ!〜

opening act  フレイヤ&手狐鶴クロ】
1、MARIE
2、幻想祭
                  

【塩川昇】
1、悲しみブルー
2、MIDNIGHT JUNKY
3、BIRD
4、スケアクロウ
5、トビラヲアケロ
6、反対側のホームに立って
                  

【SHOU2】
1、風曳
2、インディアンの月
3、胡桃割り女
4、遠雷
5、空に砕けた鳥達(珈琲をもう一杯)
6、天窓
7、ルナ

【飯浜裕樹子】
1、サーカス
2、寒い夜に
3、何故だとか風だとか
4、ただ僕は
5、川に映る樹々そして僕
6、猫
7、カラス
8、終わりの気持ち

【南松宏】
1、時の悪戯
2、裸の王様(塩川昇カバー)
3、夜のプール(飯浜裕樹子カバー)
4、My Angel(SHOU2カバー)
5、バーボンロック(with 手狐鶴クロ)
6、家族(with 手狐鶴クロ)
7、月の破片
アンコール
8、いつの日にか
                 

=====================================

◆◆◆◆南松宏&手狐鶴クロ セッションコラボレーションVol.4◆◆◆◆
      【20071028() 高円寺アローン】
         《三位一体絶唱ライブ》
 【この世に産み落とされた一遍の詩とつたない物語が、謳い人の唇から花びらとなり、

  鍵盤屋の指先から風となる。
  あとは今宵に居合わせた傍観者方々の想像力で、色を為す。】
    

 〜セットリスト〜
1、歌:戦場のウィンク
  詩:『眠ると言ってはドアをあけ』〜友部正人〜
2、歌:情熱の旅路
  物語:『ミニ小説に幻想の未来を』〜南松宏〜
3、歌:Calling
  詩:『壊れてしまった一日』〜友部正人〜
4、歌:青い鳥
  物語:『幻想の世界に眠れぬ魂を』〜南松宏〜
5、歌:隠れ家で
  詩:『大道芸人』〜友部正人〜
6、歌:泣ける場所もないままに
  詩:『終着駅』〜南松宏〜
7、歌:道草して帰ろう

今回は、歌い手「友部正人」さんの詩を中心に、一時間のノンストップライブでした!

======================================

◆◆◆◆MIDNIGHT EXPRESS 40 

ROLLING DOWNLIVE◆◆◆◆
        【★第三弾★2007103() 渋谷アピア】
             1、導火線
             2、情熱の旅路
             3、隠れ家で
             4、救世主
             5、月の破片
             6、カナリア
             7、いつの日にか
             アンコール
             8、平成ノイローゼ

=====================================


◆◆◆◆MIDNIGHT EXPRESS 40 

ROLLING DOWNLIVE◆◆◆◆
        【★第ニ弾★200794() 吉祥寺マンダラ】
             1、戦場のウィンク
             2、情熱の旅路
             3、バーボンロック
             4、十六夜の月
             5、救世主
             6、カナリア
             7、いつの日にか

=====================================


◆◆◆◆MIDNIGHT EXPRESS 40 

ROLLING DOWNLIVE◆◆◆◆
        【★第一弾★200788() 高円寺アローン】
         

             1、情熱の旅路
             2、船は出ちまった
             3、凪
             4、駄々
             5、分らない
             6、カナリア
             7、いつの日にか
             アンコール
             8、月の破片

=====================================

      【2007414()原宿ジュットロボット】  
      Naked Song House Vol 18
   出演:南松 宏 森永アキラ SHOU2 (オープニングact 富田君)

     南松宏&手狐鶴クロ セッションコラボライブVol.3
            《セットリスト》
           1.Calling
           2.石
           3.根無しの花
           4.バーボンロック
           5.家族
           6.青い鳥
           7.月の破片
           8.いつの日にか・・・

====================================

      【2006年10月8日(日)吉祥寺マンダラ】
   《南松宏&手狐鶴クロセッションコラボレーションライブVol2
            オープニングアクト
           〜列車に乗り遅れた男達〜

           1、HAKAMAIRI
           2、エンジェル
           3、石
           4、根無しの花
           5、バーボンロック
           6、家族
           7、Loss Time
           8、救世主
           9、青い鳥
10、空耳
11、終着駅

           アンコール
12、カナリア
13、月の破片

柱時計のボーンボーンと言う音が場内に流れ始め、ざわめきが聞えてくる。
しかしこのざわめきは場内の観客のざわめきではない。南松宏。彼の作って
きたオープニングSEなのだ。彼は最近こう言った類の物語タッチなSEを
オープニングで流し、見る者を楽しませてくれる。
しかし、このオープニングはこれだけでは終わらない。
名曲「スケーターズワルツ」が流れ始め、汽車が汽笛をたてながら、スピー
カーの左から右へと見事に走りすぎて行く。この辺に気付いた人はかなりマ
ニアな人だ!なんのマニアか?それは南松マニアである。
そこへ登場した南松宏と手狐鶴クロは「汽車に乗り遅れた男」を演じる。
そう言えば南松宏が創設した「我楽多企画」、この辺の芝居から来ているの
だろうか?しかし、彼はもっと昔からオープニングで「胎児が生まれるまで」
やさまざまな演技をオープニングで見せてきた。今に始まった事ではない。
所で演奏はいつ始まるのだ!?しかし観客は笑いと掛け声で和んでいる。
突然!汽車の去った方向で爆発音!・・・・・
なんとシュールなオープニングアクトであろうか!?なるほど、彼ら二人は乗
り遅れて正解だったと言う事なのだろうか?定かではない・・・・・・・
そんな思いを裏切るように「HAKAMAIRI」が軽快に始まる。

彼らの演奏はアンコール2曲が終わるまで約1時間20分。曲目の詳細は一切
明かしてはくれないが、僕には30分のライブにも感じるくらい短かった。
もっと聞きたい。この空間に居続けたい・・・・・・。
アンコールラストの曲。「月の破片」・・・・まいった。
最近彼は新曲を作らない。
彼曰く「作れないんだなぁ〜」・・・・しかしとんでもない。
確かに作るペースはスローでも、曲の重みが違う。
彼を長く見てきた僕には少なくともそう感じた。
そして彼はこうも言う。
「昔作った曲でも、今歌えば新曲になっちゃうんだよ」
これからも彼を見守り続けて行こうと僕は思う。
彼の成長は、僕の励みである。

byてんてこまい

=====================================

      【2006年6月3日()高円寺アローン】
    『南松 (Vo,Ag)&手狐鶴クロ(p)
           セッションコラボレーションライブ』
                    対番 定由アキラ   
      

Opening Action
(by手狐鶴クロ作曲 「茜の空に陽は昇り〜アキの舞い〜」より)
Rain&Unbrella act by Nanshow
     1、俺の行くところはいつも雨
     2、石                 
     3、根無しの花
     4、バーボンロック
     5、家族
     6、君との長い夜
     7、グッドラック
     8、道草して帰ろう
     アンコール
     9、Song For・・・       

終わりました。ライヴ…
南松宏と出会い、心地よい罠に絡まり、気が付けば一年が過ぎてしまった。
逃れられないよぉ〜・・・・ヽ(´Д`)

感性が同じなのだ…
詩と曲だけでなく、その世界を表現するためにいろいろなことを考え語り合う。
そこで同じ感性に気がつく。
まだまだやりたいことがたくさんある。
旅を続けようか…

俺は、自らこの罠から逃れようとはしない。
しばらく罠に絡まったまま旅のお供をすることにしよう。
ライヴ、お疲れ様。
そして、ありがとう。              
                   2006年6月3日 手狐鶴クロ        

=====================================

      【2006523日吉祥寺スターパインズカフェ】
        南松宏 /sai / Sou life / 宇宙ダコ /

五月の夜、雨の中を颯爽と現れたのは刀をギターに持ち替えた一人の侍だった。
人の心を見つめ、そしてそれを操るのに刃物など彼には必要ないのだ。
その歌う姿は琵琶法師のようにも見える。
決して新しくない、流行を追わないその姿こそが普遍的。
南松 宏はこれからも声が枯れるまで叫び、歌い、
そして私たちに語り続けてくれるだろう。       
                        池田英樹    

          1、恋をせよ
          2、自転車に乗って
          3、LOSS TIME
          4、平成ノイローゼ
          5、根無しの花
          6、名言を盗んだ男
          7、誰も描けなかった僕だけの空紙

======================================


s">       【2006年 3月30日()高円寺アローン】

        1、誰も描けなかった僕だけの空紙
        2、夢使いの手品師
        3、十六夜の月
        4、バーボンロック
        5、さよなら
        6、カナリア
        7、空耳
        〜アンコール〜
        8、根無しの花拝啓 

南松 宏殿

いや、おぢいちゃんになったわけではない。

その空間にいると時を忘れる…
なぜ…?

彼、キュー・・・・・いや、すまん。南松宏のステージは毎回その空間を連れてくる。
当然、場と光ががっしり支えているのだが。

あ、おぢいちゃん…

彼のステージ。
俺は、派手に弾くより微妙な弦の響きが好きだ。
ブルースハープも考えつくされた響き。
曲間のMCも、その長い経験を活かして飽きさせない。
が、しかし!
とても良い曲なのに照れ隠しで笑いを取ろうとするのが、残念だ。
隠すのは頭だろ…?
でも、それがいいとこなのだ。南松宏の微笑み返しビーム…

ストーリーを感じさせるステージ。
俺はこの心地よい罠にはまったおぢいちゃんだ。
おぢいちゃんは、もがきながら罠を楽しんでいる。
・・・・時の経過を感じることなく。

なんだ、おぢいちゃんになってるじゃないか…俺。
                2006年3月31日  鰻坊

=====================================

       【2006222日(水)高円寺アローン】
         『南松宏2006 ユラユラ』

          1.CALLING
          2.Eyes
          3.Loss Time
          4.地球儀
          5.ルーツ
          6.平成ノイローゼ
          7.ふうせん

最近なぁ〜歌っていてめっきり涙腺がゆるくなってきたんだなぁ〜。
困った困った。
おまけに恩師である毛利先生が見に来てくれたりしてなぁ〜。参った参った。

今回は力まず歌いたかったんです。ユラユラ感が出ていただろうか?力まず力を入れる。
ホッ!!!
どうだったでしょう?
2・4・5・7曲目は20代前半に創った歌なんですが、特に「ルーツ」なんて、一度く
らいしか歌った事なかったんです。
陽の目を浴びせてやろうか?なんて思ったわけじゃなくて、歌いたくなったんです。
昔創った歌でも、今の気持ちで歌えばすべて新曲なんだなぁ〜。
あぁ〜ユラユラ。
御来場の皆様本当にありがとうございました!


======================================


s">        【2005108()高円寺アローン】
        

         1、戦場のウィンク
         2、石
         3、根無しの花
         4、自分を育てるために
         5、十六夜の月
         6、ラストオーダー
         7、逃亡者

高円寺アローンという空間は、一言で言えば、「日常からの隔離シェルター」と言って
しまえば説明があまりにも面倒になるが、俺の中ではそう捉えても、いや、そう捉えた
上でのステージを志している。
だからこそ、一般的なライブハウスと称される場所で歌うテンションをここのステージ
に持ちこむと、かなり痛い目に合う。
痛い目に会う前に、手を打たなければ、ここでは勝負にならない。
勝負するには裸になるしかない。
容易だ。
しかし容易な事が一番困難である。

日常をいくつも引きずり込んで邪念を断ち切り、ただそこにある一個の裸の人間になる。
ならなければならない。
なろうとしなければならない。
人間はもっと愚かで、悲しい、無様で、みすぼらしく、汚い。
さらすのだ!せめてこの場所では!
扉の向こうには、現実がいくつも銃口をかまえて待っている。

俺は唯一の武器であるギターと声で立ち向かう。
自分と言う最大の敵と・・・・・
俺の戦いは、まだ始まったばかりである。

=======================================

        【200588日(月)吉祥寺マンダラ】
        自主制作『情熱の旅路』レコ発記念ライブ
     Vo,Ag 南松宏 Eg 安達大輔 
          Bass 竹内和嘉 Drum KERO Key 上村功一郎

体内の何処かで造られた得体の知れない塊が胸を締め付け、目頭を熱くした夏の夜。
ジンライムを使って押さえ様としたが無駄な努力だった。
 スポットライトを浴びた魔術師達は、「楽器」と言う道具と「歌声」を巧みに操
り、人知れず胸の奥に終い込んだアルバムを開かせたのだ。

『どうしてなんだ!何処へ行くって言うんだ!僕は此処に居る、直ぐそこに居るんだ!』

思わず心の中で叫んでいた。
でも追いかける自転車も約束の場所も僕には無いのさ!

さあ、罪な魔術師達よ手伝ってくれ、アルバムを閉じるのを、二度と開く事が無い様に!
何故って?それは備えなければならないからさ、お願いだ、楽器を操り素晴らしい歌声
を使って、次の情熱の旅路のために!・・・・・・

ありがとう、お礼を言うよ。
また何時か僕らを時空の旅に連れて行ってくれ、いいだろう、君達の魔法を使って。

200589日 池田 英樹

         1、船は出ちまった
         2、情熱の旅路
         3、平成ノイローゼ
         4、ANGEL5、旅情
         6、カナリア
         7、自転車に乗って
         8、約束の場所
          〜アンコール〜
         9、空耳


======================================


s">       【2005 4 16日高円寺ALONE】

         1、CALLING
         2、誰も描けなかった僕だけの空紙
         3、Loss Time
         4、大丈夫さ
         5、ライムライト
         6、カナリア
         7、空耳 

ひと昔前、アルパチーノとロバートデニーロの、夢の「競演」?映画『ヒート』
があった事を覚えているだろうか?
パチーノ好きな俺にとって見逃せない一作であったのだが、映画的には最悪だっ
た印象がある。
二大「競演」の映画というのは、ハズレを招く事が多いような気がするのは俺だ
けであろうか?いやいやそんな事はない!パチーノ、ジーンの『スケアクロウ』
しかり、トム、ダスティンの『レインマン』にしても、一概には言えない。
どちらにしても、「共演」と「競演」の違いには作品自体が大きく分れるのだろ
うか?
さて今夜は、SHOU2氏とのダブルブッキングライブであった。
こんなブッキングはもうしばらくは見られないであろう。
おまけにSHOU2氏のステージに、南松氏がコラボレーション参加!
まさに「共演」あり、「競演」ありのステージであったのだ。
もちろん、ハズレと言うものとは全く無縁の夜であった。
・・・・・・と感じているのは本人達だけであろうか?

=====================================


      【2005年 3月18日()高円寺ALONE】

       1、誰も描けなかった僕だけの空紙
       2、大丈夫さ!
       3、十六夜の月
       4、青い鳥
       5、CALLING
       6、さよなら
       7、カナリア 

その昔炭鉱を掘る時に、ある鳥を用いられた話を聞いた事がある。
その鳥を籠に入れて、トンネルの中、先頭を歩く。
か弱いその鳥は、かすかな有毒ガスにも敏感に反応し、死んでしまう事もあ
ったそうである。
籠の中で異常を感じ、小さな羽をバタバタとはためかせながら、暴れだす鳥。
それを見た炭鉱夫達は、ここから先を「危険区域」と確認するのである。

小さな小さなライブハウスと言う小屋で、20年近くも歌っていると、
誰も入ってはこれないくらいのトンネルの奥、ずっと奥へと俺は入り込んでし
まったような気持ちになる時がある。
いつか帰るといったはずが、帰り道が分らなくなるほど奥へ来てしまって、
いまだにギターを手放せない。
 昔、こんな奴を「悪い見本」と称する奴もいた。
 気持ちは分る。
 今だから・・・・・・・・。

さて、その鳥の名前は「カナリヤ」。
実を言うと、本当は「か弱い鳥」を装った優れものだと俺は感じている。
というのは、トンネルの中、炭鉱夫達が慌てふためいて逃げてゆくのを確認する
ように、死んだフリをしたカナリヤはこっそり籠の扉をこじ開けて自由にトンネ
ルの中へと飛んでいった。
まったく!歌を忘れたカナリヤだなんて、回りはよく言ったもんだぜ!

=====================================

      【2005年2月15日吉祥寺スターパインズカフェ】

         1、誰も描けなかった僕だけの空紙
         2、大丈夫さ
         3、LOSS TIME
         4、バーボンロック
         5、SONG FOR
         6、カナリア
         7、家族 

彼女に出会ったのは、ある店で「愛の安売り」を求めに行った晩だった。
彼女の体は美しかった。
この世界には不似合いなくらい、欲望を通り越した所で俺を魅了した。
その彼女は前々から足を洗いたがっていた。
嫌気が差し、何度もやめようとは思ったようだが、結局はまたその世界へ
と舞い戻ってくる。
「ダメネ!一度足を踏み入れたらナカナカ・・・・」
「男が働かないのよ・・・・。今一緒にいる人」
「何度も逃げても見つけられちゃうの」
そして「リッチドール」で毎晩様々な男達を相手に、「カラダ」をさらしてゆく。
そんな彼女に、ある日遂に足を洗うきっかけとなる人が現れた。
ある晩、頬杖をついたまま、ダイヤの指輪をグラスの中で転がしながら、
こう言った。
「この街には疲れたわ」
・・・・・・・別れを告げに、俺はその店にまた足を運んだ。
指名は虚しく、彼女の姿はどこにもなかった。
つまらない女達を抱く気にはなれず、俺は新宿を後にした。
もう10年も前のこと。
幸せに暮らしているんだろうか・・・・・・?


===================================== 


        【2005129()高円寺ALONE】
          1、自転車に乗って
          2、救世主
          3、LOSS TIME
          4、バーボンロック
          5、夢使いの手品師
          6、情熱の旅路
          7、家族
          アンコール
          8、SONG FOR・・・・

去年の729日以来の久々のソロライブである。
その昔、自主制作映画に競演した井上氏(源さん)の開業したライブハウス
ALONEでのステージだった。
長年の渋谷アピアで培ったPA技術は、何処かの学校出の頭でっかち野朗の
音作りとは遥かに違う。
現場の空気を身体で感じ、歌い手の表情をいかに客席に届けてゆくか。
彼もまた歌い手だからこそ、成し得る技なのかもしれない。
俺達が安心して表現できるライブハウスが少なくなってきている中、こういう
店は貴重なのである。
当夜来てくれたみなさま!アンコールありがとう!
打ち上げで、源さんの奥さんが作ってくれた料理もおいしかったなぁ!

=====================================


         【2004615日吉祥寺マンダラ】
       『BEST ACOUSTIC』〜うた&ぴあの&ぎたー編〜
        南松宏/nami / 柳田健一 / 小西かはき
18:30/19:00\1600/18001DRINK ORDER
         

           1、平成ノイローゼ
           2、ジグソーパズル
           3、十六夜の月
           4、バーボンロック
           5、Song for....
           6、泣ける場所もないままに
           7、ふうせん 

その昔バブルも全盛期だった頃、俺は真っ赤なスターレットを乗りまわしていた。
おまけにサンルーフ付き。定職にもつかずライブハウスの店員とコンサートの
舞台作り、たまにデパートの催事があると人材派遣会社から電話がかかってきて、
新宿や日本橋、池袋にある某有名デパートの搬入などをやっていた。今考えても
考えられないほど仕事がいくらでもあった。好きな仕事を選び、自分のやりたい
ことを最優先に都合のいい仕事を選べた時代である。いわゆる「フリーター」な
どと言う言葉を生んだ第一世代でもある。おまけに「新人類」とも呼ばれていた。
まとまった金などなくても、やれ名古屋だ!大阪だ!と真っ赤なスターレットを
ぶっ飛ばし、歌を歌いに行ったものである。
まず歌が歌えない環境なんて考えられなかった。
少しでも歌うことに不具合な状況になると仕事など平気で辞めた。
そんな時代の恩恵?に(だとも気付かずに)俺達は堂々とあぐらをかき歌わせても
らってきた。
そして随分と歌を書かせてもらった。そして悩み、苦しみ、よく笑った。
おそらく長い人生の中でも一番突っ走っていた「青春」という季節だったのだろ
うと思う。「ふうせん」はまさにその真っ只中に出来た歌である。
いまでもこの歌を歌うと、あの時の友達、女、父親、家出、そして赤いスターレ
ットを思い出すのだ。
時に21歳の小僧が創った歌を、36歳の大人面が今もこうしてこの歌を歌っている。
捨てられない歌を道連れに、俺はいったいどこへ行くのだろうか?

=====================================


s">        【2004年 3月11日吉祥寺曼荼羅】

           1、自転車に乗って
           2、バーボンロック
           3、Song for
           4、遠い夜明け
           5、愛しきポンコツ
           6、終着駅
           7、空耳


s">======================================

s">       【2003年1019()吉祥寺曼荼羅】 
        出演 南松宏/中村まり/有吉康平/山本司/

s">
            〜私の青空〜

s">           1、私の青空
           2、手遅れな伝言
           3、十六夜の月
           4、宝のゴミ箱
           5、名言を盗んだ男
           6、泣ける場所もないままに
           7、終着駅
           8、私の青空

s">個人的に言わせてもらえれば「ライブ」とは歌い手本人の主観的なテーマの具体化
に尽きるような気がする。もっと簡単に言えば「何を伝え、何を表現したいのか」
なのだ。決して「何が歌いたいか」なのではない。そう言う結論に行き着いたのだ。
俺がこだわり続けていたのはこんな簡単な結論なのだ。
 ある意味毎回一回限りの舞台映画を創っている、と言ってしまうと格好良く聞こ
えるだろうか。毎回すべてが新曲なのだ!昔創った曲でもそれが新曲となる。理解
できない奴は置いて行く。こっちも必死なのだ。相手をしている暇はない。
 ひょっとしたら俺は歌い手じゃなくホンヤ(脚本家)になるべきだった。いまさ
ら何をほざいているのだろう?あんたは歌い手だろう?その通りだ!だがこれから
も好き勝手にやらせてもらう!なぜなら俺が何をやろうが誰も困る奴はいない。
ましてやこれで誰かを食わせているわけでもないからだ!思いっきり強がってやれ!
何度も何度も生まれ変わってやるのさ!最期の自分に向かってよ!

s">====================================== 

s">      【2003年8月24日[日]吉祥寺曼荼羅】
         出演 南松宏/かぐらうた/太陽バンド

s">        1,君の中でアメリカは
        2,平成ノイローゼ
        3,LOSS TIME
        4,導火線
        5,船は出ちまった試聴
        6,終着駅試聴
        7,パートナー
        8,誰も描けなかった
             僕だけの空紙
        アンコール
        ,Song for ..... 


s">1曲目の「君の中で・・・・」は今から15年前下馬のガソリンアレイという 
ライブハウスで働いていた時に出会った、「本多とよひさ」さんの名曲をカバ
ーしました。
当時の俺にはどんなメジャーな歌い手よりもライブハウスで歌っている人達の
歌に胸を打たれる日々を送っていたのだ。
他に「林せいじ」さんなどがいて、今もこうして俺が歌っていられる一つの原
動力は、彼等の歌に対する誠実すぎる姿勢を目の当たりにしていたあの時代が
あったからなのである。
当時20歳だった俺は一日の半分以上をあの地下室で過ごしていた。
深夜になりお客も掃けると、曲作りに励む毎日だった。出きるは出きる!そり
ゃそうさ!彼等の歌った後のその余韻を引きづったまんまだからねぇ!
 ピアノもあの地下室で覚えたんだ。
 今は弾いていないが・・・・
 彼等。俺の英雄達の行く先は今は分らない。
 どこかで出会えることを祈っている。

s">=====================================

        【200363() 渋谷アピア】
        1、平成ノイローゼ
        2、SAYONAYA
        3、幼稚な月
        4、船は出ちまった
        5、Happy Birthday
        6、泣ける場所もないままに
        7、恋をせよ

全作詞、作曲 南松 宏創っても創り足りねぇ!
歌っても歌い足りねぇ!
自分の思っていることの半分も歌えてねぇ!
いつだってそうだった。
だから毎回のステージは全部新曲を創るつもりで歌ってきた!
今もその気持ちは全く変わらない!
惰性や強要などでステージに上がった事などない!
それでもいつもたどり着く場所は同じ。
気のせいなのであろうか?
見えない物に挑戦し続ける事は時には馬鹿らしく思えてくる。
だが何故だろう!
今もこうして白紙の前に座っている俺。
そう!もうすでに船は出ちまったのさ!
ただ、俺は乗り込めたのか?それとも乗り遅れちまったのか?
そいつを確かめたいんだよ!

=====================================

今夜は「幸運な被害者達」vol,1 に御来場下さいまして、本当にありがとうご

ざいます。
言うまでもなく、このユニットでの活動は今夜がはじめて!初ライブなのであります。
この「幸運な被害者達」という活動は、田中基史のギターテイストを主体とし、

今までに影響を受けた歌、音楽達に、敬意の意味を込めて様々な曲を、それぞれ

の独自の料理法でカバーリングするという試みです。
もちろんオリジナルも演奏しますが、全体的に流れるテーマは「音楽をする」という

試みです。
南松宏自信にとってもあらゆる意味で勉強の場でもあり、今までとは違った角度で

音楽に接することの出来るユニットなのです。


    【2003年4月20日() 池ノ上ボブテイル】
      幸運な被害者達Vol,1 〜ワンマン〜
          南松 宏 (Vo,Ag)
          田中基史(Ag,Eg)
    〜1,SET〜
    1、It's TooLate(Carole king)
    2、So Far Away(Carole king)
    3、You've Got Friend(Carole king)
    4、New York State Of Mind(Billy Joel
    5、悲しい酒 (美空ひばり) 作詩 石本美由起,作曲 古賀政男 
    6、赤いスィートピー (松田聖子) 作詩 松本隆,作曲 呉田軽穂 
    7、Good By My Love (アン・ルイス)
    〜2,SET〜
      全作詩、作曲 南松
    1、楽園   
    2、自分を育てるために
    3、Loss Time
    4、Song For....
    5、神経衰弱
    6、Good Luck
    7、約束の場所 試聴
    8、道草して帰ろう
    〜アンコール〜
    9、ドーナツ
    

=====================================

お互い1920歳の時に出会い、春夏冬(あきない)を結成してから13年... 
考えてみると互いに歌、音楽にこだわりつづけて走りつづけてきたこの
13年はなんと早かった事か!
一時を共にした同志がその後それぞれの場で活動を繰り広げ、こうして
13年の時を経て同じステージへ上がることが出来たことを光栄に想う。
そもそも今回の企画は、ギターの田中基史からの提案で実現できたライブだった。
彼の誘いがなければもちろん俺はいまだにステージへ上がることはなかっただろう。
 感謝している。ありがとう!基史!
今回のライブは、まさに互いの音楽に対する「情熱の証」のなにものでもない。
そして、古巣でもある曼荼羅でワンマンライブを遂行できたのも、
藤崎氏(スターパインズカフェ)、先本氏(曼荼羅)の力添えがあって初めて成し遂
げることが出来たのである。
この日は俺にとって、感謝の一言に尽きる。
そしてなによりもこの日に動員してくれた多くの方々へ....
本当にありがとうございました。

     【2003225日 吉祥寺曼荼羅ワンマンライヴ】

        春夏冬(あきない)〜情熱の証〜

        南松宏(Vo.Ag)/田中基史(Ag.Eg)

         〜春夏冬〜

       1、ByeByeBlues

       2、窮屈だ世

       3、RinyDay

       4、殴ってくれ

       5、奴等の足音のブルース

(はじめ人間ギャートルズエンディング曲)カバー

       6、コウモリ

       7、NewYork State Of Mind(Billy Joel)カバー

       8、Close To You(Carpenters)カバー

         〜田中基史ソロ〜

       9、Reminds

10、変わり続ける心(ゲストVo Aiko Sato)

11Darn That Dream

(休憩)

         〜南松宏ソロ〜

12My Little Boy

13、十六夜の月

14、一本道(友部正人)カバー

15、ふうせん

         〜春夏冬〜

16、救世主

17、青い鳥

18Loss Time

19Song For....

20、人間失格

21、約束の場所

         アンコール

22、空耳

=====================================

       【20011211日 渋谷アピア LIVE22

         1、夢使いの手品師

         2、独り言

         3、LOSS TIME

         4、月

         5、管理人のヤングじいさん

         6、暗闇で影踏み

         7、カナリア

         8、SongFor

         9、泣ける場所もないままに

10、誰も描けなかった僕だけの空紙

         〜アンコ〜ル〜

11、空耳

=======================================    

4月と6月のステージでは「戦場のウィンク」というテーマでの活動でした。
やること成すこと裏目裏目!自棄酒!やつ当たり!傷の舐め合い。

歌っている場合ではないほどの切羽詰った生活。

思い出したくなくても思い出してしまう、あの救いようのない2000年、

世紀末。そう、うんざりするような朝の甲州街道からやっとの思いで横道に

それた時、追い討ちをかけるように昇る朝陽。何度も撃ち落してやりたかった。
まぶしさに片目を噛んで天につばを吐く。
戦場のウィンクってわけさ!
       【2001424日 渋谷アピア】

       1、戦場のウィンク

       2、昼休み

       3、十六夜の月

       4、夢使いの手品師

       5、泣ける場所もないままに

       6、逃亡者〜Heaven Help Us All

   【200165日 吉祥寺スターパインズカフェ】

       1、戦場のウィンク

       2、独り言

       3、十六夜の月

       4、夢使いの手品師

       5、泣ける場所もないままに

       6、逃亡者〜Heaven Help Us All

====================================

 


プロフィール

プロフィール画像
南松 宏(ナンショウ ヒロシ)
1968年5月30日生まれ
1990年第一回NHKBSヤングバトル東京本選出場。
東京都内(各ライブハウスなど)を中心に活動を続けるシンガーソングライター。芝居と歌のコラボなど、独特な世界を追求しつづける。2014年恵比寿横丁にてバンブー小梅と言う名前で流しデビュー。2015年南松 宏として八王子ロマン地下で流しを始める。現在は吉祥寺ハモニカ横丁にて流し活動中。

カモメのつぶやき

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数