地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2011年05月 のアーカイブ

2011年5月27日 18時28分32秒 (Fri)

太陽光発電・・・???

震災後 急激に太陽光発電システムが話題になってます。
原発の事故を考えれば 当然の事であり、エネルギー確保の為には、必要不可欠な事案だと思います!
が、しかし・・・私なりの不安が・・・
 
新築の住宅、ビル、焼き瓦など 新しい建物に設置する場合はともかく、築数年経ってからの板金屋根、セメント瓦への設置には少し不安を抱きます・・・
 
『ソーラーパネル、発電装置の寿命は 10〜20年なので心配なく設備投資の回収は見込めますよ♪』と弾んだ声で電気屋さんは説明してくれましたが、私の心配は・・・その間、屋根の寿命が来た場合は どうするんでしょう・・・??
 
ソーラーパネル設置には 各メーカーから認可の下りた業者さんが 設置場所の細かいチェックをしてから設置するそうです。当然の事ながら、屋根の状態なども吟味した上での施工・・・だと思います・・・
この・・・だと思います・・・は、電気屋さんから ハッキリした回答が得れなかったからです。
 
新築の板金屋根なら(立地条件にもよりますが・・)15〜20年で寿命でしょう。このくらいもってくれれば御の字でしょう。 パネルの寿命とほぼ同時期で交換が出来ます。
でも、中には新築でないお家もある訳で 屋根の寿命が早く来てしまう所もあると思われます。
設置工事費で だいたい36万円〜掛かるそうです。 もし、途中で屋根が痛み、塗装or板金工事をしなければならなくなった場合、パネルの移設工事費として 無駄な出費が出てしまいます。
 
私が提案したいことは 今太陽光発電システムの導入をお考えの方は 屋根の寿命を考慮した上での設置を お奨めします。
築10年前後の屋根ですと あきらかにパネルより先に寿命がきます。
パネルの重量もかなりになるため 穴があく・・・事も考えれば 設置前に 塗装並びに板金補修を施しておけば心強いと思います!
 
塗装側から話をさせていただくとしたら・・・
最低でも パネル設置予定面に シリコン以上で、フッ素塗料がベストだと考えます。 
何故なら シリコンなら10年前後の耐久性、フッ素なら15年前後は屋根を保護できる塗料だからです。
屋根は、パネルより早く寿命が来ては いけないのです!
 
我が大童では 太陽光発電システム導入に伴う、屋根修繕工事をお考えの方に 変わらずに無料診断と格安施工を実施します。
屋根全面でなくとも 設置面だけの施工で かなりの違いがあると思います。
気になられた方は 些細な事でも構いません、お問合せください。


新潟県の地域情報サイト【マチカド】  


2011年5月23日 21時31分54秒 (Mon)

ステンシル〜♪

所さんの“世田谷ベース”  男の秘密基地的空間で大好きです(^^)♪
バイク・車・小道具もいいんですが、基地の所どころに見られるステンシル文字が カッコイイです♪

所さん発信で このステンシルが人気になって 様々な物にカスタマイズされています。
所さん曰く、、『いろんな物にステンシルでネーミングしてあげると その物に愛着が湧くんだよね♪ そしたら その物自体を 大切に扱うよ〜になるんだよ♪』
ふむふむ…♪ なるほど!うちも会社の備品にステンシル〜(*^。^*)
そしたら、みんなが大事に扱ってくれるかなぁ〜♪・・・・て事で さっそく社用車に
ステンシル!やってみました(^^ゞ

少しボヤケちゃったかな・・(~_~;)  別の車にも・・・
 

色を変えて・・シュッシュッ♪
この他にも 事務所の中にも シュッシュッと やってみました(^^)!
 
やっぱりイメージが変わって 新鮮味がでました♪ 
誰にでもできちゃう、ステンシルでのカスタマイズ、皆さんもチャレンジしてみてください(^O^)d
 
PS: ステンシルフォントを探しても なかなか見つからない方は 無料でステンシル素材がダウンロード可能なサイトをリンク(COIOR♪趣味)にご用意いたしましたので チャレンジしてみてください(^−^)♪
 


2011年5月13日 11時31分31秒 (Fri)

劇的ビフォーアフター♪

昨日5/12に ハイブ長岡にて テレビでお馴染みの『大改造劇的ビフォーアフター!』に何度か出演されている、新潟県出身の“川口とし子”一級建築士の講演会に参加してきました。
 
“和とモダンの融合者”と言われる建築デザイナーのお話は とても勉強になりました♪ 
デザイン的なお話がメインなのかと思ったのですが、リフォーム業者さん、工務店さんが大多数を占める聴衆者の前ですから やはり住宅の最新事情、需要者の意識などを熱く語られていました。
その中で住宅リフォームの市場調査として なんらかのリフォームをしたいと思っている人が、65%に上昇している!・・と。(無作為に選ばれた30代以上の持家住居者、10,120件にインターネットアンケート調査結果)
日本の住宅寿命をみると 平均で20〜30年・・・短か過ぎます・・
米国では 40〜50年、欧州では大体60〜70年だそうです。
やはり既存住宅を長く活用しなくてはなりません!安い買い物ではないのですから・・
住宅のメンテナンス、リフォームで30〜40年、50、60年と『長寿命化リフォーム』を目指さなくてはなりません。

昨今の経済事情からすれば、如何にお金をかけずにリフォーム出来るかが 需要者、施工者ともに課題なのだと・・・。
私も頷くことが 多々ありました。 
塗装の重要性を もっとお客様に伝えていかなければなりません!
なんかやる気パワー 出てきちゃいました〜<`〜´>♪
 

泣Aーキスタジオ川口一級建築士事務所
arcka.com 新潟県の地域情報サイト【マチカド】