地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
炭水化物ダイエット

ゴマ油(セサミオイル)

ゴマ油セサミオイル)は、アーユルヴェーダで使われるキャリアオイルです。
ごまを搾って作られますが、意外にも原料のごまはインドや中国。
日本はほとんど輸入に頼っています。

ゴマ油
(セサミオイル)はごまを炒ってから搾る琥珀色のオイルと
生のまま搾った透明の太古ごま油の2種類。

深炒り、浅炒り、精製度合いによりたくさんのグレードのゴマ油セサミオイル)があります。炒りごまを搾ったオイルはゴマ油特有の強い香りがあります。
最高級品は1回のみの低温圧搾。

小泉里子さんが愛用している美容オイル(マルチオイル)のゴマ油「 junko kusano 」で
美容にゴマ油セサミオイル)がおすすめと有名になりました。

人気のあるエステ、インドエステ専門サロンの「リゲルグランド」でのマッサージでも
セサミオイルをたっぷり使った全身フルハンド。
インドアーユルヴェーダのマッサージに使われるゴマ油セサミオイル)は
日本では食用オイルとしてお馴染みですがぜひ、美容オイルとしてスキンケアにも使ってみたいキャリアオイルのひとつです。


<セサミオイル(ゴマ油)の効能・効果>

セサミオイルの特性はオリーブオイルによく似ています。
リノール酸、オレイン酸を多く含みます。
リノール酸が多いと酸化が早いのですがオレイン酸も多く含むので
酸化しにくく持ちがいいためとても便利。
強力な抗酸化物質(セサモール、セサモリノール)のおかげです。
また、オレイン酸の保湿力とリノール酸ののびの良さも兼ね備えているため
マッサージオイルとして人気があります。

ビタミンA、B、Eとカルシウム、マグネシウム、リンを豊富に含んでいます。
脂肪の代謝を良くして、肝臓の働きを助け、老化を防止します。

ただし精製度合いやごまの炒り方によってオイルに含まれる成分量は
商品ごとに異なります。
例えば、抗酸化物質が多い(酸化安定性が高い)のは、どちらかというと炒りゴマ油。



<セサミオイル(ゴマ油)の使い方>

軽いキャリアオイルにセサミオイル20%の割合で加えてマッサージに使います。



<おすすめのセサミオイル(ゴマ油)の通販>

・瑞健のセサミオイル

・ナチュルネスパ CTCセサミオイル

・GAIAガイア セサミオイル

・multi oil  草野順子マルチオイル ココマ

・生活の木 セサミオイル




ショップチャンネル:キャンペーン



キャリアオイルについてのブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930