地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2013年06月 のアーカイブ

2013年6月23日 17時04分17秒 (Sun)

6/23(日) 定期練習@鶴見

4+:貞山
cox:水野 S:藤本 3:堀 2:紫竹 B:本藤

Menu:UT多目

テーマはFinishとSet

出艇して、分漕でまわしてから、Finish Drill
両舷no work で Pause Row をはさみながら、
Light Paddle 5min.

帰りは低Rate Paddle。

2周目も、半分まで低Rate Paddle。
再びFinish Drill をして、艇返し。

最後の片道は Short Pieces (28-30-32-34-28-30)

艇の状態はイマイチ。
傾く感じが抜けませんでした。


乗艇後、堀さんによるエルゴレクチャーを開催。
主に骨盤の使い方、重心位置や体重の使い方について、堀理論を展開しておきました。
イメージの統一に繋がればと思います。

今後も続けて開催しようかと思っています。

エルゴで伝えるのがベストなため、ここで文章での説明は、今のところやめておきます。


2013年6月18日 23時10分13秒 (Tue)

20130616 定期練習@鶴見

cox:本藤(今城)
S:椎名,7:堀,6:藤本,5:江藤
4:紫竹,3:吉村,2:仲尾,B:今城(本藤)

menu:UT + start training + short pieces ×2周
total: about 15km

まずはじめに、coxがいるといないとで、大きく練習効率(質?)が変わるなと感じました。
とは言っても、いないことを嘆いてはいけませんね。
technical drill の重要性を感じました。

テーマは『押しきり』でしたが、いまいち表現しきれなかったと思います。
いや。押しきりが合っていても、次のsetでズレてしまい、catchに向けてバランスが崩れ、次のstrokeが合わなくなってしまう…
rowというサイクルがぶつ切りになってしまい、気持ちよくリズムが作れず、みんながみんなでフラストレーションを溜めてしまい、悪い循環にはまってしまいましたね。

悪いイメージを引きずっても仕方がないので、次また心機一転頑張りましょう。

個人的には、目の前で漕ぐ椎名が、徐々に成長していくのが楽しいです(笑)
しかし、そのために毎ストロークごと、小言でつぶやきまくってますが、自分への確認作業でもあるので、できていないことや意識しなきゃいけないこと、立て直す作業などの再確認にも丁度よいです!!

まだまだこれからです。

エルゴの2000mも早急に行わなければ…

2013年6月18日 22時42分18秒 (Tue)

20130608 定期練習@鶴見

cox:本谷
S:椎名,7:堀,6:相川,5:近藤
4:カストロ,3:天野(須田),2:仲尾,B:本藤

menu:UT + start training + short pieces
total 14km

テーマとして『押しきりの合わせ』をしていたけれど、序盤から、心地よく表現できていたように思いました。
technicalのpause row が、setまでの意識ができて良かったのかもしれないですね。

ひとつできると欲張ってしまいますが、有効レンジを伸ばしていきたいです。
catchからfinishまで、水平に長く押せるように意識していきましょう。


2013年6月2日 16時03分53秒 (Sun)

6/1(土)、2(日)練習会@鶴見

今週の土日は天気に恵まれましたが、エイトに乗れる人数が集まらなかったのでフォアを中心に練習しました。

6/1(土)4+(前半C今城、S仲尾、3近藤、2カストロ、B紫竹、後半Cカストロ、S仲尾、3近藤、2紫竹、B今城)
6/2(日)4+(C水野、S紫竹、3吉村、2仲尾、B近藤)、2x(S岩佐、B今城)

オッ盾出場予定の味の素BCの近藤さんを迎えましたが、彼は何と福島県郡山から始発の新幹線で練習に参加してくれました。しかも宿泊して土日両日共にフルに参加です!
土曜の練習は良かった点は前半で2番のファイナルがよくなっていた点ですが、キャッチは終始遅れ、改善が必要です。全体的には終始バランスが取れずふらふらしてしまい、短漕でレートが上がると安定するという状態でした。やはり押切が甘いんでしょうか。

日曜はお台場レガッタに参加予定の吉村さんが初の練習参加でした。
私は岩佐さんと初のダブルスカル。良かった点はフォワードで乗り込む時に、ラッシュせず、リラックスできていたこととスタート練習で5本が決まったこと。一方、スイープでもスカルでも同じ癖がありました。どうしたら直るかいろいろと試してみて3つの癖の2つは改善の方向に向かい、進歩が感じられ、最後はスタ付で350mまで漕げるレベルまで到達しました。

外からフォアを見ましたが、全体的には皆癖のある漕ぎをしているなあと感じました。クルーボートでは癖のある漕ぎは余りいい影響がないので、もっと癖のない漕ぎを目指す必要があります。スイープ初体験で久しぶりの乗艇の吉村さんは体力的にも技術的にもきつそうでしたが、鷹野大橋2往復+αで16kmをよく漕ぎました。紫竹君がファイナルで頭を下げて下を向くのが気になり指摘しました。下を向くと気道が圧迫され、ハンドルも真直ぐ強く後ろまで引切れないし、前にも合わせられず、何にもいいことはありません。以前、ブログに投稿したファイナルの写真を参考にして下さい。

--
今城律雄


ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数