地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2012年08月 のアーカイブ

2012年8月29日 15時57分14秒 (Wed)

第39回オックスフォード盾レガッタ

第39回オックスフォード盾レガッタ画像 8/25〜26の2日間、男子チームにとって2012年最大のイベントであり、シーズンの目標としてきたオッ盾に出漕しました。実業団や学生に混じっての2000mレース、今年度も横浜漕艇倶楽部から2杯エントリーしました。

まずは、熱い声援を送って下さった皆様、サポートして下さった皆様に、この場を借りまして、御礼申し上げます。


【クルー】※は他団体で登録

■横浜漕艇倶楽部A「ヤングチーム」・・・平均年齢25歳

C 本谷(※コベルコクレーン)
S 寺西(北海道大学OB)
7 平山(京都大学OB)
6 戸田(北海道大学水産学部OB)
5 木村(※瀬田漕艇倶楽部)
4 相川(膳所高校OB)
3 紫竹(中央大学)
2 仲尾(大阪大学OB)
B 本藤(成蹊大学OB)


■横浜漕艇倶楽部B「おっさんチーム」・・・平均年齢38歳(←!)

C 水野(北海道大学OB)
S 藤田(金沢大学OB)
7 今城(大阪大学OB)
6 鷹野(滋賀大経済OB)
5 古川(滋賀大経済OB)
4 木所(※瀬田漕艇倶楽部)
3 須田(息子の名前はエイト君)
2 岩佐(大阪市立大OB)
B 関山(大阪工業大OB)



【レース】

・予選は全く奮わず。ABとも組4着を独漕した。明らかに本番慣れしていないし、メンタル的な未熟さが出た。レース後のミーティングでは「とにかく落ち着け」と言うしかなかった。おっさんの老獪なレース運びを期待していたが、何のことは無い、無駄に歳を食っているだけであったようだ。
コンスタントで長いストロークを引くことが出来ず、慌しいリズムに陥り、肉体的にも精神的にもバッタバタ。コックスのコールも全く耳に入っていない。本来、こういうバタバタになったときこそ後ろ(バウ側)から声をかけてクルーを引き締める必要があるのだが、整調の私が振り向いて「落ち着けー!」と叫んでいた。冷静さは2000mレースではとても重要と痛感。

・敗者復活戦では、ABともに準決勝には進めなかった。予選よりはいい漕ぎができていたし、バタついた感はあまり無かった。が、やはり力及ばなかった。タイム的に見ると、ABともに当落線のギリギリ「落」側に入ってしまった。去年はギリギリで片方が「当」に入ったのだが。

・これで終わり…かと思いきや、期せずしてBクルーは、同組2着のクルーが艇重量不足により失格、繰上げで翌日の準決勝に進むことになった。「おっさん」クルーはラストチャンスかもしれないから、ということで神様がサービスしてくれたのだろう。
翌日の準決は、NTTとか京大がすっ飛んでいった後を、あたかも舞台の真打登場みたいにゆっくりと、しかし精一杯漕いだ。タイムも今大会でベストを出せた。気分は最高だった。岸からの声援もちゃんと聞こえた。インカレ最終日のポンドで漕げることがただひたすら嬉しかった。



【来年は?】

去年今年を見ると、微逆風の吹く8月下旬午後のポンドにおける敗者復活戦の時間帯、当落線タイムは、7分ヒトケタであろう。6分台に乗せて初めて準決勝が見えてくる。今年はいくつか有力な実業団(○○金属、○○紡織など)がエントリーしなかったので、やはり6分40秒台は欲しいところ。

ちなみに私事ですが、私は来月東京を離れて大阪に移るため、今シーズンで引退します。(ボートは辞めませんが。)来シーズンはさすがにオッ盾は無理。来年は残った皆さん、特に20代後半の若手の皆さんに、奮起を期待したいと思います。

来年のオッ盾ではせめて6分40秒台を目指し、近い将来、夢の順位決定に進んでほしい。なと。



【おわりに】

レースに出たメンバーの皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとう。
特に遠方から来ていただいた鷹野さん、木所さん、木村さん、サポートして下さった皆様、小崎監督、谷さん満田さん、野澤さん小林さん、相模湖漕艇場の皆さん、応援に来てくださった皆様、声援をくださった皆様、ずっと支え続けてくれた全ての人に、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。ありがとうございました。



たーふじ

2012年8月23日 9時05分08秒 (Thu)

8/19 練習@相模湖

8月19日(日)9:30〜12:00 場所:相模湖

メニュー:2,000mT.T.

メンバー:C本谷 S寺西 7今城 6藤田 5本藤 4仲尾 3紫竹 2岩佐 B関山 

やや強めの逆風が吹く中、2,000mタイムトライアルをやりました。来週のレース本番前の最後の練習は、タイムは (-_-;)ガーン  でしたが、漕いだ感じ・リズム感・加速感はこれまでの練習の集大成に相応しい (・∀・) イイネ! な漕ぎでした。本番での激漕を期待したいと思います。

たーふじ

 img_20120823-151504.jpg

(8/12撮影 隅田川レガッタ ドラえもんクルー)


2012年8月23日 8時29分22秒 (Thu)

8月11〜12 オッ盾合宿 3rdモーション

img_20120823-140949.jpg

8月12日 4:30〜6:00 3rdモーション

メンバー:C本谷 S藤田 7本藤 6鷹野 5木村 4木所 3古川 2仲尾 B関山

陸サポート:水野、戸田

やはり夏は早朝練習に限る。当倶楽部の練習はいつも9時集合。真夏は気温が上がりきり、日差しも強いため、肉体的・精神的消耗が激しい。泊り込みの合宿なら涼しい中で追い込めるのでいいですね。

しかし、平均年齢が40に迫ろうかという今回のクルー。前日までの疲労が蓄積し、また慣れない早朝練習で、全然体が動かない。オッ盾は8:30が予選1発目。なんとか策を講じなければ。

今回は本番で使う艇をチェックする意味合いもあった。ラダーが曲がり、5番のストレッチャーには30cmはあろうかというバッシュが取り付けてあった。また、分割艇の結合部のボルトはゆるみ、各パーツのビスが緩んでバ○になっており、と、なかなかファンキーな艇であった。この艇も、われわれが使用することで、新たに生命が吹き込まれることを望んでやまない。

 

たーふじ


2012年8月22日 18時26分09秒 (Wed)

8月11〜12 オッ盾合宿 2ndモーション

8月11〜12 オッ盾合宿 2ndモーション8月11〜12 オッ盾合宿 2ndモーション合宿2モーション目は、場所を戸田に移し、本番でお借りする成蹊大の桑野エイトを使っての予行です。この時期、戸田のポンドは練習に向いてませんね。ただでさえコースは1500mに限られ、その上さらに小艇がごった返して長い距離は漕げない。岸からのサポートや伴チャが無いなら戸田でやるメリットは低いと思う。ただ、ポンドで力強く美しく漕ぎ進める日大のエイトを見れたのは良かった。五輪前は代表クルーが練習していた。こういうお手本がいる環境というのは、「余人を以って代え難い」戸田の素晴らしさなんでしょうね。

さて、晩飯どき、オリンピック女子バレーの3位決定戦、日本の銅メダル獲得の瞬間に立ち会えました。鷹野さんのお勤め先のバレー部員さんも複数いらっしゃるとのこと。おめでとうございます。とても気分よく宿舎(国立艇庫)に帰ったのを今でも忘れません。

メニュー:500m×6セット

エイト:c水野 s藤田 7本藤 6鷹野 5木村 4木所 3古川 2仲尾 B関山

たーふじ


2012年8月22日 17時38分15秒 (Wed)

8/11〜12 オッ盾合宿 1stモーション

去る8月11日(土)、12日(日)に、オッ盾に向けた合宿を実施しました。今回は瀬田漕艇倶楽部より木所さん、木村さん、滋賀大経済のコーチ鷹野さんをお迎えしての合同練習でした。12日の隅田川レガッタを含めると4モーションの練習はなかなかハードでしたが、充実したものとなりました。

まずは第1モーションの報告から。

■1st モーション 8月11日 9:30〜12:30 場所:相模湖

男子エイト:C水野 S戸田 7平山 6鷹野 5木村 4木所 3古川 2相川 B本藤

女子エイト:C♀ S♀ 7芳賀 6野澤 5小林 4♀ 3朝長 2仲尾♂ B藤田♂ 

メニュー:1000m×3 レースレート

所見:私は慣れないバウサイドで漕いで、残りの2モーションにやや影響を残す腰痛を患ってしまいました。が、おそらく横浜漕艇では今シーズン初のエイトの並べをやり、ハンデを付けての並べでしたが、集中したいい練習ができたと思っています。

写真は男子メンバー練習終了後です。皆さんさわやかですね。平山くんのポーズは相変わらず謎ですが。

img_20120822-175449.jpg 

 img_20120822-175631.jpg

たーふじ 



ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数