劇団概要

◆田舎芝居わら座とは

 『田舎芝居わら座』は、1996年/平成8年に、群馬県利根郡片品村にて旗揚げし、年2回以内の公演や、地域の文化イベント、団体活動への参加・応援を主に活動している、個性あふれる芝居好きの仲間たちが集まったアマチュア劇団です。

 現在の代表である星野他数名が、仕事の関係で出会い、お互いの人生観や価値感に共鳴し共感し合って意気投合。交流の中で「家族や地域を思う心」「感謝する気持ち」「子ども達に伝えたい事」等を、地域の人々に発信し共有したいと話し合いました。ともに演劇に縁があり「ベッカンコおに」という民話劇を舞台化して伝えようと動き出したのが始まりです。
          
 その後、各所で上演を重ねて行く間に、賛同者・応援者を得て、おかげさまで、平成28年に創立20周年を迎えました。現在座員10数名と多数の座友を有し、高校生から中高年まで、幅広い年齢層が在籍しています。
 今後も多くの方々と共に活動の輪を広げていこうと、日々活動中の劇団です。


◆わら座の活動について

【内容】
 ・地域の暮らしと密着した会場で、子供や年配の方々にも楽しんでいただける、分かりやすい劇を上演する。
 ・地域や団体への、舞台や演劇に関してできる限りの援助をしていく。
 ・上記の目的を達成するためのあらゆる活動を行う。


【趣旨】
 ・舞台作りやその援助活動を通して、地域の皆さんや、各々の団体の方々との、コミュニケーションと楽しみの場を
  持ち、住民の皆さんの親睦に貢献する。



 【詳しい組織概要】
  
こちら(抜粋) をご参照ください。

◆主な練習場所・日時
    
 ・毎週水曜日 18:00〜22:00
 ・沼田市 おちあいしんぶん社屋 2F会議室ホール
  他)利根沼田文化会館、みなかみ町カルチャーセンター等、適宜


  見学希望・入座希望の方は、
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  事前に「お問合せ」よりご一報ください。