ハード・ロック・東京

 
当店はハードロックからブルースなど20000曲と喫茶・洋酒・洋食・煮込み料理を提供するカフェです、経堂以外の豪徳寺・千歳船橋・桜上水・下高井戸方面の方も経堂駅ご利用の際は是非お立ち寄りください、豪徳寺・千歳船橋・桜上水・下高井戸の地図はこのページの下にあるリンクをクリックしてください、ご来店お待ちしております

ハードロック・カフェバー(東京)の(洋楽)
当店の曲はハードロック・レゲー・ウエストコースト・AORです
 
ハードロック・カフェバー(東京) (ハードロックの歴史)
ハードロックに限らず、また全ロック分野だけに留まらず、ポピュラー音楽の発展はブルースとの関連抜きに語る事は不可能である。ブルースは広く知られている通り、そもそもは奴隷状態下に置かれたアメリカの黒人の労働歌鎮魂歌子守唄習俗を唄ったもの等に起源しており、これ故「簡素で分かりやすい形式」(I→IV →Vを基本形とする単純なドミナント進行)であり、またその境遇故に唄われる内容は少なからず、プロテストな色彩であった。ジャズもブルース起源であるが、こちらはブルースのもう1つの顔である「辛辣、痛烈な批判を物語り調にしたり、暗喩にして、ユーモアのオブラーで包みソフィスティケイトする」手法(奴隷であった彼らは、白人への不満を直接的に口にできなかったからである)の流れの方を強く汲んでおり、その後の発展に伴って随分と違う毛色になっている。また、アメリカに於いては、先にジャズが発展した影響からか、黒人のお膝元であったからか、ロックというストレートなものにはならずに、ロックンロールロカビリーという黒人音楽っぽさを色濃く残す形で発展した。1950年代は、フィフティーズ文化でも想像が付く通り、文化的にはアメリカが世界各国の若者の心を鷲掴みにしていた時代である。
より直接的な感情の発露の道具としてブルースの方が最適であった事から、ブルースを基調とする質実剛健でソリッドな音楽をやり出す者が次々現れ、イギリスではちょっとした「ブルース・ブーム」になった。これが、ハードロックを含むロックの原点である。ブルースから発展したロックンロール、ロカビリーが既に存在していたアメリカ社会にとれば、ブルースは「もう既によく知っている」「古い」音楽であり、しかも(この当時は今よりあからさまに黒人差別があったので)黒人音楽であるが故の偏見も手伝って、原点であるブルース回帰する流れは、一部のミュージシャンなどアンダーグラウンド的なものに留まった。
ロックはブルースから「簡素でわかりやすい形式」と「プロテスト的な色彩」とをストレートに受け継ではいるが、これを黒人文化には直接的に影響を受けていないイギリス人が再解釈したものであるので、アメリカのロックンロール、ロカビリーが半ば必然的に持っていた「跳ねるリズム感覚」(俗に「黒っぽさ」とも言われる)は希薄である。リズムが跳ねた感じになるのは、裏拍にアクセントが置かれているからである。クラシック音楽は、ロックと同様「表拍にアクセントがある」のを基本としており、イギリスはそもそもクラシック音楽文化圏であるから、ロックも跳ねないリズムが基本になったのであると考えられる。
「ハードロック」(ヘヴィロック)の起源とされるのは、1963年にデビューしたヤードバーズ1966年にデビューしたクリームジミ・ヘンドリックスが挙げられる。彼らは、ブルーズとロックを融合し、新しいスタイルを呈示してみせた。特に、ジミ・ヘンドリックスは、大音量でディストーションの掛かった音の先駆けとなった。
共通するのは歪んだギター、ベースのサウンド(ディストーション・サウンド)と「直情的な音表現」である(サウンドに関しては、後述「偶然が生んだサウンド」を参照)。後者をより具体的に表現するなら、チョーキングアーミングの使用である。誤解を避けるために更に補記すると、チョーキングとアーミングを使い出したのは、何もハードロックが最初ではない。ただ、例えばチャック・ベリーなどが用いたチョーキング、ベンチャーズが多用したアーミング、何れも「ユーモラスな」または「コミカルな」音ニュアンスを表現するもので、「肉感的」または「叫び声のよう」と評される事の多いロック系のそれとは明らかに趣を異にする。
1968年には、ジェフ・ベック・グループ(第一期)、レッド・ツェッペリンがデビューし、世界に衝撃を与える。1970年には、後にヘヴィメタルの教祖的存在となるブラック・サバスがデビュー。ディープ・パープルがハードロックに転向。1973年には、世界初の本格的女性ロッカー、スージー・クアトロがデビュー。ハードロックが世界を席巻するようになる。
日本でも、ハードロックはブリティッシュ・ロック勢の人気が圧倒的であった。これは、上記アーティストは全てイギリスからデビュー(ジミ・ヘンドリックスやスージー・クアトロはアメリカ国籍であるが、渡英して大成功した)している上、その後も暫く(1980年代に入るまで)は、ハードロックに於いてはイギリス勢の方が圧倒的に強く印象付けられたからである。1970年代に於いても、グランド・ファンク・レイルロードエアロスミスキッス等、ハードロックに分類される多くのバンドがアメリカからも出ているが、総じてこれらの音楽は単調で深みが足らず、人気があっても一流とは見なされない傾向が存在した。後に続いたボストンジャーニーTOTO等は、ポップで売れることを意識しすぎていたので、ロッキング・オン渋谷陽一はこれらを「亜流ロック」「産業ロック」などとネガティヴな表現で紹介する事が多かった(アメリカ出身のバンドの多くは当然ながら、イギリス経由の影響だけでなく、本国内で脈々と生き残っていたロックンロール、ロカビリー、またカントリー等からの直接影響も同時に受けているので、イギリスのロックとアメリカのロックを同じテーブルの上で語ろうとする事自体がそもそも誤りである、という指摘もある)。
1980年代初頭になると、ツインギターを売り物にしたナイト・レンジャーがデビュー、日本ではポップ性とハード性を兼ね備えたボン・ジョヴィのシングル曲「ランナウェイ」が大ヒットし、これを皮切りに、「アメリカン・ハードロック」が注目されるようになった。ァン・ヘイレンがアルバム「1984」でキーボードを多用しシングル曲「ジャンプ」が大ヒット。続いてラットやモトリー・クルーやドッケンやポイズンなど、ロサンゼルス出身のハードロックバンドが続々とメジャーとなり、ロサンゼルス以外のアメリカ出身であるシンデレラなども総じてLAメタルと呼んだ。一方で、デフ・レパードやホワイトスネイクなど、イギリス系のアーティストも上記のバンド以上にアメリカでヒットするなどし、ハードロックそのものが全盛を極めていた。
1980年代中頃になると、さらにアメリカから、アンスラックスメタリカのような、これまでとは違うスピード感と重圧感を売りにしたスラッシュメタルがブレイクした。
1980年代後半〜1990年初頭では、アコースティック・サウンドを取り入れたハードロックバンドであるガンズ・アンド・ローゼスが一世を風靡した。この頃、テスラやドッケン等、次々にアコースティックの楽曲を取り入れたバンドが続出した。

ハードロック・カフェバー(東京)(ハードロックのジャンル)
その頃、ドイツ勢からは、ハロウィンやガンマ・レイといった、スピードメタル/パワー・メタル、イギリス勢からはNWOBHM(ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)、ヨーロッパからは北欧メタルが出現し、現在では、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルには、次のような様々なジャンル分けがされることもある。
NWOBHM
アメリカン・プログレ・ハード
アリーナ・ロック
インダストリアル・メタル
オージー・ロック
ギターアルバムグラム・メタル
グラインドコア
グラム・ロック
グリッター・ロックゴシック・メタル
サザン・ロック
ストーナーロック
スピード・メタル
スラッジ
スラッシュ・メタル
デスメタル/ブラックメタル
デトロイト・ロック
ドゥーム
ネオ・クラシカル/様式美
ハードコア
ハードポップ
ハードロック
パワー・ポップ
パワー・メタル
パンク・メタル
ブギー・ロック
ブラック・メタル
プログレ・メタル
ヘアメタル
ヘヴィ・メタル
ヘヴィロック
ポップ・メタル
ミクスチャー/ニュー・メタル
メタル(UK)
ラウドロック
ラップ・メタル
ラップロック
北欧メタル
" style="font-weight:bold">
ハードロック・カフェバー(東京)の音楽リクエスト

ハードロックのお好きな方はぜひリクエストしてください。

ハードロック・カフェバー(東京)の曲数
milkboyの曲数は映像20000曲ありますその内10000曲がハードロックです

当店の近隣駅は経堂駅・豪徳寺駅・千歳船橋駅・桜上水駅・下高井戸駅です
自転車でのご来店は十分可能です飲み会などにご利用ください。
また徒歩で,学生さんが経堂駅から下高井戸まで通学されてます
豪徳寺・千歳船橋・桜上水・下高井戸・方面の方で経堂駅をご利用の際はせひお立ち寄り
ください。

当店の近隣駅とリンク先

経堂豪徳寺千歳船橋桜上水下高井戸
食べログエキテンyahooグルメホットペッパーgooグルメ
googleプレイスyahooロコぐるなび