地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

三校連合の部屋

2013年1月20日 20時45分28秒 (Sun)

海城学園古典芸能部の皆さんへ(芝学園落語研究部より)

13日(日)は貴重な機会をいただきありがとうございました。
折角落研をもつ高校が都内にあるのに、交流しないのはもったいな、と長年思い続けただけに、今回の交流会を首を長くしてまっていました。いや、ろくろっくびではないので本当に首が延びたわけではありませんが。

今回は海城さん、そして我々芝学園がネタを披露しましたが、
海城さんは創部8年目にしてあの出来映え、完成度…
まさに息を呑むような迫真極まる演技でありました。

「蒟蒻問答」「湯屋番」など、登場人物にうまくなりきって演技していたのが印象的で、とても面白く爆笑させてもらいました。

色物では「けんだまんだん」これはTVに登場すれば世間の注目を浴びるのではないかな?と思うくらい、新鮮で驚きのネタでした。

我々は、部長(三縁亭粗志)と私(三縁亭小羽急)のユニット「あかつき隊」の
漫才、そして部長の十八番「金明竹」を披露いたしました。
どちらもご満足頂けたようで、恐縮しております。

そして今回は拝見できなかった浦和高校さんのネタ、次回はぜひ拝見したいと思いました。

座談会では、海城さんのユーモアが炸裂し、かつとても有意義な会となりました。
特に、海城さんが戸山地区の児童館と積極的に交流を深め、ネタの披露を行っていること、小学生にも落語が理解され、そのウケがいいということを伺いました。
これで芝もようやく外にうって出るきっかけがつかめた気がします!

今回の交流会をスタートに、できれば月1回くらいのペースで会合を開き、互いに情報を共有したいと思いました。

最後に、会をまとめて下さった海城古典芸能部顧問の川崎先生に深く御礼を申し上げます。

芝学園落語研究部 三縁亭小羽急

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

アクセス数
ページビュー数