地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2012年08月 アーカイブ

2012年8月26日 11時41分05秒 (Sun)

合宿連絡

いよいよ28日から合宿開始ですね。
まだ、二名が要項とチケットを取りに来ていません。
至急、落語担当顧問までメールにてご連絡ください。
なお、今回の文化祭で初めて「落語の」高座にあがる部員は、
浴衣と帯をお忘れなく。
また、参加者全員、保険証のコピー(サイズは任意)も
お忘れなく。
今回は、28日に宿に行く前にホールで稽古です。
大幹部の生徒諸君は演じられるように準備しておいてください
(できれば浴衣のほうが「絵」になりますね)。

(落語担当顧問)

2012年8月20日 19時31分07秒 (Mon)

部誌の件

こんばんは。山口です。
夏休みももう後半、優秀な部員諸氏は既に課題を終わらせ悠々自適な日々を過ごされているかと存じます。

なのになぜ、私に原稿が届かないのか。

改めて連絡します。次号の部誌の原稿が完成し次第私こと山口のgmailまで送ってください。出来ればword形式がいいです。早めにお願いしますね。健闘を祈ります。

2012年8月11日 19時59分55秒 (Sat)

圓朝忌参加の記

圓朝忌参加の記画像 落語を活動の中心に据えている本校古典芸能部。
部の顧問ゆえに内外の方々から質問を受けることが少なくありません。
その中に、「落語の起源はいつなのですか?」があります。
これについては、先代の三遊亭圓楽師匠の談ですが、とお断りしたうえで、安土桃山時代の安楽庵策伝による「醒酔笑」であるとご紹介しております。
戦乱が明けた天下泰平の世には大衆の笑いが求められたことの現れなのでしょう。元禄以降、大衆芸能として完全に定着した落語は、幕末に登場した三遊亭圓朝師(通称「大圓朝」)によって爛熟いたしました。
圓朝師は、いわゆる“言文一致体”を完成させ、二葉亭四迷らに大きな影響を与えた方でもあります。
今日でも演じられ、また落語のみならず芝居にもかけられている「文七元結」、「牡丹燈籠」、「真景累ヶ淵」などは師の創作になります。
なるほど、“落語中興の祖”とされる所以でございましょう。
師は、天保10年旧暦の4月1日(1839年5月13日)のご誕生で、ご逝去は明治33年(1900年)8月11日とのこと。
この御命日を「圓朝忌」として、社団法人落語協会主催によるご法要が毎年、師の菩提寺である谷中全生庵にて営まれております。
この日は落語協会会長である柳家小三治師のご挨拶と、落語芸術協会会長の桂歌丸師のご挨拶がありました。その他、正月の上野鈴本もかくや、と思われる落語協会の大幹部の皆様が勢ぞろいされておりました。
さて、本年、部員有志により、創部以来初めてこの圓朝忌に参加してまいりました。
師のご遺徳を偲ぶ部員たち(写真)。
また、全生庵内には、「ムーランルージュ新宿座」支配人で、昭和21年11月2日に、本校戦後初の文化祭に同劇団を派遣下さり、ご公演に尽力頂いた佐々木千里先生も眠られております。
昨年、同劇団を調査、研究のテーマに選んだ本部の「ムーラン班」の生徒たちが同先生のご遺徳とご功績を偲びました。
この日の全生庵では、圓山応挙ゆかりの幽霊画展も開催されており、生徒たちは一様に感嘆の面持ちで見学しておりました。
全生庵を後にし、いわゆる「谷根千」を散策。
圓朝師にあやかり、“落語上達”を祈念した部員たち。いよいよ月末は南総での稽古合宿に入ります。
(落語担当顧問)

2012年8月9日 8時18分05秒 (Thu)

阿木翁助生誕百年祭

阿木翁助生誕百年祭画像 5日午後に、長野県上諏訪にて、「阿木翁助生誕100年記念祭」が行われ、
参加してきました。
この記念事業の一つとして、
映画「ムーランルージュの青春」が上映され、また、同作の監督で、
当部が大変お世話になっている田中重幸監督が阿木氏のご令嬢と、
トークショー(写真)を行いました。
観客は実に五百人余。
阿木氏のご当地における名士ぶり、そして田中監督製作の本作品に
寄せられた期待の大きさを物語っているといえましょう。

阿木翁助氏は、ムーランルージュ新宿座の作家として活躍。
代表作に「女中哀史」があります。後に、NTVの重役として活躍されました。
お孫さんのひとりはフジテレビアナウンサーとしてご活躍中の笠井信輔氏です。

                        (落語担当顧問)

2012年8月5日 0時13分16秒 (Sun)

夏期合宿詳細要項について

合宿参加の部員の皆様へ

今夏も部員の約半分が合宿に参加し、文化祭のための強化稽古に入りますが、
その詳細を狂言担当顧問が作成されました。
つきましては、その詳細要項を、

8月20日〜24日の、12時35分から12時55分までに数学科にて
落語担当顧問より配布します。

参加費を未納の生徒もそのときに納入願います。

もし、この期間に来れない合宿参加者は、

8月19日までに必ず、落語担当顧問までその旨のメールをください。
よろしくお願いします。

尚、11日は部の研修ですね。11日10時に東京メトロ千代田線の千駄木駅改札
集合です。念のため。


           (落語担当顧問)


アクセス数
ページビュー数