地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2011年11月 のアーカイブ

2011年11月26日 12時50分10秒 (Sat)

おすすめのクラシック音楽入門★モーツァルト:交響曲第40番

 天国の音楽として誰もが一度は耳にしたことがある名曲です。
   ↓
//www.youtube.com/watch?v=5e2f-GcvNk4


モーツァルトのかなしさは疾走する。

涙は追いつけない。


詩人の谷川俊太郎は「死ぬということはモーツァルトを聴けなくなることだ」と言っている。


あくまでも華麗に美しいメロディを聴いていると、読書も進みます。

頭がよくなるモーツァルト、という研究結果もあるぐらい。


それはともかくとして、クラシック入門としても最適です。

下記に紹介しているCDはモーツアルトの三大傑作交響曲が入っているとてもお得なCDです。

プレゼントとしてもいいかも。


★モーツァルト:交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」(アマゾン) 
   ↓
//www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G7PH/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★モーツァルト:交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」(楽天)
   ↓ 
//tinyurl.com/78rnp8e

 

 


2011年11月26日 11時49分04秒 (Sat)

3分で人生を変える言葉(科学者編)(63) 河合雅雄

 ●大脳新皮質が高度に発達した人間は、放っておいても自発的な知的好奇心を持つ動物だ。

だから、本来は子どもたちは勉強が好きなはず。

それが勉強嫌いになったというのは、教育方法に何か大きな欠陥があるということに他ならない。


          河合雅雄 (動物学者)

 


サルの研究で世界的な権威となった河合博士は、もともと「人を知る」ために「サルの研究」を始めたといいます。

難しいテーマであろうとも、その探究自体が面白くて努力を続ける。

これが一番、大切なことなのでしょう。


●『子どもと自然』
    ↓
//www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004301130/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


 


2011年11月26日 9時14分28秒 (Sat)

3秒で分かるビジネススキル (145) 【自分の時間を積極的につくるコツ】(1)

 ●1日の時間活用ノートを作ってみる

「時間がなくて」を口癖にしている人がいますが、そういう人は自分のスケジュールを見直す必要があります。

「10時 会議」「13時 来客」と、時間と用件だけを手帳に書いていませんか?

これでは1日の空白時間やムダ時間をつかむことができません。

A5版かB5版のノートを用意し、タテは起床から就寝まで1時間単位に区切り、ヨコは見開きに月曜日から日曜まで区切ります。

こうして用件を書きこむと、空き時間がいかに多いかが一目瞭然です。

そこに「来客」「ミーティング」と細かく埋めていけば、時間はいくらでも増やすことができます。

 

★一流の仕事術、一流の思考方法、一流の習慣術、一流の条件
//horaiichiryu.web.fc2.com/index.html


 


2011年11月26日 8時37分37秒 (Sat)

成功する方法(6)●欲しいものは、はっきりと伝える

 あなたは、自分の欲しいものを相手に要求することを恐れてはいないだろうか?

最も一般的な理由を挙げよう。

 

(1)「相手は私が何を求めているかをすでに知っているはずだから、私はそれを求めるべきではない」。

ある意味でこういう姿勢は立派ではあるが、不合理な考え方であり、失望以外に何も得られない。

 

(2)「弱みを見せることになるような気がする」

しかし、そのために、自分が助けを必要としていることを認めることができない。

 

(3)「欲を抑えることで人格が磨かれると思い込んでいる」

しかし、欲しいものを持たないことによって精神的に豊かになることはできない。

こういうバカげた考え方は「人生とは苦しいものだ」という考え方から来ているのかもしれない。

 

(4)「断られるのが怖い」

要求を断られるとプライドがひどく傷つき、無力感にさいなまれる。

 

以上の理由は、どれも正当性がない。

自分の要求が理にかなっているなら、堂々とそれを伝えよう。

自分の欲しいものをはっきりと伝えれば、相手は助けてくれるものだ。

 

【成功する法則】

自分の欲しいものを相手に要求することは、きわめて正当で、合理的だ。


■■■ 成功する方法・成功するコツ・成功する秘訣 ■■■
      ↓
//horaisuccess2.web.fc2.com/index.html

 

 


2011年11月26日 7時29分26秒 (Sat)

おすすめのビジネス書★プロフェッショナル原論

 ●「プロフェッショナル」とは、高度な知識と技術によってクライアントの依頼を適えるインディペンデントな職業だ。

業態はさまざまであっても、求められるのはたゆまぬ研鑽によって培われる技量であり、最高の結果を追求するこだわりである。

ますます複雑化・高度化するビジネス分野において、その仕事はさらに重要性を増している。

今こそプロフェッショナルのあるべき姿のとらえなおしが必要だ。

 

●若い人には本書を読んで、耳が痛いと感じたり、厳しすぎて辟易する人も多いかもしれないが、第一線で本当にバリバリやっている人が自然に従っている思考様式、行動様式を簡潔に示した本だと思う。

ノーブレス・オブリージュなどという言葉も、道徳心や公益と関わらせて理解しようとすると議論が複雑になるが、結局プロの条件とは、ともかく自分の仕事を水準以上の質で仕上げる、「結果を出す」ということに尽きる。

そういう観点から書かれた本である。本書ではプロの代表例として医者や弁護士が掲げられているが、こういう職種でも本書の精神で働いている人はごくわずかだろう。

しかしいわゆる成功者は、必要条件として必ず、多かれ少なかれ本書のような考え方を身に着けていることだろう。

 

●本書も自己啓発書の類に入るのかもしれないが、その手の本の著者は多くの場合自ら一つのプロフェッショナルの領域で成功した人ではない(まさに自己啓発ビジネスで成功してはいるのだろうが)。

本書はその意味で、文句のないプロそのものの成功者による貴重な本である。

とりわけ、専門職を目指す若い人に読んでいただきたい書物である。


●【アマゾン】プロフェッショナル原論
      ↓
//www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480063331/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●【楽天】プロフェッショナル原論
      ↓
//tinyurl.com/79uha7w

 

▼「本当に役立つビジネス書」のサイト
  ↓
//sites.google.com/site/osusumebzbook2/













ブログランキング





ホーライ
ネットをさまよっています。
架空の製薬会社を運営しています。
  ↓
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
アクセス数
ページビュー数