ブログ

2017年1月9日 9時44分51秒 (Mon)

怪盗紳士モンモランシー

『怪盗紳士モンモランシー』はスパイ小説であるが、一般的なスパイ小説とは趣が異なる。主人公が依存性薬物に手を出し、中毒になっているというみっともない状態である。薬物中毒者の心の弱さや禁断症状の恐ろしさが描かれる。物語の序盤は主人公の依存性治療の話になる。物語の後半に入っても薬物の誘惑に葛藤する主人公の弱さが描かれる。薬物問題は一過性の過去ではなく、ずっと直視していかなければならない問題である。
さらにモンモランシーは自らの過去を告白する。そこには無実の人に罪をなすりつけた恥ずべき過去が含まれており、それを聞いた人から思いっきり軽蔑される。過去の窃盗には目をつぶるが、卑怯者は許さないという悪なりの美学には一つの筋が通っている。
主人公を治療する医師も問題を抱えていた。本書は医療事故で始まる。手術する必要のない健康な人を手術して死なせてしまう(14頁)。その結果、医師は罪悪感を抱く。彼のように反省できる人ならば良いが、日本の医療過誤では、そのようには見えないことが問題である。この医者は自信喪失から回復した後にも職業倫理で悩まされる。

箱根でスリップ事故が起きました。

2017年1月7日 19時06分44秒 (Sat)

詐欺撲滅は東京都議選の争点

詐欺撲滅は東京都議選の争点#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙
詐欺撲滅は東京都議会議員選挙の争点の一つです。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは詐欺的商法です(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。

格差の再生産は社会構造によって格差が拡大することである。構造的に富める者が益々富み、貧しい者が益々貧しくなる。特に親の貧富が子の貧富に直結することである。
その都市への影響として住民の断絶がある。都市の一体性が損なわれ、一部地域がスラム化する。都市の一部が生産性の低い、非効率な状態になり、それが格差の再生産の原因になるという悪循環になる。
格差の再生産の解決策としては所得の再配分が先ず挙げられる。しかし、これは言われるほど単純ではない。日本では再配分後の方が格差が拡大していると指摘される。硬直的な給付は既得権を生んでしまう。
また、再配分は単純化すれば富者から取って貧者に渡すことであるが、一地域の首長という都知事の立場から考える場合、富者が居住地を変える可能性を考慮する必要がある。再配分政策が著しく非合理な場合は富者の流出になる。

2017年1月6日 19時52分27秒 (Fri)

土建利権は東京都議選の争点

土建利権は東京都議選の争点#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙
詐欺撲滅は東京都議会議員選挙の争点の一つです。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは詐欺的商法です(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。
土建利権は東京都議選の争点の一つです。開発は住環境を破壊します。土建屋は自社の利益のためにはモラルを平然と見棄てて顧みません。豊洲市場を受注した共同企業体の一社の東急建設は談合の常習犯です。
財政は逼迫して教育や福祉予算が削られています。大型開発は建設費や維持費で長年に渡って財政から莫大な支出を行うことになります。都民の生活を最優先にします。
悪徳業者を野放しにすると、もう一度同じことをするでしょう。つまるところ人としての良心を持っていません。それに尽きます。

[悪徳不動産]
Nuisance Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B01N3QVQCD/
Nuisance Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01N3QVQCD/

東京都江東区枝川で工場が火事になりました。
ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は5日、トヨタ自動車(Toyota Motor)にメキシコでの工場建設計画を撤回しなければ、重い輸入税を課すと警告した。

2017年1月4日 23時44分07秒 (Wed)

家康、江戸を建てる

#書評 #レビュー #歴史
何よりも大切なことは都民一人ひとりがFJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設に患わされずに安心して生活を送ることです。悪徳不動産業者は後代の恥になります。FJネクスト不買運動は真実らしく装ったりしない。ありのままを描く。

『家康、江戸を建てる』は現代の東京に通じる江戸の街を作った要素を技術に着目して語る歴史小説である。冒頭では江戸に将来性を見出だした徳川家康の先見性と人材抜擢の妙が描かれるが、主役は技術官僚や技術者達である。政治や戦争ばかりが歴史ではないことを示している。
技術官僚の果たした役割は大きいが、その名前はあまり知られていない。当時においても石高は低かった。しかし、そこに統治の妙がある。官僚は裏方に徹してこそ上手く回る。これは現代日本の官僚政治の行き詰まりから実感できるし、本書で言及されている大久保長安の驕りと死後の暗転が示している。技術官僚の分を越えた大久保長安の驕りは死後の悲惨さにつながった。
江戸幕府は各大名に江戸城の普請を命じた。これは大名間で競いあう形になったとされる。しかし、本書では自分の割り当て分しかやらないという発想ではなかったという描写がある。

2017年1月4日 17時47分20秒 (Wed)

FJネクスト迷惑電話

FJネクスト迷惑電話#FJネクスト不買運動 #ガーラ・グランディ木場不買運動 #FJネクスト反対運動
マンション投資の迷惑勧誘電話はフェアプレーとプライバシー保護の精神に反しています。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設があると食欲が失せます。最初から人の心を金でつかもうとする心根が汚らわしい上に話し方に虫酸が走ります。人格は業績と無関係のようでいて、評判に直結するものです。曖昧な論理が何頁にも渡ってひたすら続く収支計算書は何も語っていないに等しいものです。マンション投資は負ければ野垂れ死にして鳥の餌になります。

『家康、江戸を建てる』は現代の東京に通じる江戸の街を作った要素を技術に着目して語る歴史小説である。冒頭は江戸に将来性を見出だした徳川家康の先見性と人材抜擢の妙が描かれるが、主役は技術官僚や技術者達である。

[品質管理]
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/9 11時半
https://youtu.be/LMnUn0xUETM
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/13
https://youtu.be/2M_DEZfHCMY
FJネクスト1/14スラブ配筋工事
https://youtu.be/xric10dGBP4
林田力『東急コミュニティー解約記』
http://hayariki.kakuren-bo.com/hayariki/


プロフィール

プロフィール画像
名前
林田力
Name
Hayashida Riki
著書
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
著書
FJネクスト不買運動
著書
FJネクスト迷惑電話
著書
何故、空き家活用か
著書
ガーラ・グランディ木場迷惑
著書
佼成病院裁判
Twitter
@hayachikara
住所
東京都江東区

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]