地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2015年09月 のアーカイブ

2015年9月29日 7時40分45秒 (Tue)

FJネクスト反対運動

FJネクスト反対運動#不買運動 #マンション #悪徳商法 FJネクスト・ガーラ木場不買運動の動画がYouTubeに掲載された。BGMはカノンである。バロック音楽の代表とも言える曲である。ガーラ東麻布建築紛争の動画もある。 林田力『FJネクスト反対運動』は『FJネクスト迷惑電話』に続き、FJネクスト問題を取り上げる。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)はグランド・ガーラ門前仲町やガーラ・プレシャス木場、ガラ・ステーション木場、ガーラ・シティ東陽町などの物件があるが、マンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い。 赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は隣接地ギリギリに建設する非常識な高層マンションである。FJネクストは、消費者や住民と本質的に対立する存在である。迷惑勧誘電話や住環境破壊のFJネクストは市民の敵である。故にFJネクスト反対運動である。 FJネクストと教員・公務員・看護師 FJネクスト迷惑電話は社員の問題 FJネクストしつこい FJネクスト株主総会お土産に釣られるな FJネクスト年収に釣られるな グランド・ガーラ門前仲町不買運動 FJネクスト反対運動の幟旗が北千住に FJネクスト反対運動の幟旗が門前仲町に FJネクストと危険ドラッグ FJネクストと吉野健太郎 吉野健太郎と「しぇしぇしぇのしぇ」 山口組分裂と危険ドラッグ 希望のまち東京in東部第61回市民カフェ「育鵬社の教科書」 希望のまち東京in東部第62回市民カフェ「他地域との連携について」 戦争いやだ!市民青空フォーラム 戦争いやだ!市民青空フォーラム案内文 戦争法案ぶっ潰せ江東行動パレード第2弾 戦争法案ぶっ潰せ江東行動の国会前抗議行動参加 戦争いやだ!足立区民集会&パレード 戦争いやだ!足立区民集会&パレード案内文 山本太郎議員の葬式ごっこ 山本太郎議員の葬式ごっこは戦争法反対に有害 山本太郎議員の葬式ごっこは野党共闘に有害 葬式ごっこの山本太郎議員を厳重注意 『空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法』マンション投資はハイリスク 『消費社会論』 『未来派左翼(上)』 倉敷市本町の倉敷美観地区 書籍寄贈 【書名】FJネクスト反対運動/エフ・ジェー・ネクストハンタイウンドウ/Anti FJ Next 【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 【出版社】枕石堂/Makuraishido 東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。希望のまち東京in東部共同代表、都政わいわい勉強会in東部地区実行委員。他の著書に『二子玉川ライズ反対運動』シリーズ、『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『危険ドラッグは風俗を乱す』『FJネクスト迷惑電話』など。 Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."

2015年9月28日 7時46分31秒 (Mon)

あの日見た花の名前を

あの日見た花の名前を#アニメ #ドラマ #レビュー #review 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(あの花)はアニメ作品である。テレビドラマにもなった。泣ける感動作である。 舞台は秩父で、聖地にもなった。子どもの頃の秘密基地が高校生になっても残っていることが素晴らしい。今の日本には、その余裕もない。開発ばかりの現代日本では成り立ちにくい。マンションばかりバカスカと建てられる。FJネクストの投資用ワンルームマンションのように需要がないのに迷惑勧誘電話で押し売りするために無駄なマンションが建てられてしまう。 キャラクターが皆、過去の後悔を大切に抱えている。前に進むばかりの非歴史的な日本人ではない点が感動の要素だろう。 アニメは若い世代向けであるが、本作品は娘を亡くした親の気持ちも丁寧に描いている。友達を亡くすことと娘を亡くすことは立場が異なる。安易に皆で一緒に悼むとせずに、対立する感情を描いている。

2015年9月27日 18時20分14秒 (Sun)

FJネクスト反対運動の幟旗が門前仲町に

FJネクスト反対運動の幟旗が門前仲町にFJネクスト反対運動の幟旗が東陽公園に登場した。幟旗は緑の背景に白地で「エフ・ジェー・ネクスト!住民無視のワンルーム大反対!」と書いてある。FJネクスト反対運動の幟旗は、赤羽橋のガーラ東麻布反対運動の幟旗がオリジナルである。FJネクスト反対運動の幟旗は戦争法案ぶっ潰せ江東行動パレード第二弾に参加した。FJネクスト反対運動の幟旗は永代通りを西に進み、門前仲町まで行った。臨海公園で解散した。 FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)はマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い。消費者がFJネクスト迷惑勧誘電話に何故ほんの僅かでも付き合わなければならないのか。「FJネクスト迷惑電話」や「FJネクストしつこい」で検索すれば迷惑電話被害が次々と出てくる。 FJネクストが迷惑勧誘電話を繰り返す企業であることは、またたく間にソーシャルメディアに広まる。グランド・ガーラ門前仲町やガーラ・プレシャス木場、ガラ・ステーション木場、ガーラ・シティ東陽町、ガーラ・グランディ東陽町などガーラマンションの評価を下げている。 オレオレ詐欺に対して「孔明の罠」と啓発するポスターが話題になったが、FJネクスト営業電話も罠である。マンション購入者はカモという表現さえある。「企業にとっては、消費者が物やサービスを買ってくれさえすればいいのであり、その後どんなことが起ころうと、あまり関心はない」(間々田孝夫『消費社会論』有斐閣、2000年、42頁) http://www.hayariki.net/home/fjnext150905.html FJネクストは赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事で住環境を破壊する。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は境界線ギリギリに建築する非常識なマンションである。戸建て住宅と高層ワンルームマンションのバランスはあまりにも悪く、乱開発である。FJネクスト反対運動は一人一人がFJネクスト問題に向き合うことを語りかける。私は誰かの犠牲の上に自分が利益を得ることはしたくない。だからFJネクスト反対運動である。 FJネクストの行動原理はますますもって支離滅裂かつ混迷な惨状を呈しつつある。FJネクストは住民説明会で狂気の沙汰としか思えない思考を口端に上らせた。わざわざ暴言を吐いて無用な敵を作り出すFJネクストと近隣対策屋CAST-UDには外交的なセンスというものが欠片たりとも見出せない。FJネクストは一般人の目から見れば十分に異常である。住民説明会で恫喝するなど手段を選ばないFJネクストは許せない。FJネクストに、あってはならぬ悪を見た。吹き荒ぶ夜風とて、FJネクスト被害者の心の澱を払い去ることはできない。 https://sites.google.com/site/boycottfjnext/

2015年9月26日 14時55分14秒 (Sat)

未来派左翼・上巻

未来派左翼・上巻アントニオ・ネグリ著『未来派左翼・上巻、グローバル民主主義の可能性をさぐる』(NHK出版)は左翼の衰退の理由を明らかにし、新たな方向性を提示する。左翼教条主義に辟易する立場として納得できる記述が多い。 本書は、社会主義を「資本主義が国家主義的に変容を遂げただけ」と指摘する。左翼の指導者は経営者になりたいだけであると。私企業の経営者になるわけにいかないので公営企業の経営者になったと。73頁。 中央集権型の官僚支配の社会主義ではなく、下からの共同を志向する。公ではなく、共を志向する。共とすべきものを国家所有としてしまったことが間違いであったと。この姿勢には賛同する。 本書は、左翼が迷信にこっそり目配せし続けると批判する。76頁。たとえばゲノム計画に反対するために「私は神の被造物だから」との主張を挙げる。これは日本では原発に反対するために福島が放射能で汚染されて人が住めない土地でないと困るとする放射脳カルトに重なる(林田力『放射脳カルトと貧困ビジネス』アマゾンKindle)。 FJネクストのガーラ木場新築工事は住環境を破壊する(林田力『ガーラ木場不買』アマゾンKindle)。戸建て住宅と高層ワンルームマンションのバランスはあまりにも悪く、乱開発である。

2015年9月26日 12時58分00秒 (Sat)

山本太郎議員が陳謝

葬式ごっこの山本太郎参議院議員が参議院議長から厳重注意を受け、陳謝した。天皇直訴事件と同じ流れであるが、この男には信念がないのか。私は山本太郎議員の葬式ごっこをイジメに重なるとして批判する立場である。しかし、あえて葬式ごっこをするからには、それなりの覚悟をもって行った筈である。簡単に陳謝することは理解できない。
必死に擁護していた山本太郎シンパが滑稽である。自民党の葬式ではなく、民主主義・立憲主義の葬式であると無理な主張で正当化する主張さえあった。山本太郎を悪く言うことは冒涜的であるという雰囲気さえ漂わせている。
山本太郎議員の葬式ごっこはイジメと重なる。自民党の葬式ごっこは公党への侮辱である。これに対して民主主義の葬式と解釈するならば、これらの批判に当てはまらなくなる。自民党の葬式を痛快と評する下劣な感性よりも、はるかに洗練されている。しかし、山本太郎議員本人が自民党の葬式であると述べている。従って民主主義の葬式論は山本太郎擁護論としては無理がある。


プロフィール

プロフィール画像
名前
林田力
Name
Hayashida Riki
著書
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
著書
FJネクスト不買運動
著書
FJネクスト迷惑電話
著書
何故、空き家活用か
著書
ガーラ・グランディ木場迷惑
著書
佼成病院裁判
Twitter
@hayachikara
住所
東京都江東区

ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数