地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2014年12月 のアーカイブ

2014年12月31日 20時09分59秒 (Wed)

林田力書評・尊厳死

#尊厳死 #安楽死 #読書感想 #本
本年はお世話になりました。来年も宜しくお願いします。
デイヴィッド・ロスマン著、酒井忠昭訳『医療倫理の夜明け・臓器移植・延命治療・死ぬ権利をめぐって』は米国の医学ノンフィクションである。人体実験など数々の医療事件を通して医療倫理が確立されていく歴史を明らかにする。
本書の有意義な点は医療倫理の問題を人体実験から紐解いていることである。人体実験が悪であることは、ブラック企業やブラック士業が悪であることと同じくらい明白である。今日の医療倫理で議論になる問題は尊厳死であるが、人体実験の問題に立ち返れば他人の思いや都合で死なせることを尊厳死と正当化できない。本書では医者を悩ませる問題として「父親を生かしていた人工呼吸器を家族がはずし、つなぎなおそうとした病院の職員を物理的に妨害した」事件が起訴されなかったことを挙げる(360頁)。これも一部の家族の都合ではなく、患者本位で考えるべきだろう。
著者は「医療に直接関与する歴史学者」という文系と理系が峻別されがちな日本ではユニークな立場である。本書の最後で「医学教育に人文科学をとりいれることで医師たちは人間らしくなるだろう」と主張する(362頁)。著者の立場が反映された主張である。

中島みち『尊厳死に尊厳はあるか』(岩波書店)は尊厳死とされるものの恐るべき杜撰な実態を明らかにし、日本の終末期医療に真に求められているものを明らかにする新書である。本書を出版した直接の契機は富山県の射水市民病院で入院中の末期患者七人の人工呼吸器が取り外され、死亡した事件である。
尊厳死が「周りの都合で行われる安易ないのちの切り捨て」になる危険性に警鐘を鳴らしている。いわゆる尊厳死とかんがえられているものには患者の尊厳を損ない、患者を苦しめて殺すだけのものもある。この問題を放置すれば、早く死なせたいから治療を中止する者も出てくるだろう。
//sites.google.com/site/lawliberalarts/

2014年12月31日 18時36分11秒 (Wed)

林田力書評・リバーシブルマン

#マンガ #漫画 #読書 #本が好き
『リバーシブルマン』はホラー漫画である。現代日本を舞台とするが、ウラガエリという奇病が広がっている。自分の欲望にばかり忠実で、倫理観や正義感が欠如している。これはまさに実在のブラック企業や貧困ビジネスの経営者、ブラック士業、危険ドラッグ(脱法ハーブ売人)などを連想させる。
第1巻はウラガエリとウラガエリを殲滅する側の善悪が明確であり、主人公サイドに感情移入しやすい。これに対して第2巻以降のテミスは難しい。常軌を逸していることは確かであるが、一方的に非難できない。物語としては深みが増したと言うべきだろうか。

林田力『ブラック企業・ブラック士業』(アマゾンKindle)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げた電子書籍である。ブラック士業の強欲には首をかしげる。ブラック士業は暴力的で報復を好む性質がある。ブラック士業は癇癪や嫉妬を爆発させる点で不安定であった。ブラック士業には多少なりとも常識というものを叩き込まなければダメである。自分がどれ程馬鹿であったか。

2014年12月31日 16時51分18秒 (Wed)

林田力・天成園レビュー

#箱根 #希望のまち東京in東部 #温泉 #レビュー
希望のまち東京in東部温泉部は大晦日の日に神奈川県箱根町の箱根湯本温泉・天成園に行った。温泉企画は6回目である。過去の希望のまち東京in東部そうだ温泉に行こう企画の中で最も良いとの声も出た。健康ランドとは趣が異なる。建物も風呂も広々としている。日曜日にはランチバイキングもしている。東京都から車ならば2時間弱で来れる。雪が降っている時に屋上の露天風呂は気持ちいいのではないか。
箱根駅伝直前ということで、箱根駅伝の幟や垂れ幕が町の随所にあった。箱根湯本駅前の土産物屋で白子とカマボコを購入した。
天成園は箱根湯本駅からは距離がある。同業者との競争場不利であるが、逆に日常との隔絶を求める向きには良い。スタッフは「おもてなし」精神に溢れていた。入浴後にラウンジでチーズケーキとミルクティーのケーキセットを食べた。買い物はロッカーの鍵のバーコードに記録し、最後に清算するため、財布を持ち歩かなくて良い。
天成園は温泉旅館であるが、日帰りコースもある。パンフレットは英語版、韓国語版、中国語簡体字版、台湾香港版が用意されており、国際観光客で成り立っていることを物語る。実際、利用客に外国人は少なくなかった。
玉簾神社と玉簾の瀧がある。玉簾神社は江戸時代に創建された。与謝野晶子が歌を詠んでいる。
玉簾の瀧は幾筋にも分かれた水が玉簾のように美しく散って落ちる。
温泉は最上階にある。露天風呂は自然の中であり、迫力がある。この日は晴れていたため問題ないが、露天風呂には屋根があるものもあり、全天候型である。石風呂は源泉かけ流しである。露天風呂は体の芯から温まり、この寒い季節でありながら、外気に触れることが心地よくなる。
サウナは通常のサウナとミストサウナがある。通常のサウナにはテレビがある。

2014年12月31日 13時31分52秒 (Wed)

林田力・ブラック士業

#Amazon #Kindle #書籍 #電子書籍
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(アマゾンKindle)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げた電子書籍である。ブラック士業は筋の通った考え方をしない。ブラック士業は愚かで無分別である。ブラック士業の口は歪んで憎悪の笑みを浮かべ、目には狂った残忍な光があった。ブラック士業被害者は気分が塞いでいた。胃がむかついて虚ろな感じがした。体が震え、全身を氷のような戦慄が走って骨まで冷えきってしまった。体がゾクゾクして、発熱したように手足が小刻みに震えた。

2014年12月30日 22時25分36秒 (Tue)

東急不動産だまし売りはダメよ〜ダメダメ

日本エレキテル連合のギャグ「ダメよ〜ダメダメ」が「2014ユーキャン新語・流行語大賞」年間大賞に選ばれた。東急不動産だまし売りはダメよ〜ダメダメ。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産はダメよ〜ダメダメ。

東急リバブル東急不動産は自社がすべき説明義務を怠った。だまし売りによるマンション販売は不動産営業として自分が無能と証明したことに等しい。東急不動産だまし売りのゴマカシが消費者に通用すると考えていた東急リバブル東急不動産の思い違いは深刻である。東急リバブル東急不動産の取引は透明には程遠い。

東急リバブル東急不動産は不誠実である。驚くに値しない真実である。東急リバブル東急不動産の消費者対応は一方的なものである。東急リバブル東急不動産は不都合な事実に蓋をし、消費者との緊張を高めるばかりである。

東急不動産だまし売りは居直り強盗の論理である。東急不動産だまし売りは消費者の生活を破壊する。東急不動産だまし売りは人の心をかき乱す。東急不動産だまし売りを許せば不健全な経済になる。東急不動産だまし売りは不愉快な悪夢である。東急不動産だまし売りは容赦がない。東急不動産だまし売りは救われない。東急不動産だまし売りは絶対に許されない。
//tokyufubai.bakufu.org/
東急不動産だまし売りは消費者の権利を根こそぎ破壊する。東急リバブル東急不動産は消費者の権利確立の時計の針を逆転させようとしている。東急不動産だまし売りは消費者の記憶に刻まれている決して忘れることのできない痛みの歴史である。東急リバブル東急不動産が消費者に与えてきたものは、恐怖と犠牲だけであった。東急不動産だまし売りとの共存は絶対にできない。
Amazon.com: Black Corporation and Leftist Dogmatism (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
//www.amazon.com/dp/B00RCJI3SS
Amazon.co.jp: 江東区の衆院選 eBook: 林田力: Kindleストア
//www.amazon.co.jp/dp/B00R9PCNBI


プロフィール

プロフィール画像
名前
林田力
Name
Hayashida Riki
著書
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
著書
FJネクスト不買運動
著書
FJネクスト迷惑電話
著書
何故、空き家活用か
著書
ガーラ・グランディ木場迷惑
著書
佼成病院裁判
Twitter
@hayachikara
住所
東京都江東区

ブログ

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アクセス数
ページビュー数