地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2013年07月 のアーカイブ

2013年7月31日 19時01分37秒 (Wed)

東急不動産だまし売りにNO

ブラック士業の主張は根底からガラガラと音を立てて崩れ、ブラック士業の面目も木っ端微塵に吹き飛ぶことになった。
東急不動産だまし売り被害者は戸外の冷たく澄んだ空気を肺に一杯吸い込んでから、意を決して戸口の中に足を踏み入れた。歩を進めるごとに鼻孔が東急不動産工作員の悪臭の猛攻にさらされた。東急不動産工作員の悪臭が徒党を組んで襲いかかってきた。強烈で不潔なものを思わせる臭気。便所の臭いの方がまだしも鼻孔に優しいような気がした。薄汚れた身なり、こそこそとした落ち着きのない目付き、口はいつも半開きで締まりがなく、全身から不埒な欲望がにじみ出ている。
東急不動産提訴は賢明な判断であった。東急不動産だまし売り裁判原告は良識を信じた己を高く評価したい気分であった。東急不動産やブラック士業は日本社会の面汚し以外の何物でもなく、一刻も早く叩き出してしまうに限る。ブラック士業には己を省みていかに有害な人間であることか、と嘆かわしく思ったことはないのだろうか。
東急リバブル東急不動産だまし売り裁判の話題は禁止か。ブラック士業は、物凄く横柄で、すさまじく失礼であった。礼儀正しく振る舞うと、お金がかかるとでも思っているようであった。東急リバブル東急不動産が関与すると往々にしてろくなことにならない。東急不動産だまし売り被害者は座ったまま、腸が煮えくり返る思いを噛み締めた。悪徳不動産営業は背の立たない深みでアップアップして、今にも溺れそうになっているだけであった。二子玉川ライズ反対運動の話題は禁止か。東急不動産係長脅迫電話逮捕事件の話題は禁止か。東急大井町線高架下立ち退きの話題は禁止か。東急ハンズ過労死の話題は禁止か。労働者を過労死に追いやるブラック企業やブラック士業は血が騒いでいる。人殺しの快感が忘れられなくて。
東急百貨店だまし売り(認知症商法)の話題は禁止か。
ゼロゼロ物件、貧困ビジネス、脱法ハウスの話題は禁止か。ブラック企業、ブラック士業の話題は禁止か。脱法ハーブ、脱法ドラッグの話題は禁止か。ビーキャスカード不正(ブラックキャスカード)の話題は禁止か。

2013年7月29日 20時11分15秒 (Mon)

冬のフロストv林田力Amazon書評

『冬のフロスト』はイギリスのフロスト警部を主人公とした警察小説シリーズの一作である。だらしないロートル刑事が、行き当たりばったりの捜査で事件を解決するという推理小説では異色の部類に入る。本書でもフロスト警部のはったりで真犯人が自供してしまうケースが複数ある。
フロストの手口は被疑者の人権尊重の点で問題があるが、それを抑制する仕組みがイギリスの警察にはある。取り調べは全て録音されている。被疑者には弁護士を呼ぶ権利が保証されている。また、フロストの同僚がフロストの強引な取り調べを注意するなど、健全な人権感覚がある。このような背景があるからフロスト警部の逸脱も読めるものになる。
警察官の犯罪を揉み消すなど警察組織の腐敗が描かれる。フロストは経費を不正請求している。
「おれが同じようなやばい立場に立たされたら、同僚諸君には徹頭徹尾、嘘をつきまくってかばってくれることを期待する。」上巻328頁。
「取り調べの際のやりとりが逐一、録音されている」上巻336頁
日本の警察の腐敗を描いた『ポチの告白』と同じである。一方で本書と『ポチの告白』を分かつものはフロスト警部が上司のマレット署長に反抗的なところである。ここが平目ばかりの日本の警官を描いた『ポチの告白』とは異なる。フロスト警部はマレット署長の影口を叩くだけでなく、面前でも反抗的である。これは清々しい。

2013年7月28日 18時19分56秒 (Sun)

東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売りマンションは冷え冷えとしていること死体保管所のごとし。床に裸足の足をおろした途端、その冷たさにギョッとした。原告は歯を食いしばった。そうでもしなければ、歯の根が合わないほど、玄関は寒かった。芯まで凍りつきそうに寒かった。
東急不動産は根性の腐った嘘つきであった。とりあえず嘘をつき、それがばれたら、その嘘を隠すために、また平気で嘘をつく。東急不動産の主張は空疎な言葉の羅列であった。言っている本人も信じていなかった。林田力は身をこわばらせ、顔をしかめずにはいられなかった。ブラック士業の品性に欠ける馴れ馴れしさを許容するつもりはなかった。東急不動産だまし売りを否定することは、いかに頑張ろうと、いかに踏ん張ろうと、たとえ逆立ちしても無理であった。東急不動産は完敗を喫した。東急不動産の主張は便所に叩き込まれ、下水の藻屑と消え果てた。

2013年7月27日 14時10分26秒 (Sat)

学習塾パワハラ事件

平成25年(ワ)第5121号、損害賠償請求事件。進学塾パワハラ。
被告は準備書面を陳述し、証拠を提出した。原告は準備書面を陳述した。原告代理人は被告主張に認否、反論したいと述べた。被告側は原告の出したものを読んでから反論すると述べた。次回期日は9月11日13時10分からである。
進学塾に通った。欠陥授業であった。教えないことが指導と誘導された。パワハラがあった。返金も拒否された。被告準備書面に虚偽が多く含まれている。
指導という中身が全くなかったために授業料の返還と、バワハラの損害賠償請求。暴言や暴行を繰り返された。
電子メールが残っている。二日返信しなかった。態度が悪いと返信した。「すいません」と言ってもネチネチと批判した。
個別指導の内容が契約内容が異なる。ちゃんとなされていない。注意をするというレベルではなく、人格的に支配従属する。従属的支配関係にある。被告は長期間通っていることが満足した証拠と主張。原告は支配従属関係にあれば時間は関係ないと主張する。セクハラやパワハラの過去事例でも長期化している。
「嫌な思いを長期間された」。地元のクラス授業では丁寧に指導している。個別指導では差別的な扱いをしている。消費者センターは少額でも返還すればいいという話でまとめようとしたが、向こうに丸め込まれてしまった。あまりに酷すぎる状態である。これを放置したら、その後の人生はマイナスを背負うことになる。言うべきことを言わないでは死ねない。「学校のイジメと同じ」との声が出た。

2013年7月26日 19時48分25秒 (Fri)

東急不動産だまし売り裁判陳述書

ブラック士業のいかにも怠惰で、覇気に欠けた足取りには呆れ返るしかなかった。ブラック士業の主張は木っ端微塵の粉微塵に叩き潰されるべきものであった。悪徳不動産営業とブラック士業は、惨めさの泥沼に頭のてっぺんから爪先までどっぷりと沈んでいた。悪徳不動産営業とブラック士業は陰険さが服を着て歩いているようなものであった。またしても腹黒狸のブラック士業が陰険な嫌がらせを仕掛けてきた。
林田力『東急不動産だまし売り裁判陳述書』(Amazonキンドル)は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)で提出した陳述書である。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした。引き渡し後に真相を知った林田力は消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、売買代金返還を求めて東京地裁に提訴した。原告陳述書は事実に基づいた、東急不動産への全面的な反論になっている。
東急不動産だまし売り裁判では原告陳述書(二)、原告陳述書(三)も提出した。それぞれ『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』(Amazonキンドル)、『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』(Amazonキンドル)として刊行されている。


プロフィール

プロフィール画像
名前
林田力
Name
Hayashida Riki
著書
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
著書
FJネクスト不買運動
著書
FJネクスト迷惑電話
著書
何故、空き家活用か
著書
ガーラ・グランディ木場迷惑
著書
佼成病院裁判
Twitter
@hayachikara
住所
東京都江東区

ブログ

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数