地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

心霊スポット探索 県北部の謎の言伝え

今回は県北部に存在する謎の言伝えについて探索しました
場所は岡山県と鳥取県との県境に位置すると思われます。
ここではその昔謎の宗教が存在していたようで毎月一回ある
儀式が行われていたと伝わっています
現在でもその儀式が行われたであろう場所がいくつか存在
しているようです、又 心霊的な情報もいくつか在るようで今回
それぞれの確認・探索を行うことにしました。
現地へは途中道に迷ったりしながらやっとたどり着いた時には
深夜を完全に過ぎてしまい夜が明ける前に探索を完了したかっ
たのでそうそうと探索の開始をしました。



集落を少し抜けた場所に山に通じる荒れ果てた山道が現れます
この山道を登って行くと儀式などが行われていた場所が在るよう
です、まずは車で行けるところまで行って見ることにします。





画像では普通のアスファルトの道に写っていますが現実はかなり
荒れた状態です、又 周りには野生の動物も存在しているようで鹿
のような動物を何頭か見ました。





山道を進んでいた時に黄色い光のような物が浮遊していたので
一応シャツターをきりましたが写真には写っていないようです。





山道をゆっくり登っていると明らかに人の手で建てたような謎の石塔
が建てられていました写真には写っていませんが近くで確認したとこ
ろ意味不明の文字が刻まれていました、かなり風化しているようで何
を書いているのかは判りませんでした。




ここからは自動車で走れる道幅ではないため徒歩にて上ることに
しました しかしかなり緊張が走ります。





徒歩にて上っていると以前建物が在ったのであろう場所が現れまし
た しかしこのような場所に何のための物で在ったかは不明である





謎の建物跡からしばらく上ると道らしき物が段々と消えていっている
のです しかしここまで来て引返す分けにはいかずこのまま進むこと
にしました。
しかし周りはやけに静まりかえっていて不気味さを増していきます




道なき道を進んで行っていると又最初に目撃した謎の光が浮遊して
いるのが見えたので慌ててシャツターを押しましたオーブの横に謎の
光が浮遊していますが皆さんにはどのように見えるでしょうか?





しばらく歩いていると又道が突然現れましたしかし車が通れる幅では
無いようです。




枯れ枝を集めたような場所がところどころ確認できました今でも枯れ
枝を集めて風呂や釜戸などの焚き物にでもしているのか?





かなり山の山頂まで上ったとこらへんでみような異変が起きました林
の奥の方から人が歩くような音がするので山のふもと住人がいるのか
と思い音のした方向をライトで照らしたが人のような姿の確認ができ
ません・・・もしかすると野生の動物だったのかは不明である。
写真にはやたらオーブが写りこんでいます。





考えていてもらちがあかないので再び上っていると前方に何かあります
写真には遠すぎて写っていませんが肉眼ではかすかに見えます。





突然何かの慰霊碑が建てられています周りは手入れされているようで
ふもとの住人の手によって管理されているようです。
しかしこんな山深いところに何の為なのかは謎です





慰霊碑から少し右上に獣道のようなものが在ったので上ってみると公衆
トイレのような建物が在りました建物前の木にはお札が張ってあります
トイレ内部に入ってみようと思ったのですが何かとてつもなく嫌な感覚が
あり内部潜入はやめておくことに判断しました。

サイトを診ている方には腹ただしいと思われるかもしれませんがどうか
誤配良願いたい。





慰霊碑から先には道が存在しておらずここからは道無き道を進むしか
無いようである、私がここへ来る前の情報ではここの山のどこかに謎の
祠と鳥居が存在しておりそこの祠の前に女性の霊が現れると言うことな
のでその存在の確認が出来るまでは帰れないと言う気持ちで道無きと
ころを突き進むことにした。





竹林の中を突き進むこと30分目の前に何か白い山のような物が見えて
きましたいったい何なのか?





なんと白い山の正体は不法投棄によるごみの山だったのです
しかしその量は半端ではありません





ゴミに混じって異臭も漂っています・・・このおびただしいオーブは何を
物語っているのか。





写真2枚目・・・オーブの数が半端ではありません。





不法投棄の場所からさらに進むと突然開けた場所に出ましたが何故かトラ
ロープが張られているのですがそのまま進むことにしましたなぜなら時計が
午前三時三十分を過ぎていたので夜が明けるまでは車を放置した場所まで
戻りたかったので体が勝手に進むような気持ちになりとにかく歩きます。





トラロープを頼りに突き進むこと約十五分かすかな明かりの向こうに何か建
物らしいものが確認できます。





これが聞いていた祠なのか・・・確かに納屋・ポートの横に鳥居が存在してい
るのが確認できます。





祠の横に鳥居・・・確かに話通りではあるようです、ここの前辺りに女性の霊
が目撃されると言うのですが





しかし何のために建てられた祠・鳥居なのか不明である一昔前に存在した
謎の儀式の跡なのかは不明のままです。





その後一旦山を下山して車を放置した場所まで戻り帰地につきました
車を放置した場所へ戻った時にはすっかり夜が明けていたのは言うま
でもありませんでした。





まとめ
今回は自動車で現地まで行くことが出来ずかなりの時間ロスを虐げられました
結局のところ謎の儀式・宗教などについては不明のままですが一昔前になんらか
の儀式事が行われていたのは間違いないように思われましたまだまだ謎の部分
が多く存在しているように思われました。



戻る   www5.hp-ez.com/hp/gurouman/page14




























アクセス数
ページビュー数