地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

棋士ニュース




村川大介王座獲得!!

村川大介七段が、王座のタイトルを獲得しました。
おめでとうございます!!



第36期棋聖戦第4局

現地大盤解説会

解説者 山田規三生九段     聞き手 石井茜二段

詳しくはこちら ↓
http://blog.goo.ne.jp/osakaigo/e/e077c3f49b7ef7e285a4381b9510e72e



NHKBS解説

BSプレミアム
(1) 2月15日(水)
  午前9:00〜9:30
(2) 2月15日(水)
  午後5:00〜6:00
(3) 2月16日(木)
  午前9:00〜9:30
(4) 2月16日(木)
  午後4:00〜6:00
「速報!囲碁棋聖戦 第四局」
(5) 2月16日(木)
  午後9:50〜10:00

解説者 横田茂昭九段    聞き手 長島梢恵二段

詳しくはこちら ↓
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/titlematch/


プロ棋士ペア碁選手権2012

一回戦〜準決勝  1月21日(土)

公式サイトはこちら

http://www.pairgo.or.jp/pro/
 
  
結城聡九段瀬戸大樹七段が出場します!!

出場棋士はこちら

http://www.pairgo.or.jp/pro/2012/players.htm


 決勝進出

吉原由香里五段 結城聡九段 ペア
 



第36期棋聖戦七番勝負第一局☆大盤解説会

2012年1月12日(木)13日(金)

張 栩棋聖  VS  高尾紳路九段

https://ssl.nihonkiin.or.jp/36th-kisei/



         
横田茂昭九段     田村千明二段

詳細はこちら

http://www.nihonkiin.or.jp/news/2012/01/111214.html

 


NHK杯テレビ囲碁トーナメント

http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/gotou/

12月4日(日)

3回戦第一局
張栩棋聖 VS 今村俊也九段

解説 結城聡九段


12月25日(日)

3回戦第四局
結城聡九段 VS 王銘琬九段

解説 今村俊也九段
 


第8回寝屋川囲碁将棋まつり

http://www.igoshogineyagawa.org/

参加棋士(囲碁)
      
森山直棋九段  勝間史朗七段  古家正大四段  田村千明二段

      
石井茜 二段  谷口徹 初段  清成真央初段  佐藤洋平初段


開催日:2011年11月20日(日)

場所:寝屋川市駅デッキ下、駅前アドバンス2号館(駅前ビル)
参加者:1000名

スケジュール(*参加者は、すべて当日受付となります。) 時間 予定
9:30 受付開始
10:00 開会式およびイベント運営の説明
10:30 各会場にわかれてイベント開始
各種大会(10:30〜16:30)
レディース交流会(10:45〜12:15)
初心者講座(10:45〜12:00)(12:45〜13:55)
指導碁・指導将棋(10:45〜12:15)(13:00〜14:30)(14:50〜16:20)

ステージイベント

13:00〜 囲碁9路盤大会
           13:50〜 囲碁公開対局   勝間史郎7段VS古家正大四段
15:10 将棋公開対局
16:30 閉会式および表彰式
17:00 全競技終了(写真撮影会)

(*11月16日までにお電話またはメールにてお申し込みください。)
囲碁将棋の街寝屋川で囲碁将棋を楽しんでください。

囲碁将棋の街寝屋川ネットワーク事務局
お問い合わせ:072-835-1256(JCカルチャー内)
ウェブ:http://www.igoshogineyagawa.org
メール:info@igoshogineyagawa.org

 


天元戦第三局★現地大盤解説会



 結城聡天元 VS 井山裕太挑戦者

http://tengen.live-go.net/index.html

結城聡天元に 井山裕太十段が挑戦している第37期天元戦挑戦手合五番勝負の
第3局は17日午前9時より福岡県北九州市「小倉城庭園」で行われる。
(持ち時間 各3時間 昼食休憩11:45〜12:30)
第1局、第2局と連勝して勢いに乗る井山挑戦者がこのまま一気にタイトルを奪取するのか、結城天元が意地を見せるのか、注目が集まる。対局当日は以下の「棋譜をみる」ボタンから対局の模様をリアルタイムでご覧いただけます(Java)。

また、対局カメラ(連続静止画)では、1分間に一度両対局者の様子を撮影し、お届けします。


日  時 : 11月17日(木)13時から終局まで(途中、休憩あり)
場  所 : ホテルニュータガワ新館2階「華栄」
         
解説者 : 高原周二九段    聞き手 : 田村千明二段

内  容 : 入場無料、次の一手クイズ(景品は扇子や色紙サイン)あり
問い合わせ先 : 西日本新聞イベントサービス(電話092・711・5491)

※ 時間など変更になる場合がございますので、ご了承ください。



挑戦者の井山裕太十段が白番中押し勝ちで天元位を奪取。
 


IGO FESTIVAL 2011

11月12日(土)13日(日)

囲碁アミーゴが主催の囲碁フェスティバルin目白に
田村千明二段&尹春浩初段が参加します!!
詳細はこちら

http://www.igoamigo.com/igofes/index.html

 


囲碁将棋フォーカス


10月30日(日) 11:45〜

村川大介新人王
が登場いたします!!お楽しみに
 


天元戦 挑戦手合第二局 大盤解説会

11月8日(火)
結城聡天元 VS 井山裕太挑戦者

関西棋院囲碁サロンにて、大盤解説会を行います。  

        
解説 清成哲也九段   聞き手 石井茜初段
 


天元戦 挑戦手合第一局 大盤解説会

10月24日(月)
結城聡天元 VS 井山裕太挑戦者

関西棋院囲碁サロンにて、大盤解説会を行います。  

   
  解説 瀬戸大樹七段   聞き手 田村千明二段 

第1局は井山挑戦者が白番中押し勝ち
結城聡天元に 井山裕太名人・十段が挑戦する第37期天元戦挑戦手合五番勝負の第1局が 24日、静岡県浜松市の「グランドホテル浜松」で行われ、井山挑戦者が194手までで白番中押し勝ちした。
 結城天元が序盤でリードしたかに思えたが、井山挑戦者が結城天元の模様に大胆な踏み込みを見せ、最後は盤面でも黒が勝てない形勢となり結城天元が投了した。

 



第36期 囲碁名人戦第6局 NHK放送予定(静岡県伊豆市)

井山裕太名人 VS 山下敬吾本因坊(挑戦者)


                      
解説 マイケルレドモンド九段   聞き手 田村千明二段


BSプレミアム
(1) 10月27日(木)
  午前9:00〜9:30
(2) 10月27日(木)
  午後5:00〜6:00
(3) 10月28日(金)
  午前9:00〜9:30
(4) 10月28日(金)
  午後4:00〜6:00
「速報!囲碁名人戦 第六局」
(5) 10月29日(土)
  午前0:00〜0:10


第55期関西棋院第一位決定戦挑戦手合三番勝負第一局

10/19(水)
                                
村川大介第一位  ×  坂井秀至八段

ネット中継あります


http://www.kansaikiin.jp/

 


第37期 天元戦挑戦手合七番勝負

結城聡 天元   VS   井山裕太 挑戦者

詳しくはこちら

http://tengen.live-go.net/


第20期竜星戦優勝決定トーナメント決勝(囲碁将棋チャンネル)

井山裕太名人 対 結城聡天元−井山名人が2回目の優勝

第20期竜星戦優勝決定トーナメント決勝(9月30日放映)は、ともに1回ずつ優勝を果たしている井山裕太名人と結城聡天元の対決となりましたが、結果は井山名人が黒番中押し勝ち(143手完)を収め、一昨年の第18期以来となる2回目の優勝を飾りました。

一方、第14期に初優勝を飾った後、第15期と第16期は惜しくも準優勝に終わっている結城天元でしたが、2回目の優勝はならず、3回目の準優勝となりました。

※参考−竜星戦決勝に登場した関西棋院棋士(優勝1回、準優勝3回)

           期(年度)     優勝者       準優勝者
         第14期(平成17年)   結城聡九段     張栩九段
         第15期(平成18年)   張栩九段      結城聡九段
         第16期(平成19年)   張栩九段      結城聡九段
         第20期(平成23年)   井山裕太九段    結城聡九段
 





 村川大介七段
新人王獲得!!

9月26日(月)東京日本棋院本院にて新人王戦決勝三番勝負第二局が
行われ、村川大介七段が安斎伸彰六段に勝ち、2連勝で新人王を獲得した

村川大介七段、新人王に!(日本棋院)
 


NHK杯テレビ囲碁トーナメント2回戦放送予定

2回戦 第9局 ※10月9日(日)放送
小県真樹九段 VS 古谷裕八段   解説☆中野泰宏九段


2回戦 第11局 ※10月23日(日)放送⇒Go’sCafe碁コンの日です!
河野臨九段  VS 坂井秀至八段  解説☆
瀬戸大樹七段

 

 Let'sチャレンジ詰碁 #104 

番組進行:田村千明二段

囲碁将棋チャンネル 9月26日(月) 21:47〜
http://www.igoshogi.net/

 

☆ 第36期名人戦七番勝負大盤解説会のご案内 ☆
 

井山 裕太名人   VS   挑戦者山下 敬吾本因坊

場  所 : 日本棋院関西総本部 6Fホール (梅田駅より徒歩4分)
参加料 : 無料
主  催 : 朝日新聞社

第 1 局
日 時 : 9月2日(金) 18時─終局
               
解 説 : 本田 邦久九段      聞き手 : 田村 千明二段

第 2 局
日 時 : 9月15日(木) 18時─終局
               
解 説 : 山田 規喜九段      聞き手 : 多冨 佳絵三段

第 3 局
日 時 : 9月22日(木) 18時─終局 
               
解 説 : 坂口 隆三九段      聞き手 : 井澤 秋乃四段

第 4 局
日 時 : 10月6日(木) 18時─終局 
               
解 説 : 瀬戸 大樹七段      聞き手 : 石井 茜初段

第 5 局
日 時 : 10月14日(金) 18時─終局 
               
解 説 : 石田 篤司九段      聞き手 : 佃 亜紀子五段

第 6 局
日 時 : 10月28日(金) 18時─終局
               
解 説 : 横田 茂昭九段      聞き手 : 小西 和子八段

第 7 局
日 時 : 11月3日(木) 18時─終局
               
解 説 : 円田 秀樹九段      聞き手 : 種村 小百合二段




 

第37期 天元戦 挑戦手合五番勝負

・ 全互先 先番6目半コミ出し
・ 持時間 各3時間
・ 秒読み 残り5分前より

結城 聡天元  0勝 ― 0勝  井山 裕太名人
 
     第1局  10月24日(月)  静岡県浜松市 「グランドホテル浜松」
     第2局  11月8日(火)  北海道札幌市 「京王プラザホテル札幌」
     第3局  11月17日(木)  未定
     第4局  12月12日(月)  兵庫県淡路市 「ウェスティンホテル淡路」
     第5局  12月18日(日)  未定

 


第七回産経プロアマトーナメント戦

決勝戦 2011年9月22日(木)

倉橋正行九段 − △村川大介七段

村川大介七段が黒番中押し勝ちで初優勝!!

 

第36期新人王戦決勝三番勝負(しんぶん赤旗)
村川大介七段 対 安斎伸彰六段

「第36期新人王戦決勝三番勝負」の日程は以下のとおりです。
  第一局−9月19日(月) / 大阪市中央区 / 関西棋院  ※村川七段黒番6目半勝ち
  第二局−9月26日(月) / 東京都千代田区 / 日本棋院本院
  第三局−10月10日(月) / 大阪市中央区 / 関西棋院
互先・先番6目半コミ出し
持ち時間各3時間
 
関西棋院の村川七段は日本棋院の玉井伸三段を、日本棋院の安斎六段は関西棋院の三根康弘二段をそれぞれ準決勝で下しての決勝進出です。両者ともに今回が初の決勝三番勝負ですが、村川七段は七段に昇段したため、勝敗にかかわらず今期で卒業となります。

なお、関西棋院勢の決勝進出は第33期の河英一四段以来3期ぶり11回目、優勝者は第9期の今村俊也八段と第18期の結城聡八段の2人です(1回ずつ、段位はいずれも当時)。


※参考−新人王戦決勝三番勝負に登場した関西棋院棋士(優勝2回、準優勝8回)
 
      期(年度)      優勝者     スコア    準優勝者
     第3期(昭和53年)  石田章七段   2勝−1勝  倉橋正蔵七段
     第5期(昭和55年)  宮沢吾朗六段  2勝−0勝  清成哲也五段
     第6期(昭和56年)  王立誠六段   2勝−0勝  長谷川直七段
     第9期(昭和59年)  今村俊也六段  2勝−1勝  橋本雄二郎五段
     第10期(昭和60年)  宮沢吾朗七段  2勝−0勝  今村俊也六段
     第15期(平成2年)  依田紀基八段  2勝−1勝  結城聡六段
     第18期(平成5年)  結城聡八段   2勝−0勝  三村智保七段
     第28期(平成15年)  蘇耀国七段   2勝−0勝  藤井秀哉五段
     第29期(平成16年)  溝上知親七段  2勝−1勝  坂井秀至六段
     第33期(平成20年)  内田修平二段  2勝−0勝  河英一四段