地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

最新情報



1st.  Open 17:30 Start 18:30
 
Set List :
 
1st show
 
1. Goin' Home 
 
2. Take It Uptown
 
3. Aria 
 
4. Nightfly
 
5. Look Away
 
6. Satisfaction
 
7. Gotta Find It
 
8. Runaway 
 
9. Goin' Home (Instrumental)
 
10. Turn Your Love Around
 
11. Hard Habit To Break 
 
12. Headed For The Top 
 
13. Pamel
 
2nd show Open 20:20 Start 21:00
 
1. Goin' Home
 
2. Take It Uptown
 
3. Aria
 
4. Nightly
 
5. Look Away
 
6. Dreamin' of Chagall 
 
7. After The Love Is Gone
 
8. Turn Your Love Around
 
9. Hard Habit To Break
 
10. Headed For The Top
 
11. Pamela 

◉待望のChamplin Williams Friestedtの来日公演正式発表!
http://www.bluenote.co.jp/jp/sp/artists/cwf/
6/8(水)〜10(金)の3日間6公演


⚫Champlin Williams Friestedt 5月に欧州ツアー開催
May 1st @ Kulturbolaget; Bergsgatan 18, 211 53 Malmö, Sweden http://tiny.cc/q3s28x
May 2nd @ Gota Kallare, Folkungagatan 45, 118 26 Stockholm, Sweden http://tiny.cc/q3s28x
May 3rd @ at Pustervik; Järntorgsgatan 12, 41301 Gothenburg, Sweden http://www.ticnet.se/event/418915
May 7th @ Roerderij; Amerikaweg 145, 2717 AV Zoetermeer http://tiny.cc/06s28x
May 8th @ Z7 Konzertfabrik, Kraftwerkstrasse 7, 4133 Pratteln, Switzerland http://www.z-7.ch/event.php?eventid=1155
May 9, 2016 @ Colos-SaalRoßmarkt 19, 63739 Aschaffenburg, Germany http://tiny.cc/w5s28x
日本公演も期待したいですね。


⚫2015/11/17
Tamara Champlinは未発表曲を公開しました。
" Cross To Bear "
Written by Tamara Champlin, Dennis Matkosky & Bill Champlin
Available to listen :

⚫2015/10/19
Tamara Champlinが新曲をリリースします。
img_20151017-104440.jpg

レーベルは" ChamplinX2 Recordsより、デジタルダウンロードで。

" Dreamin' Of Chagall "
 
Written by Tamara Champlin, Michael Caruso & Bill Champlin
 
Produced by Bill Champlin & Tamara Champlin
 
Mixed & mastered by Alan Hertz
 
 
• Tamara Champlin (Lead Vocals)
 
• Bill Champlin (Keyboards, Guitar, Bass, Background Vocals)
 
• Will Champlin (Keyboards)
 
• Alan Hertz (Drums)
 
Photo by Randee St Nicholas
 
Cover art by Michael Macaluso
 
◎U. S. A.◎
 
iTunes :
 
 
Amazon :
 
 
 
◎Japan◎
 
iTunes :
 
 
Amazon :
 


img_20150911-133330.jpg⚫遂にリリース決まりました、
欧州にて10月23日

Champlin Williams Friestedt / CWF
 
Their first studio album will be released on October 23 in Europe.
 
Including 10 tracks 
1. Runaway
2. Aria
3. Still Around
4. All that I want
5. Carry On
6. Nighty
7. Hearts At War
8. After the Love Has Gone
9. River Of Fear
10. Evermore
ゲストはTamara Champlin, Will Champlin, Randy Goodrum, Steve Porcaro など

⚫2015/9/30


http://www.dakotarockband.com/
上記のバンドのオフィシャルサイトから最新アルバム" Long Road Home " 9/30リリースが予約して購入可能になってます。
Dakotaのオリジナルアルバムは2003年の" Deep 6 "以来12年ぶりですね。

Bill Champlinは" Remember When "という曲でメンバーとデュエットしてるとの情報あり。


2015/9/7

Sons Of ChamplinはRancho Nicasioにてライブ予定

⚫2015/8/27, 28 & 29
Bill Champlinはチリでライブ

●Will Champlinの新曲「This Is Not My Home」がリリースされました。
この曲はこの秋アメリカで公開される映画「Only God Can」
http://www.onlygodcanmovie.com/shop-now/

からの先行シングルです。


http://www.amazon.com/This-Is-Not-My-Home/dp/B010129L6U/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1434940916&sr=8-1&keywords=This+is+not+my+home+by+will+champlin


iTunes :
https://itun.es/jp/oawg8
Amazon :
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01018OI6C/ref=mp_s_a_1_12?qid=1439088013&sr=8-12&pi=AC_SX110_SY165_QL70&keywords=will+champlin


⚫2015/8/1
Bill & Tamara ChamplinはプエルトリコのWyndham Grand, Rio Grandeにてライブ

⚫2015/7/30
Bill & Tamara ChamplinはプエルトリコのHilton, El San Juan Resort & Casinoにてライブ

●2015/6/21
青森県三沢市で開催される第27回アメリカンデーのステージにBill ChamplinがBobby Kimball、Steve Augeriとともに参加します。
スカイプラザ前にて11:30〜13:30

●2015/6/11
Jonas Lindeborg(Trumpet)とAndreas Andersson (Saxophone)のユニット、Urban Soulがデビューアルバムをリリース予定。このアルバムにはBill ChamplinやMichael Ruffがボーカルで参加の曲も含んでいます。
アルバムでは3曲目の" Hands On Love "となります。
以下に公開映像、音源あり。

●2015/6/3
元シカゴのドラマー、Danny Seraphineのバンド California Transit Authorityのセカンドアルバム「Sacred Ground」(輸入盤は2013年に14曲入りで発売済)が日本でも遂にリリース!
2曲ボーナストラック追加でしかも、「Hard Habit To Break」のライブバージョンでBill Champlinが元Tower Of Power
のLarry BraggsとDuet !!

●2015/4/25
Tamara Champlinは1988年の映画「Illegally Yours」のサントラに収録された曲「Who Wins」(Bruce Gaitschと共作)をSoundCloudに公開
https://soundcloud.com/tamarachamplinband/who-wins-tamara-champlin

⚫2015/4/21
Bill Champlin も二曲参加したトリビュートアルバム " Torch - The Music Remembers Jimi Jamison & Fergie Frederiksen " (17曲入)がイタリアのフロンティアレコードからリリースされました。
http://www.frontiers.it/album/5259/

●2015/4/5
Bill Champlinが歌うBlood, Sweat & Tearsのカバー ”I Love You More Than You'll Ever Know "のスタジオライブ録音が以下で公開されました。

https://soundcloud.com/jonaslindeborg-1/bst-tune
これを公開したトランぺッターのJonas Lindeborgさんのプロジェクト" Urban Soul "のデビューアルバムが今年リリース予定で、そこでもBill Champlinはリードボーカルで参加。サンプルが以下にて公開されてます。
https://soundcloud.com/jonaslindeborg-1/urban-soul-smooth-jazz-collective-album-teaser


●2015/3/17
Michael CarusoさんがTamara Champlin、Tom Kimmelと共作した曲「Rebel Train」のデモ音源を公開
Tamara Champlin (Lead Vocals)、Bill Champlin (Background Vocals)、Jeff Paris (Guitars)
https://soundcloud.com/michael-caruso/rebeltrainwtamara-champlin

●2015/4/6
Sons Of Champlinの4作品が2枚組のCDとしてロンドンにある再発専門会社BGO Recordsからデジタルリマスターされてリリースとなります。
・Welcome To The Dance (1973)
・Sons Of Champlin (1975)
・A Circle Filled With Love (1976)
・Loving Is Why (1977)
以下から直接購入も可能です。
http://www.bgo-records.com/albums/bgocd1180-welcome-to-the-dance-the-sons-of-champlin-a-circle-filled-with-love-loving-is-why

●2015/3/7
Tamara ChamplinはMark Mangoldとのデモトラック " I Can't Wait " をSoundcloudにて公開
https://soundcloud.com/tamarachamplinband/sets/tamara-champlin

●2015/2/6
ノルウェーのバンド、TOBB(ホーンセクションをもつ7人編成)が
Bill Champlinがリードボーカル、オルガンでTamara Champlinがバックボーカルで参加した" Sweet Marie "を含むアルバム "True To Our Sound "をリリースしました。
以下よりCD購入可能です。
http://erfredriksen.wix.com/kurderking#

●2015/5/23
Sons Of ChamplinはHarris Center(10 College Parkway Folsom, CA)にてLydia Pense & Cold Bloodとライブ

●2015/5/11
Sons Of ChamplinはSierra Nevada Brewing Companyでライブ

●2015/5/8
Sons Of ChamplinはYoshi's in  Oakland(510 Embarcadero West, Oakland, CA)でライブ

●2015/2/19〜2/21
Bill Champlin Swedenにてライブ
2/19 @ Fasching, Stockholm
2/21 @ Hotel Lappland, Ly Cksele

3日実施されるライブのセットリストは以下のようです。 
バンドメンバーは 
P-O Nilsson (Keyboards) 
Pontus Engborg (Drums) 
Ken Sandin (Bass) 
Hans Johansson (Guitar) 

今回、Tamaraは出演してない模様。 
( )内はBill Champlinが演奏する楽器 

1. You're Not Alone (guitar) 
2. Stop Knockin' On My Door (guitar) 
3. Here In My Heart (piano) 
4. You're The Inspiration (piano) 
5. Sara (piano) 
6. First And Last (organ) 
7. Light Up The Candles (guitar) 
8. Look Away (guitar) 
9. I Don't Wanna Live Without Your Love (piano) 
10. Hard To Say I'm Sorry (piano) 
11. Day Tripper (guitar) 
12. Yo' Mama (guitar) 
13. After The Love Has Gone (organ) 
14. Please Hold On (piano) 
15. Take It Uptown (piano, guitar) 
16. In The Heat Of The Night (organ) 
17. Turn Your Love Around (organ) 
18. Hard Habit To Break (piano) 
19. Headed For The Top (organ) 

Encore 
20. Satisfaction
21. All Along


●2015/2/9
Tamara Champlinはこれまで未公開のデモ音源「Ride」(Sarah Majorsと共作)を以下にて発表
https://soundcloud.com/tamarachamplinband/ride-by-tamara-champlin

●2015/2/6
BillとTamara ChamplinはBrenda Russell、Tata Vega & The band " Pockets "とともにBenefitライブをAdobe-Hill, Santa Barbaraで実施しました。メンバー、セットリストは以下の通りです。元シカゴのギタリストChris Pnnickも参加。

Pockets Band :
Bill Champlin (Hammond B-3, Vocals)
Tamara Champlin (Vocals)
Jmmy McCleary (keyboads,Vocals)
Tata Vega (Vocals)
Brenda Russell (Vocals)
Chris Pinnik (Guitar)
Eddie Tuduri (Drums)
Chris Nelson (Bass)
Chris Trujillo (Percussion)
Craig Thomas (Tenor Sax)
Bill Bodean (Trumpet)

Set List : (Lead Vocals)
1. Torn Down (Jimmy)
2. Rock Steady (Craig)
3. Shaky Ground (Tata)
4. Daytripper (Bill)
5. Southern Serenade (Tamara)
6. Baby Eyes (Brenda)
7. Hold On I'm Comin' (Tata)
8. He Delivered Me (Tata)
9. 911 Blues (Jimmy)
10. I Can't Stand The Rain (Tata)
11. If You're Not The One For Me (Bill & Brenda)
12. After The Love Has Gone (Bill)
13. Get Here (Brenda)
14. Backstreets Of Paradise (Tamara)
15. Turn Your Love Around (Bill)
16. Kansas City (Bill)

●2015/1/31
Bill ChamplinはDanny Seraphineと共にCalifornia Transit Authorityとしてライブをします。
詳細は以下にて
http://www.proctors.org/events/seraphine-champlin

同日、Will Champlinは Honolulu Museum of Artにてライブ

●2015/1/27
Tamara Champlinが未発表曲 ”Angels Cry " (Written by Tamara & Terry Wilson)を以下にて公開
https://soundcloud.com/tamarachamplinband/07-angels-cry
1989年ごろのデモのようです。

●2015/1/24
Bill ChamplinはJohn Caffertyとライブ
@ Marvericks, Jacksonville, FL

●Legends Of Rockが来春リリース予定のCD/DVDのプロモーションビデオが以下にて公開されました。
https://www.youtube.com/watch?v=gsJWcpw7O7A&feature=youtu.be

●2015/1/3
Sons Of Champlinのライブが以下で行われます。なんとオープニングアクトはWill Champlinです。
Lobero Theatre, Santa Barbara
http://www.lobero.com/events/sons-champlin/

⚫2014/12
http://music-illuminati.com/interview-bill-champlin/
にて最新のビルのインタビューが掲載されてます。



12月7日
●Michael Caruso氏がTamara Champlin、Dennis Matkoskyと書いた曲"Kiss Away The Rain"のデモ音源をReverbnationで公開しました。
http://www.reverbnation.com/michaelcaruso/song/22167218

●Michael Caruso氏はTamara Champlinがリードボーカルの曲”Drivin Nowhere”も公開しています。
http://www.reverbnation.com/michaelcaruso/song/22167216-drivin-nowhere-wtamara-champlin

●12月4日
Will Champlinのクリスマスソング”Everyday Is Christmas”がiTunesでリリースされました。
https://itunes.apple.com/jp/album/everyday-is-christmas-single/id950310893

Will ChamplinはBon Iverの曲"Holocene"のカバーをYoutubeにて公開しています。Acoustic Guitarでの美しい響きとボーカルに感動します。



11月4日 (このライブは延期となりました)
Tamara Champlinがライブを" Witzland "で開催します。共演はBill Champlin, Carmen Grillo, Johnny Griparic, Dave Ravenとなります。
http://tinyurt.com/qfbuv9w


●2014/10/28
Tamara ChamplinはSoundcloudにて1987年ごろのデモ音源「System Of Love」(Randy Carterと共作)を公開しています。
https://soundcloud.com/tamarachamplinband/system-of-love-tamara-champlin

●2014/10/23
Tommy Denandar率いる" Legends"がクリスマス前ごろにCD/DVDをリリースします。CDには実際のライブ全曲が収録される模様です。
タイトルは”Legends of Rock Live at X-Level”でBobby Kimball、Joe Lynn Turner、Steve AugeryそしてBill Champlinの4人がボーカルでゲストにAndreas Carlssonを迎え、観客50名のみいれてSwedenのストックホルムにある" X-Level Studio"(Dirty Loopsが今年の4月にリリースしたDebut album " Loopified "でも使われた)で収録されたライブ。インタビューやバンドの歴史も収録されます。

●2014/9/16
遂に以下にて曲の全貌が明らかになりました。Billの歌の上手さが存分に堪能できる大人な曲です。
リードボーカルのみならず、バックボーカルとハモンドB3オルガンも!


●2014/8/21
ロシア出身のジャズSAXプレーヤー、Nick Vintskevichの新曲「Never Was A Doubt」にBill Champlinがリードボーカルで参加。
リリース日は未確定ですが、近いうちに発表される模様。この曲を含んだNEWアルバムも年内リリース予定で作成中。
以下でこの曲の一部を視聴できます。(録音の模様も)



●2014/7/18
Frederic Slama氏のプロジェクト、AORが昨年に続き今年も新作をリリースしました。
タイトルは「L.A Connection」で9曲収録でBill & Tamara Champlinも前作に続き参加し各1曲リードボーカルを披露。
Billは1曲目" On The Edge Of  Glory "、Tamaraは8曲目" Circle Of Danger "にて。
以下にてダウンロード購入も可能
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LPFKUHW/ref=dm_ws_tlw_trk1?ie=UTF8&qid=1405563114&sr=1-4
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LPFLA0I/ref=dm_ws_tlw_trk8?ie=UTF8&qid=1405563114&sr=1-4
なお、日本盤CDは8/20にボーナストラック2曲追加してリリースされます。
http://www.amazon.co.jp/L-A-Connection-AOR/dp/B00LE3V0XI/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1405563240&sr=1-1&keywords=aor

●2014/7/13
次のSons Of Champlinのライブは9/14にRancho Nicasio, CAで実施されます。
http://www.ranchonicasio.com/

●2014/7/12 Sons Of Champlin Live @ Biscuits & Blues, San Francisco
ドラムのJames Prestonが体調不良のため、Bill Vitt(1971-1972年在籍)が代役、Doug Rowan(2010年在籍)がバリトンサックスでゲスト出演。
- Setlists -
Early show & Late show
1. Feel Good
2. No More
3. It's Time
4. Without Love
5. Lookout
6. 1982-A
7. Saved By Grace Of Your Love
8. There Goes Your All Night
9. Love Can Take Me Now
10. Here Is Where Your Love Belongs
11. You Won't Get To Heaven Alive ( Backstreets Of Paradise→Late Show)
12. Misery Isn't Free
13. Hey Children
14. Get High
15. Goldmine
 
●2014/7/3
Bill Champlinはイリノイ州、ELginにあるFestival ParkでDanny Seraphineのバンド(CTA)のライブにゲスト参加しました。この日はThree Dog Nightも同所でライブを。

●2014/7/3
Tamara Champlinのブログ http://tamarachamplin.blogspot.jp/
によると8/7に以下でTamara & Bill Champlinがライブをします。
 @ Genghis Cohen, 740 N. Fairfax, LA

●2014/6/25
Bill Champlinが歌う" Rise Above It "という曲が作者の一人、Michael CarusoさんによりSoundcloudで公開されました。
https://soundcloud.com/michael-caruso/rise-above-it-with-bill-champlin-by-michael-caruso
おそらく初めて披露されたと思われます。作者はMichael Caruso、Tamara Champlin &Dennis Matkoskyです。

●2014/6/24
日本でもWill Champlinのアルバム「Borrowing Trouble」が6/24〜DL購入可能になりました。
http://www.amazon.co.jp/Borrowing-Time-Will-Champlin/dp/B00LATEUQK/ref=sr_1_6?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1403815184&sr=1-6&keywords=will+champlin

残念なことに日本のiTunes およびAmazonでは米国のiTunesでアルバム購入の特典であるDigital Bookletはありません。

12曲入りでこのアルバムでは彼はすべてのボーカルおよび楽器を一人でこなしています。しかし所謂”宅録”というイメージとは程遠い素晴らしい出来栄えです。

●2014/6/21
Will Champlinの新作「Borrowing Trouble」がついに米国のiTunesおよびAmazonでデジタル配信になりました。全12曲入りでアルバム購入するとデジタルブックレット(写真、歌詞カード)もついてくるようですが、残念ながら現時点では日本では両サイトともに購入できない状況です。
https://itunes.apple.com/us/album/borrowing-trouble/id890152532

●2014/6/16
Tom Saviano率いるHeatのアルバム”Heat Revisited "がDigital Downloadでも購入可能になりました。
今回は昨年7月に日本でリリースされたCDには含まれていないBonus track " Don't Look Back "が追加されていますが、この曲のみでの購入はできず、配信アルバムを購入した場合のボーナストラックという位置づけです。
http://heat1.bandcamp.com/album/heat-revisited
なお、この曲にはゲストとしてリードボーカルをとるTamara Champlin以外にもBill Champlin、 Carmen Grillo、Nathan East、Jai Winding、Charles Icarus Johnsonも参加しています。

●2014/6/14
Sons Of Champlinのパーカーが限定発売開始されました。
色はブラックのみでサイズはXLとXXL
アメリカ国内は@45ドル
海外は送料の関係もあり、別途Tamaraに問い合わせとなります。

●Frederick Slamaのプロジェクト「AOR」の新作”L.A Connection"(7/23リリース予定)が予約開始されました。
http://www.nehrecords.com/SHOP/AORConnection.htm

●Will Champlinの新作タイトル判明! " Borrowing Trouble "


●2014/6/4 Will ChamplinのNEWアルバムのリリースについて
http://m.star941fm.com/media/podcast-kmyifm-podcast-internshannon/intern-shannon-talks-to-will-champlin-24853603/
のインタビューで6/21にまずはiTunesでDL販売になる予定と発言しました。

●2014/6/1
Sons Of Champlinの新しいTシャツの販売がTamara Champlinから発表されました。
結成50周年記念版で、3種類(ブラック、ブルー、パープル)のカラーバリエーションあります。
img_20140603-103634.png
現在の購入方法は以下の通りです。

Please send a Check/Money Order to :
Tamara Chanmplin, c/o Monback, Inc.
PO Box 572971, Tarzana, CA 91357

Make Checks payable to " Tamara Champlin "
for $35/Domestic
Shipping/Tax are included.
International Orders/Email Tamara
Specify Color & Size -
(Available - Sm Med Lg XLg XXLg)

●2014/5/28
iTunesにて1986年公開のTV番組「Apology」のサウンドトラックが購入可能になりました。
Bill Champlinはアルバムの最後を飾る”Alone In The Night "でリードボーカルを
https://itunes.apple.com/jp/album/alone-in-night-from-score/id885202570?i=885202674

●2014/5/14
http://www.amazon.co.jp/Sweet-Marie-feat-Bill-Champlin/dp/B00K7KXO8S/ref=sr_1_2?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1399743227&sr=1-2&keywords=bill+champlin
ついにSweet Marieがオフィシャルでリリースされます。
ノルウェーのバンド The Original Bulshit Band (TOBB) feat. Bill Champlinとして
リードボーカルの一部とオルガンでの参加です。

●2014/5/13
Will Champlin シングル「Eye Of The Pyramid」をリリース
以下でダウンロード購入可能に
http://www.amazon.co.jp/Eye-Pyramid-Will-Champlin/dp/B00K3P70V4/ref=sr_1_1?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1399744862&sr=1-1&keywords=will+champlin

●2014/4/21
https://www.indiegogo.com/projects/will-champlin-deserves-to-be-radio-active#home
上記にてWill Champlinが5/13にリリース予定の次のシングル「Eye of The Pyramid」を主要ラジオ局でon airを促進するキャンペーンが始まりました。
金額に応じていろいろな特典が付いてきます。
5ドル→Will ChamplinがSteven Gallagherと共作したこのキャンペーンのオフィシャルソング「Radio」をダウンロード可能
15ドル→" Last Man Standing "、" Radio " の2曲のダウンロードおよびブレスレット、ステッカー(ただし米国以外は5ドル追加)
その他については上記サイトに詳細あり

●Bill Champlinは
7/26にオアフ島
7/27にはマウイ島 The McCoy Studio Theater In Maui
http://www.mauiarts.org/event/solo-sessions-bill-champlin/

両ライブともTamaraとともにピアノとギターだけでライブを実施する予定。

●Sons  Of Champlinが7/12にサンフランシスコのBiscuits and Bluesでライブ予定。
http://biscuitsandblues.com/sonsofchamplin

●2014/6/26〜28に開催される「St. Kitts Music Festival」にBill Champlinが出演します。その他にはDeniece WilliamsやBobby Kimballなどの名前がみえます。
詳細は http://www.stkittsmusicfestival.com にて

●2014/3/3
Sons of Champlinの1st〜3rdアルバムが英国のBGO Recordsより、二枚組で再発されました。
http://www.bgo-records.com/albums/bgocd1135-loosen-up-naturally-the-sons-follow-your-heart

●2014/3/26 Will Champlinのオリジナルソング「Your Forever Home」が以下で公開されました。
●2014/3/19
Will Champlinが出演したTV番組「The John Kerwin Show」の模様が以下にで公開されています。(Willは37分過ぎから登場し、" The Voice "での 「At Last」の歌唱シーンとともにインタビュー、スタジオライブ”Eye Of The Pyramid ”を披露しています。)

●2014/3/18
http://nbcthevoicetour.com/
上記のサイトによると米国の番組「The Voice」の過去の出場者(Willを含む)、現在放送中のSEASON 6のメンバーで今年の夏ツアーを行うようです。
また、Willのインタビューも
http://www.nbc.com/the-voice/video/will-champlin-interview/2759905
で見れます。

●2014/3/17
Will Champlinは新曲をiTunesより配信でリリースしました。
https://itunes.apple.com/us/album/last-man-standing-single/id839642752

同曲は3/18より日本のiTunes及びAMAZONでも購入可能です。
https://itunes.apple.com/jp/album/last-man-standing-single/id839893890
http://www.amazon.co.jp/Last-Man-Standing-Will-Champlin/dp/B00J0GAH7G/ref=sr_1_1?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1394963155&sr=1-1&keywords=will+champlin

●2014/3/11
Bill ChamplinがThe Rob and Trav Showに出演します。
後日、下記にて放送をダウンロードすることも可能になります。(3/20 DL可能になりました。)
http://www.talkshoe.com/talkshoe/web/talkCast.jsp?masterId=32263&cmd=tc
このリンク先では2013/3/5のBillとのインタビューもDL出来ます。

●2014/3/8
Will ChamplinはNYのSubcultureでのソロライブで以下の曲を披露しています。(*は製作中のNEW ALBUMより)
・Borrowing Trouble (*)
・Last Man Standing (*)
・One Shot (*)
・Hey Brother(Cover)
・Carry On (Cover)
・Demons (Cover)
・Wake Me Up (Cover)
関連記事
http://subculturenyc.tumblr.com/post/78758411352/subculture-take-5-will-champlin

●2014/3/7
2013年12月23日に ”Falcone and Friends ”がアルバム「Evangeline」をリリースしましたが、その中の曲「Evangeline」でBill Champlinがボーカルをとっています。ボーカルとKorg CX-3をプレイしています。
以下より購入可能です。
https://itunes.apple.com/jp/album/evangeline/id819682084
http://www.cdbaby.com/cd/falconefriends

●2014/2/22
Sally Champlinが共作者のBob Henley IIIとともに、Guy ToweがDJをしているラジオ番組" LA Talk Radio "に出演しました。二人でそれぞれのアルバムを製作中で、その中から以下の2曲を初公開。
" Didja Ever " (Bobのアルバムより)
" Way Too Late " (Sallyのアルバム" Sweet Goodbye "より)
2枚のアルバムで22曲ある模様で今年の夏頃リリース予定。
今回の放送はここから聴けます。(ダウンロードも可能)
http://www.latalkradio.com/Guy.php

●2014/2/18
Michael CarusoがWill Champlin、Tamara Champlinと共作した「Soul Sucker」を下記にて公開(Willがリードボーカルを)
http://www.reverbnation.com/michaelcaruso/songs

●2014/3/14 California Transit Authority feat. Danny Seraphine & Bill Champlin
http://www.talkingstickresort.com/california-transit-authority.asp

●2014/2/14
Will ChamplinはSoundcloudにて「I Won't Give Up」(カバー曲)を公開
https://soundcloud.com/willchamplin/i-wont-give-up-cover

●2014/2/8
CTA feat. Bill Champlin & Larry Braggsのライブ映像 " Hard Habit To Break "

●2014/2/6
Deering Banjo CompanyがWill Champlinとのインタビューを公開

●2014/1/29
The Baub Showの放送音源が以下でダウンロード可能です。
放送の後半では新曲「Borrowing Trouble」をアコギで披露しています。
http://www.ubnradio.com/message.aspx?parentnavigationid=0&messageGuid=3972b64e-1e9f-48a8-8614-801b825b63da&episodeguid=96f6426a-6b9b-4356-8d1f-f003f2aab50e

●Will Champlinのライブチャットビデオ

●2014/1/26
Bill Champlinがリードボーカル、バックボーカル、ボーカルアレンジで参加した曲「Never Gonna Give You Up」を以下で曲単位で購入可能に。(試聴も)
http://kerebuchanan.bandcamp.com/track/never-gonna-give-you-up
同曲を含む11曲入りのKere Buchananのセカンドアルバム「Goodbye Yesterday」も以下でDL購入可能に。(CDは2月にリリースとなる模様)
http://kerebuchanan.bandcamp.com/album/goodbye-yesterday

●2014/1/24
ようやく日本のiTunesでもWill ChamplinがThe Voice Season 5でパフォーマンスした12曲のスタジオ録音音源集「The Complete Season 5 Collection」が購入可能になりました。
https://itunes.apple.com/jp/album/complete-season-5-collection/id794694884

●2014/1/21
Bill Champlinが参加したベーシスト「Tony Saunders」のセカンドアルバム" Appalossa"がリリース。
BillはGino Vannelliの歌唱で有名な" Appalossa ”でリードボーカルを披露しております。
https://itunes.apple.com/us/album/appaloosa/id799338339

●Peter Friestedts氏がBill ChamplinとJoseph Williamsとのトリオプロジェクトの新曲10曲のミキシング作業に近々入ることを公表しました。

●Will Champlinが以下の日程でライブツアーを実施します。
Feb 20 Santa Ana, CA Constellation Room
Feb 22 Los Angels, CA Hotel Cafe
Feb 24 San Francisco, CA The Chappel
March 8 New York, NY Subculture
March 13 Austin, TX SXSW (Berklee show)

●2014/1/22
Will Champlin Jam Sessionの模様をYoutubeにて公開

●2014/1/19
Tamara Champlinが未発表曲「Price Of Love」をSoundcloudにて公開
https://soundcloud.com/#tamarachamplinband/price-of-love-tamara-champlin

●2014/1/6
Will Champlin 新曲「Eye Of  The Pyramid」(Written by Will Champlin & Steven Gallagher) をSoundcloudに公開
https://soundcloud.com/#willchamplin/eye-of-the-pyramid

2013/12/23
●Will Champlin 「Christmas Time Is Here」をYoutubeにUp

2013/12/22
●Will Champlin 「Let It Snow」をSoundcloudにて公開
https://soundcloud.com/#willchamplin/let-it-snow

●Bill ChamplinがTower of PowerのLarry Braggsとともにゲスト・ボーカリストとしてDanny Seraphine率いるCTA(California Transit Authority)のライブに参加予定
http://www.havananewhope.com/
●February 5, 2014 (Danny Seraphine's CTA feat. Bill Champlin & Larry Braggs) ・New Hope, PA
●February 6, 2014 (Danny Seraphine's CTA feat. Bill Champlin & Larry Braggs) ・The Iridium, NY
●February 7, 2014 (Danny Seraphine's CTA feat. Bill Champlin & Larry Braggs) ・The Iridium, NY
●February 8, 2014 (Danny Seraphine's CTA feat. Bill Champlin & Larry Braggs) ・The Iridium, NY
●February 9, 2014 (Danny Seraphine's CTA feat. Bill Champlin & Larry Braggs) ・The Iridium, NY

●12/18(火)結果発表 

3位

本当に素晴らしく感動的なパフォーマンスをこの約3ヶ月みせてくれました。毎週月・火曜日が楽しくて待ち遠しい日々が過ごせて最高でした。
きっとソロアーティストとして日本にも来てくれるでしょう。期待しています。もちろん製作中のNEW ALBUMが楽しみなのは言うまでもありません。

Thanks Will for deliverying me wonderful Mondays & Tuesdays, and making me happy.
Looking forward to your new album in the making.

この番組を終えてのインタビューです。

なお、今回の番組で彼が歌った全12曲を集めたものがiTunes USAサイトで購入可能です。(日本は不可)
https://itunes.apple.com/us/album/complete-season-5-collection/id783490269

●12/17(月)放送のFinalでWillは以下の3曲を披露しました。
まずはBlind Auditionで歌ったGavin DeGrawの「Not Over You」
次にコーチのAdam LevineとのDuetでElton Johnの「Tiny Dancer」
この曲のスタジオ録音バージョンは以下のiTunesサイトで購入出来ます。(ただし日本では不可)
https://itunes.apple.com/us/album/tiny-dancer-voice-performance/id783489910
最後にBryan Adamsの「(Everything I Do) I Do It For You」
この曲のスタジオ録音バージョンは以下のiTunesサイトで購入出来ます。(ただし日本では不可)
https://itunes.apple.com/us/album/everything-i-do-i-do-it-for/id783488652?i=783488655

●12/11 (火) 放送でWillは3番手で見事に決勝にへコマをすすめました!

●12/10 (月) 放送のSemi FinalsでWillは2番目に登場し、Fun.の「Carry On」を披露しました。
この曲のスタジオ録音バージョンはでDL購入可能(ただし日本からは不可)
https://itunes.apple.com/us/album/carry-on-voice-performance/id777244606?i=777244607

●12/3(火)の放送でWill Champlinは見事4番目に名前を呼ばれ、見事にTOP5に入り次週の「Semi Finals」に進出しました。
また、ゲスト出演のNuno Bettencourt、Top6に残っているCole、JamesとともにExtremeの曲「More Than Words」を歌いました。
さらにTOP6に残っていた全員で「O Holly Night」を披露。

●Top6にのこっているWill, Cole, James, Matthew, Jacquie & Tessanneが出演のショートムービー

●12/2(月)放送の"The Voice" Live Top6にてWill Champlinは4人目に登場し、
まず本人の選曲によるSam Cookeのカバー「A Change Is Gonna Come」をピアノも演奏して披露しました。
この曲のスタジオ録音バージョンは以下のサイトでDL可能。(ただし日本からは不可)
https://itunes.apple.com/us/album/change-is-gonna-come-voice/id770279936?i=770279937
また10番目にも登場し、今度はコーチのAdam選曲によるAviciiのカバー「Hey Brother」をバンジョーを演奏しながら歌いました。
この曲のスタジオ録音バージョンは以下のサイトでDL可能。(ただし日本からは不可)
https://itunes.apple.com/us/album/hey-brother-voice-performance/id770273584?i=770273586

●11/26(火)の放送でWill Champlinは見事1番目に名前を呼ばれ、見事にTOP6に進出しました。(US iTunesの総合チャートでも唯ひとりTop10入りを果たしています。(DL締切時間時点:9位、最高位:6位)
また、ゲストのEllie Gouldingの「Burn」歌唱時に、James Wolpert、Matthew Schulerとともにボーカルで参加。
さらにTop8に残っていた全員でThe Starbucks Chorusをバックに「Will The Circle Be Unbroken」を各人交互にボーカルを披露。
Top8のメンバーが4人ずつに別れ、Willは、Ray、Caroline、JacquieとともにOneRepublicの「Apologize」を歌唱。

●11/25(月)放送の"The Voice" Live Top8にてWill Champlinは6人目に登場し、Etta Jamesの「At Last」を披露しました。
この曲のスタジオ録音バージョンは以下のサイトでDL可能。(ただし日本からは不可)
https://itunes.apple.com/us/album/at-last-the-voice-performance/id765096739?i=765096740
この日の番組終了後のインタビューは以下にて

●11/19(火)の放送でWill Champlinは4番目に名前を呼ばれ、見事にTOP8に進出しました。
また、Top10に残っていたJames Wolpert、Kat RobichaudとともにFall Out Boyの「Sugar, We're Going Down 」をカバーし、Willはギター&ボーカルを担当。
さらにTOP10に残っていた全員で「Say It, Just Say It」を披露し、Willはボーカルを。

●11/18(月)放送の"The Voice" Live Top10にてWill Champlinは3人目に登場し、John Newmanの「Love Me Again」をピアノも演奏して披露しました。
この曲のスタジオ録音バージョンは以下のサイトでDL可能。(ただし日本からは不可)
https://itunes.apple.com/us/album/love-me-again-voice-performance/id755519324?i=755519325
この日の番組終了後のインタビューは以下にて

●11/12(火)の放送でWill Champlinは7番目に名前を呼ばれ、見事にTOP10に進出しました。
また、Team AdamはThe Beatlesの「A Hard Day's Night」をカバーし、Willはキーボード&ボーカルを担当。(Adamはドラムとボーカル)
さらにTOP12に残っていた男性8名でGrand Funk Railroadの「We're An American Band」を披露し、Willはギター&ボーカルを。

●11/11(月)放送の”The Voice” Live Top 12にてWill Champlinは一番最後に登場し、Imagine Dragonsの「Demons」を披露しました。
この曲のスタジオ録音バージョンは以下のサイトにてDL可能。(ただし日本からは不可)
https://itunes.apple.com/us/album/demons-voice-performance-single/id741694439

https://www.rifftime.com/users/316 にて
Billが講師として以下のビデオレッスンが公開されています。

1.は無料ですが、他は各2.99ドルかかります。購入するにはこのサイトに登録が必要です。
登録しなくても各ビデオの最初の55秒分はフリーで見れます。
全部で18.94ドル、69分46秒

1.Overview 1:22 (Free)
2. Hammond Basics 11:43 (2.99ドル)
3. Hammond Comping 10:39 (2.99ドル)
4. Stacking Vocals 15:18 (2.99ドル)
5. Lead Vocal Improvisation 8:59 (2.99ドル)
6. Writing On Guitar VS Piano 10:29 (2.99ドル)
7. Song Writing & Arranging 11:18 (2.99ドル)


●11/7(木)の放送にてThe Live Playoffsの結果が発表され、次へ進出の12名が決定しました。(各チーム3名×4チーム)
Team Adamからはまず、James Wolpert、Tessanne Chinの両名が一般投票及びiTunesのDLの上位2名で決定。残る3人からAdamはWill Champlinを選びました。

●11/4(月)の放送でOnePublicの「Secrets」をキーボードを弾きながら披露。(この日はTeam Adam、Team Blakeの各5名の計10名が出演、Willは7人目の登場)
そのスタジオ録音盤は以下でDL購入可能ですが、日本では不可です。
https://itunes.apple.com/us/album/secrets-voice-performance/id737580672

Live終了後、投票を実施。電話、インターネット、iTunesのDL等がカウントされ(1アーティストに対して10度まで可能)、各チームより3名(上位2名及び各コーチ選考の1名)×4チームの計12名が次のステージ「The Live Top 12 Performance」に進出となります。ただし残念ながら日本からの投票、DL等は不可能です。

●Kris Thomasの曲「Count Me In」が以下のリンクで聴けます。この曲にWill ChamplinはRhodes、Bass、Guitar、Drum Programming、Background Vocalsで関わっています。

●10月30日にシングルでリリースされた、
Rob Mandellの「Hills Of Malibu」にWill Champlinが参加しています。
以下のサイトにてダウンロード購入可能です。
https://itunes.apple.com/jp/album/hills-malibu-feat.-will-champlin/id736235257

●10/29(火)の放送でWill ChamplinはBruno Marsの" When I Was Your Man "をカバーし、Matthew Schuler(" Florence & The Machineの" Cosmic Love "をカバー)と「Knockout Round」で対戦しました。ChristinaはMatthewを選び、Willは" Steal "の権利を行使したAdamのチームに再復帰となりました。これで彼を含んだ20名が11/4〜始まる" The Live Playofs "へ進出となりました。

上記の曲のスタジオ録音バージョンは以下のiTunes U.S.A.のサイトで購入できますが日本では不可です。
https://itunes.apple.com/us/album/when-i-was-your-man-voice/id733059739

●10/21(月)の放送でWill ChamplinはJames Wolpertと対戦。”The Battles”と称されるもので、デュエット形式でImagine Dragonsの「Radioactive」を歌いました。4人の審査員のうち3名がChristina AguileraのみがWillを選択。AdamはJamesを選び、Willは”Steal"制度を利用したChristina Aguileraのチームへ。

出演後の両者のインタビュー

上記のスタジオ録バージョンは以下のiTunes U.S.A.のサイト購入できますが、残念ながら日本では購入不可です。
https://itunes.apple.com/us/album/radioactive-voice-performance/id728747401
Willを含め各チーム8名の計32名が次の”The Knockout"へ進出となっており、WillはMatthew Schulerと対戦することに。

●10月16日にシングルでリリースされた、
Rob Mandellの「The Beautiful Road」にWill ChamplinがCarmen Grilloとともにゲスト参加(ボーカルで)
*CarmenはProduce及びguitarにて
以下のサイトにてダウンロード購入可能です。
https://itunes.apple.com/jp/album/beautiful-road-feat.-will/id727783707

●2014年1月18日 Yoshi's OaklandにてSons Of Champlinのライブが開催されます。
http://www.yoshis.com/oakland/jazzclub/artist/show/3883

●Bill Champlinは10月23日〜11月17日までの約1ヵ月間Tommy Denander率いるバンド「Legends」と" Voices Of Rock "のボーカルの一人としてSwedenをツアーいたします。スケジュールは以下の通りです。(全22公演)
October 23 : Växjö, Konserthuset
October 24 : Karlskrona, Konserthuset
October 25 : Helsingborg, Konserthuset
October 26 : Halmstad, Teatern
October 27 : Kristianstad, Teatern
October 29 : Ystad, Teatern
October 30 : Kalmar, Kalmarsalen
October 31 : Jönköping, Konserthuset
November 1 : Skövde, Valand
November 2 : Grebbestad, Tanumstrand
November 4 : Gävle, Konserthuset
November 5 : Örebro, Hjalmar Bergman Teatern
November 6 : Västerås, Konserthuset
November 7 : Linköping, Konserthuset
November 8 : Malmö, Konserthuset
November 9 : Säffle, Medborgarhuset
November 10 : Norrköping, DeGeerhallen
November 11 : Stockholm, Tyrol
November 13 : Göteborg, Lorensbergsteatern
November 14 : Uppsala, Konserthuset
November 16 : Mariehamn/Åland
November 17:  Bollnäs, Kulturhuset

●10/1(火)にWill Champlinのパフォーマンスは放映され、彼はGavin DeGrawの「Not Over You」を歌い、4人の内3人のコーチが手を挙げ、Maroon 5のAdam LevinのチームをWillは選びました。バックステージにいた、Bill & TamaraそしてWillの奥さんと1歳の娘さん達が見守っている様子も映りました。
http://www.nbc.com/the-voice/video/will-champlin-not-over-you/n41383/

●上記のLive音源は以下のiTunes U.S.A.のサイト購入できますが、残念ながら日本では購入不可です。
https://itunes.apple.com/us/album/not-over-you-voice-performance/id716941449?i=716941540&ign-mpt=uo%3D4

●米NBC放送のオーディション番組「The Voice」のシーズン5が9/23より放送開始。
9/23、24の放送分ではWill Champlinのパフォーマンスは放送されず。次回9/30、3回目の放送での登場を期待されます。
http://www.nbc.com/the-voice/

●Will Champlinのオフィシャルホームページが新しくなっています。そこでもSoundcloudやReverbnationで聴ける曲を公開中
http://willchamplin.com

●9月22日(現地時間) Will ChamplinはSoundcloudにて以下の曲を新たに公開しました。
  1. Shot In The Dark
  2. Home Again
  3. Ultimatum
  4. Tidal Wave
  5. First Of Forever
  6. Blowing Out The Speakers
  7. Over Like That
  8. Out The Window
  9. Hit The Floor
10. Pros And Cons

●Bill Champlin、Joseph Williams、Peter Friestedtのラ イブDVD/CD " Live In Concert " (欧州では発売済)
日本盤(NTSC方式)のリリースが当初の9月18日から10月16日へ変更
さらに日本のみボーナストラックとしてTamara Champlinがリードボーカルの1曲「You Won't Get To Heaven Alive」がDVDのみに追加収録されます。(VIVID SOUNDさんに確認済)

●米NBC放送のオーディション番組「The Voice」のシーズン5が9月23日〜始まりますが、Will Champlinが参加する模様です。
http://www.nbc.com/the-voice/

● Franklin McKayが「Withlout Your Love」というシングルを9月15日にリリース、以下でダウンロード購入可能になっております。
http://www.amazon.co.jp/Without-feat-Harry-Jordan-Champlin/dp/B00F9NR3EY/ref=sr_1_31?ie=UTF8&qid=1379899223&s=dmusic&sr=1-31

この曲にはMarc JordanとともにBill Champlinも参加しており、 2分52秒以降にハッキリと彼とわかるボーカルを堪能出来ます。

●9月12日(現地時間) Will ChamplinはSoundcloudにて以下の曲を新たに公開しました。
  1. You Never Need Nobody Cover

● Kere Buchanan / Goodby Yesterday
Bill Champlinがボーカルで参加のアルバムが12月中旬〜末にリリース予定です。
今回紹介するのは2009年に「Starting Over」という素晴らしい自主製作盤を出した(日本盤 も2011年8月に出てます
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002PQ7M3U)、
Kere Buchananというニュージーランドの クライストチャーチ出身で現在オー ストラリア在住のドラマーでプロデューサーかつアレン ジャー、ソングライターでもある多才な人物の次回作がそれです。 アルバムタイトルは「Goodbye Yesterday」 11月リリース予定 詳細は以下のリンク先にて。
http://www.pozible.com/project/34164
Pledgeした金額によっていろんな特典がつい てきます。 1例としては35ドル(送料こみ)で ・Starting Over (2009年リリース) ・Goodbye Yesterday (2013年リリース予定) のサイン付CD

●ライブが追加発表されています。Tamara Champlinといっしょに
9月3日にSoho Restaurant and Music Club, Santa Barbara, CA にて

● Frederick Slamaのプロジェクト「AOR」の最新作 " The Secrets Of L.A. " (通算12作目)が10月16日に2曲ボーナストラック付きで日本先行リリースされます。
Bill Champlin、Tamara Champlinが各1曲リードボーカルで参加。
4曲目: Back To San Francisco (Bill Champlin) 10曲目: Voices In The Wind (Tamara Champlin)

● 7月17日 Bill Champlinが参加の新譜が発売になりました。
・Heat / Revisited
・DK / DK Tonight   2作品ともVivid Soundさんから。

・HeatはEarth, Wind & Fireに通じるファンキーでメローなサウンドが魅力的でリーダーはSons of Champlinで Sax、KeyboadをプレーしたTom Saviano。 今回のアルバムは16曲入で Tamara Champlinがリードボーカルで2曲「Carry On」と「Try It」、Bill Champlin がバックボーカルで1曲参加。その他にもCarmen Grillo, Bruce Gaitschの名前もあります。

・DKというのは現在61歳でデビュー作をリリースするDavid Krapesなる人物。このデビューアルバムはTom Saviano がプロデュースし、Bill Champlinは 全11曲中6曲でバックボーカルで 大活躍、すぐにBillとわかるセンスのいいものです。2曲「Whatever Happened To Our Love」と 「One More Dance」ではTom Savianoと一緒に ソングライターとしてクレジットされてます。 (One More DanceはSonsのGeoff Palmerもライターで、2000年にリリースされたTom Savianoのソロアルバム「Crossings」に収録され た曲でリードボーカルが当時のBillから今回はDK に差し替えたバージョン) さらに1曲「Soul Purpose」ではguitarを担当してます。

●あらたに以下のライブスケジュールが追加になっております。
7/20 Chastain Park Amphitheatreにて" Yacht Rock Revival in Atlanta " に参加 8/8 Legends - Voices of Rockの一員として Boras - Sommartorsdagarma 8/9 Legends - Voices of Rockの一員として Klaksvik, Faroama - Summarfestivalur 8/17 Tamara Champlinとともに、Sonoma Cutrer Vineyards, Windsor, CAでの " Jazz Summer Nights Concat Series " に参加

●次回のThe Sons Of Champlinのライブは9月1日にRancho Nicasio(CA)にて開催

●5月24日 Red Rock Casino Resort Spa にて開催の" Nashville Unplugged " に
Chas Sandford, Tamara Champlin, Brian McComawsとともに参加
 
●5月24日 リリースされたState Cowsの2nd 「The Second One」に収録されてる" Finally Fair And Balanced " にBill Champlinがリードボーカルで参加しています。
http://statecows.bandcamp.com/album/the-second-one

●5月 Will ChamplinはSoundcloudにて以下の曲を新たに公開しました。
  1.Tap Dancing On A Circus Wire  

●5月2日 Frederic Slamaは自身のプロジェクト「AOR」の最新作のレコーディングを終えたようです。今回もTommy Denanderの協力のもと、2013年後半のリリース予定で、豪華なゲストボーカリスト陣にBill Champlinも含まれている模様。

● Bill Champlin、Joseph Williams、Peter Friestedtのラ イブDVD/CD " Live In Concert " まずは欧州で4月26日にリリース。 ワールドワイドには5月17日発売。 レーベルは「Soundpollution」より。 収録曲は以下の通り。
1. Going Home
2. Take It Uptown
3. Hard Habit To Break
4. Where To Touch You
5. When You Look In My Eyes
6. After The Love Is Gone
7. Turn Your Love Around
8. Look Away
9. This Fall
10. Satisfaction 2012年3月25日に Gothenbourgで収録分。インタビューでは作成中のスタジオアルバムについても語っています。なおこの輸入盤はPal方式(リージョンフリー)のため、日本製のDVD playerでは再生不可能です。PCでは可能。
3人以外のメンバーは Herman Matthews (Drums)、 Per Mathisen (Bass) 、Stefan Gunnarsson (Keyboards, Vocals) 、Tamara Champlin (Vocals)

●Sally Champlinが曲作りとバックボーカルで参加したBob Henly Vのシングル「Eveil Greed」がCD Babyよりダウンロード可能。
https://www.cdbaby.com/m/cd/bobhenleyiii

●Bob Henley VとSally Champlinは2012年の夏より新譜に取りかかっており、2枚のアルバムがリリースされる見通しです。

●Degreedというスウェーデンの5人組ロックバンドの2ndアルバム「We Don't Belong」の日本盤が5月8日にリリース。(ボーナストラック2曲含む全13曲収録)
Bill Champlinがその中の" In For The Ride " という曲で参加。
BillとWill Champlinが2曲提供。

●3月9日付のBill Champlinのメーリングリストからのnewsletterによると、Tamara Champlinはヨーロッパでのリリースを予定しているアルバム向けの曲を作り、レコーディングしている模様。ロック色の強い作品になるようです。

●5月3日 Yoshi's Oaklandにて Sons of Champlinライブ決定。
Bill Champlin - organ, guitar, vocals
Tamara Champlin - vocals
Dick Mithun - bass
Geoff Palmer - keyboard
Jim Preston - drums
Carmen Grillo - guitar
Jeff Lewis - trumpet
Tim Cain - saxophone, guitar, piano, vocals

●2月9日 オフィシャルサイトでメーリングリスト開始のアナウンスありました。 melanie@billchamplin.net あてにメールすると、毎月Billだけでなく、Champlin Familyの情報がメールで送られてきます。早速第一段が送られてきました。

●Live生中継 日本時間2月1日13時(現地時間1月31日20:00)からYoshi's San Francisco, CAでで行われるライブが生中継され、以下のリンク先でストリーミング可能でした。
http://showgo.tv/

・Poppa Can Play

・Here In My Heart

・Look Away

・I Don't Wanna Live Without Your Love

・Hard Habit To Break

・No Place Left To Fall

・In The Heat Of The Night

・After The Love Is Gone ・Turn Your Love Around

・Look Out 等が演奏され(他にも数曲)、Tamaraも2曲披露したようです。(曲は不明)

 

● " Santa Fe and The Fat City Horns / Live with the Champlins " (DVD)

14曲: 110分収録中以下の8曲でChamplinsが共演。(Bill 7曲、Tamara 5曲、Will 5曲) Champlin登場以降でも65分程あります。

7. Turn Your Love Around (with Bill)

8. After The Love Has Gone (with Bill & Will)

9. Love Is Gonna Find You (with Bill & Tamara)

10. Back Streets Of Paradise (with Tamara & Bill)

11. Yo Mama (with Bill, Tamara & Will)

12. All My Might (with Will)

13. Rainin' Sunshine (with Tamara, Bill & Will)

14. Livin' For The City (with Bill, Tamara & Will)

 

●CTA with Will Champlinの動画

http://www.namm.org/thenammshow/2013/articles/cta-heats-main-stage

2013年1月26日18:00からNAMM Showでのパフォーマンスです。

Newアルバム「Sacred Ground」の発売が楽しみですね。(3月予定)

 

●1/28 待望のDVDリリース !

2011年11月21日にラスベガスの「Palm Louge」で行われたSanta Fe & The Fat City HornsのライブにゲストとしてBill、Tamara、WillのChamplin Familyが参加した映像です。 http://www.strokeland.com/StrokelandFamily/SantaFe/LiveChamplinsDVD/SantaFeLiveChamplinsDVD.htm

 

●1月25日 Peter Friestedtが同日、昨年3月にBill, Tamara, Joseph Williamsと共に行ったツアーの模様を収録したDVD/CDの最終マスタリング作業をしたと発表。

 

●Bill Champlin、Tommy Denanderと新曲 Tommyの新しいソロアルバム用に二人で曲「Everything They Desire」を書き、Billはリードボーカルとバックボーカルをした模様。

 

●Will ChamplinがSpecial guestとして1月13日にThe Coach Houseで行われるCalifornia Transit Authorityのライブに参加。

 

●今年のライブは現在(1月26日時点)以下の通りです。

・Solo (with Tamara Champlin)

1/31 Yoshi's San Francisco

3/2 Harlows Restaurant & Night Club, Sacramento

・Legend - Voices Of Rock

4/15 Moscow, Russian Federation - Crocus City Hall

4/17 Bratislava, Slovakia - Istropolis

4/18 Banska Bystrica, Slovakia - Ministry Of Fun

4/21 Madrid, Spain 4/24 Kalmar, Sweden - Skalby Loge

4/25 Stockholm, Sweden - Debaser Medis

4/26 Lyksele, Sweden - Hotell Lappland

4/27 Lyksele, Sweden - Hotell Lappland

(この8公演に参加のボーカリストはBill以外にBobby Kimball、Joe Lynn Turner、Steve Augeriとなっています。)

 

●アメリカのTV番組「Justified」のサントラが2013年1月8日から日本のiTunes Storeでも購入可能。その4曲目にBill Champlin & Steve Porcaroの「Devil's At The Wheel」が収録されます。

http://www.tvrage.com/news/3983/justified-music-from-the-original-television-series-to-be-released-january-8

この曲単独は日本のAmazonさんではMP3でも取扱いありません。

サントラ自体はCD-Rですが、米国のAmazonさんから購入可能です。 http://www.amazon.com/gp/aw/d/B00AYNG9BC/ref=mw_dp_mpd?pd=1&qid=1359762568&sr=8-31

 

●Danny Seraphine率いるバンド「California Transit Authority」が約2年半に渡って製作中の2ndアルバム「Promise」 リリースに向けた協力を求めています。

http://ctapromise.wordpress.com/

このアルバムには12曲収録予定ですが、最後に仕上げている " Strike While The Iron's Hot " という曲のレコーディング・ドキュメンタリー・ビデオ、Willのリードボーカルも撮影されたものが以下で公開されました。
Will Champlinはこの曲作りもしてるようです。Jazzyでcool♪ お気に入りです。アルバムが待ちきれませ ん。

 


 

●Frobeckというサンフランシスコのファンクバンドが2012年8月25日にリリースしたアルバム「624」の3曲目 " We're Only Here " でBillのリードボーカルを堪能できます。 http://frobeck.bandcamp.com/track/were-only-here-feat-bill-champlin この曲のレコーディングの様子が以下でみれます。

http://www.kickstarter.com/projects/frobeck/frobeck-624

またCDリリース当日、カリフォルニア州のHopmonk Tavernで20:00〜行われたショーにBill Champlinはスペシャルゲストとして参加しています。

●Will Champlinがカバー曲「Wide Eyes Open」をtwitter musicのサイトにup。アコギでの弾き語り。 http://t.co/2YTS7krM

 

●12月7日 Sons Of Champlin ライブ実施、Tim Cainが復帰 ! なんとWill Champlinは今回はベーシストとして。彼はBill同様にマルチプレーヤーです。彼の2009年リリースのソロアルバム「Will Champlin」で実証済。
 Uptown Theater in Napa, CA
・Bill Champlin (Vocals, Keyboards, Organ, Guitars)
・Tamara Champlin (Vocals)
・Will Champlin (Vocals, Bass)
・James Preston (Drums, Vocals)
・Geoff Palmer (Keyboards, Vibes)
 ・Carmen Grillo (Guitars, Vocals)
 ・Jeff Lewis (Trumpet)
・Tim Cain (Saxophone, Vocals)
 
 ●Peter Friestedt、Bill ChamplinとJoseph Williamsとのコラボレーションアルバム製作中 ! また彼は今年の春に行ったライブのDVD化にも言及しています。ただし現時点(11月)ではそれが3月のBill、Tamara、Joseph Williams参加のライブかは明らかにしていません。 ●11月30日にリリースされる、Lionvilleのセカンドアルバム「2」に収録される「Higher」という曲でBill Champlinが3人のリードボーカリストの一人として参加、Tamara Champlinはバックボーカリストで。
 
●10月12日 オレゴン州ポートランドの101.9KINk.FM.用にBing Loungeで行われたライヴが同放送局のYoutubeにupされています。・Interview シカゴの事にも触れており、興味深い内容です。
以下の4曲も披露しました。
・Look Away
 
 
 
 

●Michael Caruso氏のReverbnationのページに彼とBill、Willの共作曲「Between The Lines」のデモ音源がupされています。 http://m.facebook.com/apps/reverbnation_fb?fb_source=timeline&redirect_uri=http%3A%2F%2Fwww.reverbnation.com%2Fopen_graph%2Fsong%2F13970044%3F1336410755&ref=profile&refid=17

 

 ●Double G and The CoolbeansというバンドのReverbnationのページにMichael Caruso氏、Goss、Tamara Champlin共作の「Trouble Man」がupされています。Tamara Champlinはリードボーカルも。 http://m.facebook.com/apps/reverbnation_fb?fb_source=timeline&redirect_uri=http%3A%2F%2Fwww.reverbnation.com%2Fopen_graph%2Fsong%2F14243855%3F1336410755&ref=profile&refid=17 

 

 ●8月29日 リリースのブラスロックのコンピレーションCD「Blow Up ! - All That Brass Rock」(SICP-20410)16曲収録の中に以下の2曲があります。・Goldmine by The Sons Of Champlin (1975年リリースの「The Sons Of Champlin」より) ・Hold On by The Memphis Horns (1978年リリースの「The Memphis Horns Band 2」より) 特にこの2曲目は貴重です。おそらく初CD化でBillがMichael McDonald等とともにリードボーカリストとして参加、The Sons Of Champlinのカバーです。

 ●5月1日 遂にMiles Of Will デビューEPリリース

 Miles Of Will / Wild Ride Their debut 5 songs EP was released on May , 2012 through their FB page.

1. Haters

2. Now You're Alive

3. Wild Ride

4. Fangs

5. Time & Place

・Miles Schon on guitar & vocals ・Will Champlin on keyboards & lead vocals Featuring guests: ・Alan Hurtz (drums) ・Tim Baker (bass)

Produced by Miles Schon & Will Champlin All tracks except #3: written by Miles Schon & Will Champlin (Track #3: Miles, Will & Lara Johnston)

All songs blew me away ! You can listen to amazing pop/rock sounds. Don't miss this new band ! Now digital download is available at the following links. For U.S.A.
http://itunes.apple.com/us/album/wild-ride-ep/id543986060?ign-mpt=uo%3D4

http://www.amazon.com/gp/product/B008KD66I4?ie=UTF8&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

For Japan http://itunes.apple.com/jp/album/wild-ride-feat.-beth-guterman/id543986060?i=543986409&ign-mpt=uo%3D4

http://www.amazon.co.jp/Wild-Ride/dp/B008KBCG4E/ref=sr_shvl_album_1?ie=UTF8&qid=1344479787&sr=301-1

 

●Bill Champlin 6月来日 単独ではありませんが、「Voices Of AOR」の一員として

Bobby Kimball、Ferigie Frederiksen、Steve Augeri(ex-Jpourney)等とともに

6月7日 Zepp(名古屋)

6月9日 NHK ホール(大阪)

6月11日 サンプラザホール(東京)

6月13日 CCレモンホール(東京)

 

●Will Champlin & Morgan Karr / Live Again

http://soundcloud.com/hooksmith/live-again-will-champlin

で聴けます。

 

●Will Champlin Live at The Renaissance Hotel in Hollywood, CA

   2012年3月5日と3月8日にも開催

 

●Bill Champlin & Tamara Champlin

2/25 House Of Blues Los Angels, Fondation Room にてライブ

 

●Grady Nichols (sax)のまもなくリリースされる6枚目のアルバム「Destinations」にBill Champlinが参加している模様。オルガンとボーカルでと思われます。

 

●Bill Champlin、Chas Sandfordと新曲を共作

ナッシュビルにあるSecret Sound スタジオでともに作業してるようです。

 

●Will Champlin ソロライブ

2月2日21:00〜The Renaissance Hotelにて開催
 
自身のピアノとボーカルのみで「Jealous Guy」(ジョン・レノンのカバー)、「Shot In The Dark」、「Didn't We Love」を披露しています。他にどんな曲を演奏したか不明です。カバー以外の2曲は新曲でしょうか?

 

●Bill Champlin Tour In Europe

遂に正式に発表されました。下記の日程でツアーが行われます。今回はLeon Russellとのダブルヘッドライナーが全9公演中 7公演、残り2公演は単独(Joseph Williamsとの)の模様です。

今回のメンバーはBill Champlin, Joseph Williamsの他には

Peter Friestedt (g) Herman Matthews (ds) Per Mathisen (b) Stefan Gunnarsson (key, vo) Tamara Champlin (vo) となっています。

 

3/23 Vasteras・Sigurdsg *Bill Champlin & Joseph Williams

3/24 Stockholm・Berns

3/25 Goteborg・Tradgar'n

3/26 Malmo・Kulturbolaget

3/27 Jonkopings Teater *Bill Champlin & Joseph Willaims

3/28 Kopenhamn・Amager Bio

3/30 Stavanger Konserthus

3/31 Bergen・PeerGynt Salen

4/1  Oslo・Sentrum Scene

 

●Janey Clewer & Friends / Love  品番:VSCD3543 2,625円(税込)

2012年4月4日にVIVD SOUND様から発売に決定。(当初予定の1/25から変更)

  1. Love *新曲Bill Champlin, Tamara Champlin, Peter Cetera 参加

  2. Falling In Love

  3. Won't Go Back

  4. Two Shooting Stars

  5. Can't Let You Go With My Heart

  6. Impossible

  7. Call Me Romantic 

       8. God's Perfect Plan

  9. Only Time Will Tell

  10. Forever Valentines

        *1998年リリースのアルバムより Bill Champlin とのDuet

  11. Exposed

  12. Lovers Are Never Lost

  13. The Last Words You Said

  • 14. If Only For Tonight

 

●Bill Champlinは現在、Joseph WilliamsとともにPeter Friestedtとレコーディング中!

 

ただし、ビルのソロではなく、Peter Friestedtがメインのプロジェクトではないかと思われます。2002年の「The L.A. Project」、2008年の「The L.A. Project 2」に続く第三弾かは不明。

 

●Miles of Will 始動 !

Will ChamplinはMiles Schon(23歳)と二人で「Miles Of Will」として活動をはじめ、初めてのEP「Wild Ride」を完成させたところのようです。このバンドは1/26に行われるVoices of Latin Rock が初ステージになります。http://www.bimbos365club.com/event/86127/

下記のサイトでEPのストリーミングも可能です。

 http://www.marinij.com/lifestyles/ci_19778352

 

●Will Champlin は世界最大の楽器の祭典”Winter NAMM SHOW 2012"(1/19〜1/21)に参加し、現地時間1/20(金)Miles Schon (g)(JourneyのNeal Schonの息子)と一緒にバンド演奏します。

http://www.namm.org/thenammshow/2012

 

●1/11現地放送のTamara Champlinがゲスト出演したRadio番組の模様が下記のサイトでストリーミング可能です。

http://www.talkshoe.com/talkshoe/web/audioPop.jsp?episodeId=580150&cmd=apop

アコースティック・スタジオライブで の「Shoo-Rah」はじまりますが、インタビュー中心で33分程度の放送に短縮されています。途中で「Whereza Party」、「I'm Not Your Lover」、「Jimmy Jimmy」の音源も一部流れます。

 

●"Night Views" Radio with Guest Tamara Champlin

現地時間1月11日午後7時から最初の1時間にTamaraがゲスト出演予定。その中でMichael Carusoと共作しEye Rocks RadioでBest Songを受賞したシングル「Wheresa Party」について話をする模様。

 

  ●2012年のライブ日程が発表されました。今のところ下記の2公演になります。

January 21   Harlow's Restaurant & Nightclub (Sacramento, CA )  with Tamara Champlin

このライブは基本、ビル一人での弾き語りスタイル(キーボードもしくはギター)で曲によってはタマラが参加して以下の曲を演奏した模様。(順不同)

●All Along  (key)  ●In The Heat Of The Night (key) ●There Goes Your All Night (key)

●Light Up The Candles (g) ●Sara (key)  ●You're Gonnna Love Someone (key) with Tamara

●Look Away (g) ●Lightnin' In A Bottle (g) with Tamara ●Here Is Where Your Love Belong (key)

●Isn't She Lovely (key) Looking For You (key) ●He Started To Sing (key) ●Pappa Can Play (g) ●Lover Like That (g)

January 22   George's Nightclub (San Rafael, CA )  with Bonnie Hayes

 

●2011年11月25日

Will Champlin はMiles Schon(JorneyのギタリストNeal Schonの息子)、Lara Johnston(Doobie BrothersのTom Johnstonの娘さん)とのバンド「The Miles Schon Band」としてに2011/11/25にGeorge's Nightclubにおいてライブを行っています。

*この3人でのバンドとしては2011年6月にサクラメントで行われた「KISS」のライブのオープニングアクトでデビューしてます。

Bill, Tamara, & Will Champlin featured with Santa Fe & The Fat City Horns

November 21  The Palms Casino The Lounge (Las Vegas, NV )

このライブはDVD様として収録されたようです。(発売日は未定)以下の曲が演奏された模様です。

1. Turn Your Love Around

2. After The Love Has Gone (with Will)

3. Love Is Gonna Find You (with Tamara)

4. He Started To Sing (with Tamara)

5. Backstreets Of Paradise (Tamara on Lead Vocals)

6. Yo Mama

7. All My Might (Will on Lead Vocals)

8. Raining Sunshine (with Will & Tamara, Will on Lead Vocals)

9. Livin' For The City

 

●2011年11月16日    Kenji Sano / Culture Chameleon

ビルは以下の2曲でリードボーカルとります。
●Slippery When Wet(コモドアーズのカバー)
●If You Want Me To Stay(スライ&ザ・ファミリーストーンのカバー)
Kenji Sano さんは今年の4月に行われたビルのコットンクラブでのライブでメンバー紹介の際に、会場をさしてビルから「Kenji Champlin」と親しみを込めて紹介されてました。この2曲はリードボーカルだけでなく、バックボーカル、B3オルガンが良いスバイスになっております。
「Slippery When Wet」はサンズが76年にリリースしたアルバム「A Circle Filled With Love」 でもカバーしてた曲ですね。
ビルがソウルの名曲をカバーするアルバム、日本のレコード会社が企画してほしいです。

 

● 2011年11月

ビルの標題の曲がラジオ番組「The Caring Effect」のテーマソングになるようです。
私は初めて聴きました。

http://www.billchamplin.net/bcstepup.html

 

●2011年10月 

Jack Mack & The Heart Attack

のCD ”Soul Meeting"が10月5日にTower of PowerのStephen " Doc" Kupkaが主宰するレーベルからリリースされています。
http://www.strokeland.com/

12曲入りのCDですが、4曲目のタイトルトラック「Soul Meeting」にBill Champlinがリードボーカルで参加しています。
上記サイトで少し試聴もできますが、ビル単独でのボーカルではなく、5人のボーカリストが順番にリードボーカルをとるようですね。

ちなみにその5人はBill Champlin, Max Carl, Mike Finnigan, Tim Scott, Mark Campbellとなります。

このバンドのサイト、
http://jackmack.com ではこの曲をフルで聴けます。
ビルはトップバッターで最初から1分位でまでリードとってます。

 

●2011年8月10日 「Karin Paparelli / Living It」 の6曲目収録の「Open」と言う曲はKarin Paparelli & Will Champlinとなっており、Willのリードボーカルが大々的にフィーチャリングされてます。http://www.cdbaby.com/cd/karinpaparelli2

 

●2011年7月 

Fly By The Light

1992年リリースのアルバム「Burn Down The Night」に収録の曲ですが、今回新たにスタジオ・ライブスタイルで録音しています。
このアルバムをProduceしたGreg Mathiesonもピアノで参加しています。

以下のサイトで録音風景がみれますし、音源もFreeでダウンロード可能です。

http://www.harmanpro.com/Sessions/ 

 

Danny Seraphineのバンド 「California Transit Anthority」のNew Album " Promise"にバックボーカリストとして参加。リリース日は未定です。

2010年10月27日放送のPositive Listening Radio(インターネット・ラジオ番組)のインタビューでDanny がその事をほのめかしています。

 

●Sweet Marieのスタジオ録音

1984年1月のシカゴの来日公演で披露された「Sweet Marie」ですが、2010年5月にノルウェーで共演したバンド「TOBB」(=The Original Bulshit Band)の製作中のNEWアルバムでビルがハモンド・オルガンとボーカルを担当したようです。リリース日は未定です。

 

 ●The Terry Kath Tribue call-in Show

 インターネットラジオ番組のPositive Listening Radio http://positivelisteningradio.com/store.htmlで有料DL出来ます。

*2010年1月23日に行われたTerry Kathへのトリビュートshow(約1時間)でBill Champlin、Danny Seraphine、Dawayne Bailey、Steve Lukather、Kenny Cetera等が参加するchat、インタビューのMP3音源(64K)


プロフィール

自己紹介
1983年の高校生のときにAsiaのボーカル&べーシストのJohn Wettonの”声”に魅了されて洋楽にどっぷりとはまっていきました。一番好きなバンドが「シカゴ」。1984年にリリースされたアルバム「17」からのセカンド・シングル「Hard Habit To Break」でのビル・チャンプリンのボーカルにノックアウト!以来彼の大ファンです。
その他に好きなアーティストはRichard Page,David Pack,Michael McDonald,Steely Dan,Steve Winwood,Paul Carrack,Paul Rodgers,Go West,Peter Mayer,George Hawkins Jr.,Aaron Haggerty,Frobeck,Mick Hayes,Tower Of Power等です。

ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード