地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

Scientific Linux 32bit

 (将来編集予定)ここでは、PCに Scientific Linux をインストールし、第一原理計算コードをセットアップするまでを解説する。 (64bitはOSをx86_64にして、intel compiler において、ia32 を intel64に し、ライブラリを64bitのタイプに指定することで可能になる)
------------------------------------------------------------------------------
Scientific 6.1 i383 のインストール
  1) google で 「riken linux」と入力して検索すると、下記のHPが得られる。
    http://ftp.riken.go.jp/Linux/
  2) 「scientific/」→「6.1/」→「i386/」→「iso]
  3) 「SL-61-i386-2011-07-27-Install-DVD.iso」をirvine1_3_0などでダウンロードする。

  4) DVDなどにiso形式で焼いて、フォーマットしたPCにインストールする。

  5) 今後使用するパスワードをなどを設定していけばインストールは完了する。
------------------------------------------------------------------------------

Scientific Linux  の終了と再起動
  1) 「System」→「Shut Down...」
  2) 「Shut Down」を選択すれば終了。「Restart」を選択すれば再起動される。
------------------------------------------------------------------------------
仮想マシン設定の編集
  1) 左欄からインストールしたLinux OSを選択する。
  2) 右下にある「仮想マシン設定の編集」を選択する。
  3) メモリを推奨最大メモリに設定する。
  4) プロセッサを選択し、プロセッサ コアの数を設定する。(Core 2 Quadであれば、2や4)を選択する。
  5) 設定が終われば 「OK」を押す。
------------------------------------------------------------------------------
仮想マシンの再生(Scientific Linux 6.1 i383 の起動)
  1) 左欄からインストールしたLinux OS(Scientific Linux 6.1 i383)を選択する。
  2) 右下にある「仮想マシンの再生」を選択する。
  3) 上記で起動する。
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算に必要なソフトのダウンロードT(「Add/Remove Software」上)
  1) 「System」→「Administration」→「Add/Remove Software」
  2) 左上にある検索の欄で探したいソフト名を入力する。(例えば、「libstdc」など)
  3) Querying が消えるまで待つ。
  4) 右側にインストールするソフトの候補が現れるので、インストールしたいソフトにチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  5) Authenticateの欄が出るので、「Password for root: 」にパスワードを入力し、「Authenticate」を押す。
  6) yum install emacs
  7) 以下、長くなるが、下記に代表的なインストールの例を示す。

◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  1) 検索で「gfortran」と入力して、「Compatibility Fortran 95 runtime library version 4.1.2」にチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  2) 検索で「gnuplot」と入力して、「Minimal version of program for plotting mathematical expressions and data」にチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。

  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  1) 検索で「libstdc」と入力して、「Compatibility standard C++ libraries」にチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  2) 検索で「gnuplot」と入力して、「Minimal version of program for plotting mathematical expressions and data」にチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算に必要なソフトのダウンロードU(Compiler install)

  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  Intel Compiler
  1) google で 「Non-commercial Intel」と入力して検索すると、下記のHPが得られる。
    https://registrationcenter.intel.com/RegCenter/MySerialNumbers.aspx?sn=NDM4-KTX8LJ9G&EmailID=publicadressinukai%40yahoo.co.jp&Sequence=987190 
  2) Accept を押して、必要事項を記入する。
  3) Product for 32-bit development にチェックを入れて、Download Now を押す。
  4) 必要事項を記入したときのメールアドレスに添付されている ライセンスファイルをダウンロードして、「Places」→「Home folder」の中に置く。
  5) 「Applications」→「System Tools」→「Terminal」 でコマンドを入力できるようにする
  6) tar zxvf と入力後、「Downloads」のフォルダを開いて、ダウンロードしたファイルをマウスで左クリックしながら「Terminal」 へ入れる。その後に、Enterを押す。
  7) su と入力。(以後、Enterを押す と明記しない)
  8) emacs /etc/sysconfig/selinux
    SELINUX=disabled と入力後、Save。
  9) emacs /etc/sysconfig/grub.conf
    selinux=0 と入力後、Save。
  10) emacs /etc/sysconfig/lilo.conf
    selinux=0 と入力後、Save。
  11) 「System」→「Shut Down...」→「Restart」
  12) 「Applications」→「System Tools」→「Terminal」 
  13) cd と入力後、「parallel_studio_xe_2011...」のファイルを左クリックしながら「Terminal」 へ入れる。(※ cd はカレントディレクトリ{=フォルダ}をどこにするかを指定するコマンド)
  14) ./install.sh
  15) 「3. Install as current user to limit access to user level* 」を選択。
  16) 「Press "Enter" key to continue or "q" to quit: 」でEnterを入力。
  17) 「1. Skip prerequisites [default] 」を選択。
  18) 「space」 を押し続け、最後に 「accept」と入力してEnterを押す。
  19) 「3. I want to activate either remotely, or by using a license file, or by using a
license manager」を選択。
  20) 「2. Use a license file」 を選択。
  21) 「Applications」→「System Tools」→「Terminal」 で新しく開いた「Terminal」の中に、ライセンスファイルを入れる。' 'の中をコピーする。
  22) 前の「Terminal」に戻って、ペーストし、Enter を押す。
  23) 「Press "Enter" key to continue:」でEnterを押す。
  24) 「1. Start installation Now」を選択。
  25) 「Would you like to overwrite this directory? ( Yes/No ) [ Yes ] :」でEnterを押す。
  26) 「1. Skip prerequisites [default]」を選択。
  27) 「Please type a selection or press "Enter" to accept default choice [q]:」でqを押す。
    この後に表示されている。/home/...以後の情報をメモしておく。
  28) cd $home
  29) emaces .bashrc にて最後の行に下記を書き入れる(user_nameのところが人により異なる)。
    export PATH=$PATH:/home/user_name/intel/vtune_amplifier_xe_2011
    export PATH=$PATH:/home/user_name/intel/inspector_xe_2011
    source /home/user_name/intel/bin/compilervars.sh ia32
    source /home/user_name/intel/bin/
  30) bash にて変更を反映させる(再起動させてもよい)。
  31) ifort -v にてFortran コンパイラの動作確認を兼ねてVersion情報を表示させる。
  32) icc -v にてC コンパイラの動作確認を兼ねてVersion情報を表示させる。
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算に必要なライブラリの設定T(Parallel set up)(調査中)
  ◇ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)  
  MPICH (※下記の方法ではmpif90などが作成されなかったので、MPICH2の説明をこの後に入れる)
  1) googleで「mpich」と入力して検索する。下記のHPが得られる。
    http://www.mcs.anl.gov/research/projects/mpich2/
  2) 「Downloads Page >>」に向かう。
  3) 一番下にあるMPICH-1をクリックして、ダウンロードする。
  4) tar zxvf と入力後、「Downloads」のフォルダを開いて、ダウンロードしたファイルをマウスで左クリックしながら「Terminal」 へ入れる。その後に、Enterを押す。
  5) cd と入力後、「Downloads」のフォルダを開いて、ダウンロードしたファイルをマウスで左クリックしながら「Terminal」 へ入れる。その後に、Enterを押す。
  6) ./configure -prefix=/usr/lib/mpich -opt=-O2 -c++=g++ -cc=gcc -fc=gfortran -f90=gfortran -f77=gfortran --with-arch=LINUX
  7) make
  8) su
  9) make install
  10) /usr/local/mpich/share/machines.LINUX にMPIで利用するマシン名の一覧を記入
  11) ホームフォルダでの .bashrc に下記を追加。
    export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/lib/mpich/lib
  12) 各コンパイルでのコマンドは下記のようになる。
    Fortran 77: /usr/local/mpich/bin/mpif77
    Fortran 90: /usr/local/mpich/bin/mpif90
    C : /usr/local/mpich/bin/mpicc

  MPICH2
  1) 「System」→「Administration」→「Add/Remove Software」
  2) 左上にある検索の欄で「mpich2」と入力する。
  3) 右側にインストールするソフトの候補が現れるので、全にチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  4) hosts に「 マシン名 cpu=2 」と各行にマシンの数だけ記入する。
 5) 各コンパイルでのコマンドは下記のようになる。
    Fortran 77: /usr/lib/mpich2/bin/mpif77
    Fortran 90: /usr/lib/mpich2/bin/mpif90
    C : /usr/lib/mpich2/bin/mpicc
    C++ : /usr/lib/mpich2/bin/mpicxx
  6) 実行は下記のようになる
    mpirun -machinefile hosts -mca pls_rsh_agent rsh -np 2 abinit <case.files> case.log

  OpenMPI (インストール後は再起動すること!)
  1) 「System」→「Administration」→「Add/Remove Software」
  2) 左上にある検索の欄で「openmpi」と入力する。
  3) 右側にインストールするソフトの候補が現れるので、インストールしたいソフトにチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  4) hosts に「 マシン名 cpu=2 」と各行にマシンの数だけ記入する。
 5) 各コンパイルでのコマンドは下記のようになる。
    Fortran 77: /usr/lib/openmpi/bin/mpif77
    Fortran 90: /usr/lib/openmpi/bin/mpif90
    C : /usr/lib/openmpi/bin/mpicc
    C++ : /usr/lib/openmpi/bin/mpicxx
  6) 実行は下記のようになる
    mpirun -machinefile hosts -mca pls_rsh_agent rsh -np 2 abinit <case.files> case.log

  ◇ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  MPICH
  1) googleで「mpich」と入力して検索する。下記のHPが得られる。
    http://www.mcs.anl.gov/research/projects/mpich2/
  2) 「Downloads Page >>」に向かう。
  3) 一番下にあるMPICH-1をクリックして、ダウンロードする。
  4) tar zxvf と入力後、「Downloads」のフォルダを開いて、ダウンロードしたファイルをマウスで左クリックしながら「Terminal」 へ入れる。その後に、Enterを押す。
  5) cd と入力後、「Downloads」のフォルダを開いて、ダウンロードしたファイルをマウスで左クリックしながら「Terminal」 へ入れる。その後に、Enterを押す。
  6) ./configure -prefix=/usr/local/mpich -opt=-O2 -c++=icpc -cc=icc -fc=ifort -f90=ifort -f77=ifort --with-arch=LINUX
  7) make
  8) su
  9) make install
  10) /usr/local/mpich/share/machines.LINUX にMPIで利用するマシン名の一覧を記入
  11) ホームフォルダでの .bashrc に下記を追加。
    export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/mpich/lib
  12) 各コンパイルでのコマンドは下記のようになる。
    Fortran 77: /usr/local/mpich/bin/mpif77
    Fortran 90: /usr/local/mpich/bin/mpif90
    C : /usr/local/mpich/bin/mpicc

  OpenMPI (インストール後は再起動すること!)
  1) googleで「openmpi」と入力して検索する。下記のHPが得られる。
    http://www.open-mpi.org/software/ompi/v1.4/
  2) openmpi-1.4.3.tar.gz をダウンロードする。
  3) tar zxvf openmpi-1.4.3.tar.gz
  4) cd openmpi-1.4.3
  5) ./configure -prefix=/usr/local/openmpi CXX=icpc CC=icc FC=ifort F90=ifort F77=ifort
  6) make
  7) su
  8) make all install
  9) /usr/local/openmpi/etc/openmpi-default-hostfile にMPIで利用するマシン名の一覧を記入
  10) ホームフォルダでの .bashrc に下記を追加。
    export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/openmpi/lib
  11) 各コンパイルでのコマンドは下記のようになる。
    Fortran 77: /usr/local/openmpi/bin/mpif77
    Fortran 90: /usr/local/openmpi/bin/mpif90
    C : /usr/local/openmpi/bin/mpicc
    C++ : /usr/local/openmpi/bin/mpicxx
  12) 実行は下記のようになる
    mpirun -mca pls_rsh_agent rsh -np 2 abinit <case.files> case.log
------------------------------------------------------------------------------
並列計算を実行する前に必要なrshの設定
  1) 「System」→「Administration」→「Add/Remove Software」
  2) 左上にある検索の欄で、「rsh-server」を入力して対応するソフトを探す。
  3) Querying が消えるまで待つ。
  4) 右側にインストールするソフトの候補が現れるので、インストールしたいrshと書かれたものにチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  5) rpm -qa rsh-server, rpm -qa xinted
    rsh-server, eintedがインストールされていることを確認する
  6) su
  7) /sbin/chkconfig rsh on
    ブート時に rsh を自動的に起動するように設定する
  8) /sbin/chkconfig rlogin on
    ブート時にrloginを自動的に起動するように設定する
  9) /sbin/service xinted restart
    ブート時にxinted を自動的に起動するように設定する
  10) ホームディレクトリに .rhosts ファイルへ通信するマシン全てと localhost.localdomain を記述
    kwrite ~/.rhosts
    localhost.localdomain
    localhost
    host1
    host2
  11) .rhosts のパーミッションを600にする。chmod 600 ~/.rhosts
  12) rsh の動作確認
    rsh localhost.localdomain hostname
    rsh localhost hostname
参考HP : http://mase.itc.nagoya-u.ac.jp/~hirano/pukiwiki/index.php?CentOS5%A4%C7rsh%A4%F2%CD%AD%B8%FA%A4%CB%A4%B9%A4%EB
------------------------------------------------------------------------------

並列計算を実行する前に必要な .mpd.conf の設定

  ホームフォルダでの設定 (PWscfで必要)

  1) mpd &
  2) cd $HOME
  3) touch .mpd.conf
  4) chmod 600 .mpd.conf
  5) emacs .mpd.conf で下記を書き入れる。*****はPCにより異なると思う。
    MPD_SECRETWORD=*****
  6) mpd &

 

  ルートでの設定 (ABINTIで必要)

  1) su
  2) cd /root
  3) touch .mpd.conf
  4) chmod 600 .mpd.conf
  5) emacs .mpd.conf で下記を書き入れる。*****はPCにより異なると思う。
    MPD_SECRETWORD=*****
  6) mpd &
------------------------------------------------------------------------------

第一原理計算に必要なライブラリの設定U(Library set up)
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  1) 「System」→「Administration」→「Add/Remove Software」
  2) 検索で「blas」と入力して、出てきた項目全てにチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  3) 検索で「lapack」と入力して、出てきた項目全てにチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  4) 検索で「FFT」と入力して、出てきた項目全てにチェックを入れて、「Apply」を押してインストールする。
  ◇ 並列化
  FFT: 左欄の「ライブラリの設定」を参照

  GotoBLAS: 左欄の「ライブラリの設定」を参照
  BLACS: 左欄の「ライブラリの設定」を参照
  ScaLapack: 左欄の「ライブラリの設定」を参照

  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化
  FFT: 左欄の「ライブラリの設定」を参照

  GotoBLAS: 左欄の「ライブラリの設定」を参照
  BLACS: 左欄の「ライブラリの設定」を参照
  ScaLapack: 左欄の「ライブラリの設定」を参照
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ PWscf
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化 

  MPICH2 version 1.2.1
  1) tar zxvf expresso-4.3.2.tar.gz
  2) cd expresso-4.3.2
  3) ./configure MPIF90=mpif90 CXX=g++ CC=gcc FC=gfortran F77=gfortran F90=gfortran BLAS_LIBS="-L/usr/lib -lblas" LAPACK_LIBS="-L/usr/lib -llapack" FFT_LIBS="-L/usr/lib -lfftw3"
  4) make all
  5) mpirun -machinefile /home/*/hosts -np 2 /home/*/espresso-4.3.2/bin/pw.x <atom.in> atom.out にて計算が成功する。

  ◇ 並列化

  OpenMPI
  1) tar zxvf expresso-4.3.2.tar.gz
  2) cd expresso-4.3.2
  3) ./configure MPIF90=/usr/lib/openmpi/bin/mpif90 CXX=g++ CC=gcc FC=gfortran F77=gfortran F90=gfortran BLAS_LIBS="-L/usr/lib -lblas" LAPACK_LIBS="-L/usr/lib -llapack" FFT_LIBS="-L/usr/lib -lfftw3"
  4) make all
  5) /usr/lib/openmpi/bin/mpirun -machinefile /home/*/hosts -np 2 /home/*/espresso-4.3.2/bin/pw.x <atom.in> atom.out 

  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化 

  OpenMP
  1) tar zxvf expresso-4.3.2.tar.gz
  2) cd expresso-4.3.2
  3) ./configure CXX=g++ CC=gcc FC=ifort F77=ifort F90=ifort  --enable-openmp --with-internal-blas --with-internal-lapack --with-internal-fftw --disable-parallel
  4) make all
  5) /home/*/espresso-4.3.2/bin/pw.x <atom.in> atom.out にて計算が成功する。

  ◇ 並列化 

  OpenMPI
  1) tar zxvf expresso-4.3.2.tar.gz
  2) cd expresso-4.3.2
  3) ./configure MPIF90=/usr/local/openmpi/bin/mpif90 CXX=g++ CC=gcc FC=ifort F77=ifort F90=ifort --with-internal-blas --with-internal-lapack --with-internal-fftw
  4) make all
  5) /usr/local/openmpi/bin/mpirun -machinefile /home/*/hosts -np 2 /home/*/espresso-4.3.2/bin/pw.x <atom.in> atom.out
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ CPMD
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化
  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ ABINIT
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化 

  MPICH2
  1) tar zxvf abinit-6.8.1.tar.gz
  2) cd abinit-6.8.1
  3) ./configure CC=gcc FC=mpif90 --enable-gw-cutoff --enable-gw-dpc --enable-gw-optimal --enable-gw-wrapper --enable-vdwxc --enable-mpi  LDFLAGS=-L/usr/lib LIBS="-llapack -lblas -lfftw3" --with-trio-flavor="none" --with-dft-flavor="none"
  4) make multi multi_nproces=2
  5) make install
  6) mpirun -machinefile /home/*/hosts -np 2 abinit <case.files> case.log
 
  ◇ 並列化

  OpenMPI
  1) tar zxvf abinit-6.8.1.tar.gz
  2) cd abinit-6.8.1
  3) ./configure --enable-gw-cutoff --enable-gw-dpc --enable-gw-optimal --enable-gw-wrapper --enable-vdwxc --enable-mpi CC=icc FC=/usr/lib/openmpi/bin/mpif90 LDFLAGS="-L/usr/lib" LIBS="-llapack -lblas" --with-trio-flavor="none" --with-trio-flavor="none" --with-dft-flavor="none"
  4) make multi multi_nproces=2
  5) make install
  6) /usr/lib/openmpi/bin/mpirun -machinefile /home/*/hosts -np 2 abinit <case.files> case.log

  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化 

  OpenMPI
  1) tar zxvf abinit-6.8.1.tar.gz
  2) cd abinit-6.8.1
  3) ./configure --enable-gw-cutoff --enable-gw-dpc --enable-gw-optimal --enable-gw-wrapper --enable-vdwxc --enable-mpi CC=icc FC=/usr/local/openmpi/bin/mpif90 LDFLAGS="-L/home/*/intel/*/mkl/lib/ia32" LIBS="-lmkl_intel -lmkl_sequential -lmkl_core -lpthread" --with-trio-flavor="none" --with-dft-flavor="none" --prefix=/home/user_name/abinit-6.8.1
  4) make multi multi_nproces=2
  5) make install
  6) /usr/local/openmpi/bin/mpirun -machinefile /home/*/hosts -np 2 /home/*/abinit-6.8.1/bin/abinit <case.files> case.log
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ Yambo
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化
  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ SPRKKR
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)

 ◇ 並列化

  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化

------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ WIEN2k
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化 (クラスターPCの場合)
  1) tar -xvf WIEN2k_11.tar
  2) gunzip *.gz
  3) chmod +x ./expand_lapw
  4) ./expand_lapw
  5) ./siteconfig_lapw
  6) V gfortran + gotolib を選択
  7) gfortran, gcc を入力
  8) r を押して、-llapack_lapw -lblas_lapw -lblas -llapack

    l を押して、$(FOPT) -L../SRC_lib

  9) shared Memory Architecture? (y/n): n

  10)  Remote shell (defaults is ssh) = rsh
  11) ./userconfig_lapw 
  12) bash
  13) w2web

 

  ◆ gfortran + Intel MKLの場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化 

  OpenMPI
  1) tar -xvf WIEN2k_11.tar
  2) gunzip *.gz
  3) chmod +x ./expand_lapw
  4) ./expand_lapw
  5) ./siteconfig_lapw
  6) V gfortran + gotolib を選択
  7) gfortran, gcc を入力

  8) O   specify compiler options, BLAS and LAPACK

     O   Compiler options: -ffree-form -O2

     L   Linker Flags: $(FOPT) -L$(MKLROOT)/lib/$(MKL_TARGET_ARCH) -pthread
     P   Preprocessor flags '-DParallel'
     R   R_LIB (LAPACK+BLAS): -lmkl_intel -lmkl_lapack95 -lmkl_blas95 -lmkl_core -lmkl_sequential -lmkl_gf

  9) shared Memory Architecture? (y/n): y

 10) Do you have MPI and Scalapack installed and......(y/n): y
    Your compiler: /usr/lib/openmpi/bin/mpif90
    RP  RP_LIB(SCALAPACK+PBLAS): -lmkl_scalapack_core -lmkl_solver -lmkl_blacs_openmpi -L/usr/lib -lfftw_mpi -lfftw $(R_LIBS)
     FP  FPOPT(par.comp.options): -ffree-form -O2

     MP  MPIRUN commando: mpirun -np _NP_ -machinefile _HOSTS_ _EXEC_
  11) ./userconfig_lapw 
  12) bash
  13) w2web

 
  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化

  OpenMP

  1) tar -xvf WIEN2k_11.tar
  2) gunzip *.gz
  3) chmod +x ./expand_lapw
  4) ./expand_lapw
  5) ./siteconfig_lapw
  6) ヴァージョンに合わせてI, J, K, K1 を選択(ここでは12 のIを選択してみる)
  7) ifort, icc を入力
  8) Current settings:
    O Compiler options: -FR -mp1 -w -prec_div -pc80 -pad -ip -DINTEL_VML -traceback
    L Linker Flags: $(FOPT) $(FOPT) -L$(MKLROOT)/lib/$(MKL_TARGET_ARCH) -pthread

    P Preprocessor flags '-DParallel'
    R R_LIB (LAPACK+BLAS): -lmkl_intel -lmkl_intel_thread -lmkl_core -lpthread
   9) Shared Memory Architecture? (y/n): y
  10) Do you have MPI and Scalapack installed and......(y/n): n
  11) ./userconfig_lapw
  12) bash
  13) w2web
参考HP : http://xinhuolin.web.officelive.com/Wien2kinUbuntu.aspx
参考文献 : http://www.ghfecher.de/Fecher_CompileIntel.pdf 

 

  ◇ 並列化 

  OpenMPI 

  1) tar -xvf WIEN2k_11.tar
  2) gunzip *.gz
  3) chmod +x ./expand_lapw
  4) ./expand_lapw
  5) ./siteconfig_lapw
  6) ヴァージョンに合わせてI, J, K, K1 を選択(ここでは 12 のIを選択する)
  7) ifort, icc を入力
  8) Current settings:
    O Compiler options: -FR -mp1 -w -prec_div -pc80 -pad -ip -DINTEL_VML -traceback
    L Linker Flags: $(FOPT) $(FOPT) -L$(MKLROOT)/lib/$(MKL_TARGET_ARCH) -pthread

    P Preprocessor flags '-DParallel'
    R R_LIB (LAPACK+BLAS): -lmkl_intel -lmkl_intel_thread -lmkl_core -openmp -lpthread
  9) Shared Memory Architecture? (y/n): y
  10) Do you have MPI and Scalapack installed and......(y/n): y
    Your compiler: /usr/local/openmpi/bin/mpif90
    RP RP_LIB(SCALAPACK+PBLAS): -lmkl_scalapack_core -lmkl_solver -lmkl_blacs_openmpi -L/usr/local/lib -lfftw_mpi -lfftw $(R_LIBS)

   FP FPOPT(par.comp.options): $(FOPT) -FR -mp1 -w -prec_div -pc80 -pad -ip -DINTEL_VML -traceback 

  11) ./userconfig_lapw 
  12) bash
  13) w2web
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ exciting
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化
  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化
------------------------------------------------------------------------------
第一原理計算のセットアップ CASINO
  ◆ gfortran の場合(業者様向け & 学生様向け)
  ◇ 並列化
  ◆ Intel Compiler をインストールする場合(学生様向け)
  ◇ 並列化
------------------------------------------------------------------------------


QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数