地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

データベース(物理系)

 ここでは膨大な研究結果のデータを分析するためのデータベースを紹介する。
論文の検索には Web of Science または google scholar で調べてみるのも良い。
-----------------------------------------------------------------------------

□ 研究ツールデータベース(総合): http://scienceportal.jp/database/D02/5/18/

□ 科学技術振興機構:http://www.jst.go.jp/data/index.html
  http://www.jst.go.jp/data/50on.html

□ 理化学研究所 理研総合データベース: http://omicspace.riken.jp/db/index.html.ja
□ 特許: Google Patent Search 
□ 国立国会図書館デジタルコレクション: http://dl.ndl.go.jp/ (公開されてる博士論文もwebから見れる)
□ International Tables for X-Ray Crystallography vol 1: https://archive.org/details/InternationalTablesForX-rayCrystallographyVol1

□ 無機材料であれば下記のHP(3元系以上でもデータが多い)を参照するのもよい。
  MatNavi: http://mits.nims.go.jp/ 
  AMCSD: http://rruff.geo.arizona.edu/AMS/amcsd.php 
    ( General search に検索ワードを入力)
  COD: http://www.crystallography.net/search.html 
    (CODの使い方は、 「1 to 8 elements」に元素を入力するか 「hints and tips」を見る)
  VESTA:  http://e-m.skr.jp/sub/VESTA-v001-gaku.pdf 

□ 分子量の計算: http://www.webqc.org/mmcalc.php
    http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page でも特性も含めて確認すること!
  Desk Handbook: Phase Diagrams for Binary Alloys: http://books.google.co.jp/books?id=qnJRVADoSG8C&pg=PR30&dq=Pearson's+Handbook&hl=ja&source=gbs_selected_pages&cad=3#v=onepage&q=Pearson's%20Handbook&f=false

□ 予算がある場合
「Pearson's Handbook: Desk Edition : Crystallographic Data for Intermetallic Phases」

□ 空間群に関するデータ:
・bilbao crystallographic server: http://www.cryst.ehu.es/
http://it.iucr.org/
http://img.chem.ucl.ac.uk/sgp/mainmenu.htm
http://img.chem.ucl.ac.uk/sgp/large/sgp.htm 
http://neutron-center.imr.tohoku.ac.jp/HERMES/Analysis/SPGroup.html
・k point Notation: https://arxiv.org/pdf/1004.2974.pdf

□ 逆格子空間
・Table of Space Group Symbols: http://www.cryst.ehu.es/cgi-bin/cryst/programs/nph-table?from=getwp
・Table of Space Group Symbols: http://www.cryst.ehu.es/cgi-bin/cryst/programs/nph-table
・wikipedia: http://en.wikipedia.org/wiki/Brillouin_zone 
http://www.sjsu.edu/faculty/watkins/brillouin.htm 
http://phycomp.technion.ac.il/~nika/brillouin_zones.html 
http://www.doitpoms.ac.uk/tlplib/brillouin_zones/index.php 
http://www.aflowlib.org/ 
http://materials.duke.edu/awrapper.html 

□ シャノンの有効イオン半径(R. D. Shannon, Acta Cryst. A32 (1976) 751.)(酸化物の合成に役立つ)
http://abulafia.mt.ic.ac.uk/shannon/ptable.php
http://curiouscubic.com/science/shannon-effective-ionic-radii/
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/Min_G2.html

□ 装置の使用方法
法政大学の精密分析室: http://www.k.hosei.ac.jp/seimitsulab/manual.html 

□ 電子の脱出深さの論文
<350以上の実験データ>
M. P. Seah, W. A. Dench, Surf. Interface Anal., 1,2 (1979).
<減衰長さの経験式>
H. Tokutaka, K. Nishimori and H. Hayashi, Surf. Sci., 149, 349 (1985).
Rdin, T.N.and Gadzuk, the Nature of the surface chemical bond (1979) 113.
Somorjai, G. A, "Chemistry in two dimensions:Surface ." Ithaca:Cornell. (1981).
<減衰長さの理論式>
S. Tanuma, C. J. Powell and D. R. Penn, Surf.Interface Anal, 1, 577 (1988).
Penn, D. R. ,Phys. Rev. B 13 (1976) 5248
<実験データを用いた物質のエネルギー損失関数からの非弾性平均自由行程>
S. Tanuma, C. J. Powell and D. R. Penn, Surf. Interface Anal, 21, 165 (1994).
<これらを疑問視する論文>
S. Tanuma, T. Sekine and K. Yoshihara, Surf. Interface Anal., 15, 466 (1990).

イオン散乱断面積:WebCrossSectionshttps://vuo.elettra.eu/services/elements/WebElements.html
J.J. Yeh and I.Lindau, Atomic Data and Nuclear Data Tables, 32, 1-155 (1985).

□ 材料のデータ
A. Materials Project: https://materialsproject.org/
B. AFLOW: http://aflowlib.org/, http://materials.duke.edu/aflow.html
C. EwbElement: http://www.webelements.com/
D. TE Desing Lab: http://tedesignlab.org/
E. Phonon Database at Kyoto University: http://phonondb.mtl.kyoto-u.ac.jp/
F. OQMD: http://oqmd.org/
G. NoMaD: https://www.nomad-coe.eu/

□ 材料のデータ
MatWeb: http://www.matweb.com/
東京大院 環境海洋工学 Q&A: http://www.naoe.t.u-tokyo.ac.jp/member/tecnet/qa/index.html
Q&A No.10: http://www.naoe.t.u-tokyo.ac.jp/member/tecnet/qa/qa-10.html

A) MatNavi : http://mits.nims.go.jp/
    a) 無機材料DB (AtomWork)
        学術文献から抽出、標準化した無機材料の結晶構造、X線回折スペクトル、状態図などを集めたDB。結晶構造はサイト内で3次元表示できるほか、数値データ(cif形式)をダウンロードすることも可能。レアメタルや有害元素を他の元素で代替することを目指すのにも有用となる。

    b) 高分子DB (PoLyInfo)
        学術文献から抽出した高分子の構造、物性とその測定条件、原料モノマー・添加剤などに関する情報、重合法・成形法などを関連付けて収録。NMRスペクトルデータも付随している。

    c) 電子構造計算 (CompES)
        金属結晶の電子構造(DOS、バンド分散、電荷密度、全エネルギーなど)を第一原理計算(FLAPW法)で求めた結果が纏められている。現在は金属に限られているが、半導体や酸化物を対象とした新たな計算も開始されており、数年後の公開を目指している。

    d) 拡散DB (Kakusan)
        学術文献から抽出した原子の拡散データ(拡散係数、活性化エネルギーなど)と文献書誌情報を収録。材料のプロセス設計などに有用。母体は、金属(Ag, Al, Cu, Fe, Ni, Ti, Zrなど)、合金(ステンレス鋼、Fe合金、Al合金、Ni合金など)、金属間化合物、半導体、酸化物セラミックスなど。

    e) 超伝導材料DB (SuperCon)
        無機・有機超伝導材料の超伝導特性(転移温度、臨界磁場など)と関連特性(ホール係数、熱電能など)を集めたDB。鉄系超伝導体など最新材料のデータも豊富である。酸化物高温超伝導材料に関しては、「酸化物高温超伝導材料の基幹データDB」も公開されている。

    f) 金属偏析予測システム
        金属A上に別の金属が蒸着されている試料をアニールした時に、AがB表面に濃縮(=表面偏析)するかどうかを予測(予測原理は文献[7])。バルク特性(機械強度、電気伝導性など)を変えることなく、表面を制御して性能を発揮する材料の探索に役立つと考えられる。

B) RIO-DB : http://riodb.ibase.aist.go.jp/
    分散型熱物性、超伝導体文献、有機化合物のスペクトルをはじめ物性、加工技術の幅広い分野をカバーしている。

C) QCLDB : https://ccportal.ims.ac.jp/node/265 , http://qcldb2.ims.ac.jp/
     原子・分子に対する非経験論的量子化学計算の結果を集めた文献DB

D) MatWeb : http://www.matweb.com/ 
     材料メーカーの材料特性カタログのデータが集められている

E) NIST Data Gateway : http://srdata.nist.gov/gateway/ 
    物理定数、熱物性、質量スペクトル、相図、XPSによる化学シフトなど多岐に渡る

F) CSD : http://www.ccdc.cam.ac.uk/products/csd/
    有機分子結晶と金属有機化合物の構造についてのデータが集められている

G) NIFS : http://dbshino.nifs.ac.jp/
    原子分子データ

H) ORNL :
    核融合関係のデータ

I) NBS, NIST
    プラズマプロセス関係
    (イリノイ大学 Prof. M. Kushner, カリフォルニア工科大学 Prof. V. McKoy, スチーブンソン工科大学 Prof. K. Becker)

J) NBS, NIST, NASA, NCARR
    環境や上層大気関係

K) Harvard-MGH
    医療関係のデータ(ロマリンダ医科大学、ヒューストン医療複合施設)

L) JET
    欧州での核融合関係のデータセンター
(ドイツ ユーリッヒ国立研究所、ドイツ ギーセン大学 Prof. E. Salzborn)

M) クイーンズベルファースト大学 Prof. W. Graham
    プラズマを使った衣類や医薬品のコーティングなどの応用データ
(米国 JILA Prof. Phelps, フランス トォルーズ大学 Prof. L. Pichford)

N) ドイツ ケルン大学、英国 マンチェスター大学
     原子分子分光と分子反応断面積のデータ

O) IAEA
     原子分子原子核データ
(米国オークリッジ国立研究所、名古屋大学プラズマ研究所、ヨーロッパ連合核融合研究施設{JET, Belfast})

P) NASA, EAO(ヨーロッパ天文所)
    天体・天文分野

 

※ライフサイエンス統合データベース:http://lifesciencedb.jp/

※生命科学系データベース:http://dbarchive.biosciencedbc.jp/

Q) NIBIO: http://www.nibio.go.jp/data/

  Open TG-GATEs: http://toxico.nibio.go.jp/

   150の化合物(医薬品等)をラット個体およびラット・ヒト肝細胞へ曝露した際の遺伝子発現情報および毒性情報、加えて、毒性予測システムの機能が備えられている。

   NIBIO(独立行政法人 医薬基盤研究所)

 

R) RCAL: http://www.rcai.riken.jp/database/index.html

   RCAL(免疫・アレルギー科学総合研究センター)

 

S) RIKEN CGM: http://www.src.riken.go.jp/database/index.html

  独立行政法人 理化学研究所 ゲノム医科学研究センター

 

T) http://www.psc.riken.jp/database/index.html

   RIKEN PSC(独立行政法人 理化学研究所 植物科学研究センター)

 

U) 清酒製造支援データベース:http://nribjyo.nrib.go.jp:3000/entrance

  独立行政法人 酒類総合研究所

 

V) 自然起源放射線物質(NORM)データベース: http://www.nirs.go.jp/db/anzendb/NORMDB/index.php

  NIRS(独立行政法人 放射線医学総合研究所)

 

W) NIES: http://www.nies.go.jp/db/index.html 

  NIRS(独立行政法人 国立環境研究所)

  ※侵入生物データベース:http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/

 

X) JAEA: http://www.jaea.go.jp/08/8_1.shtml

   JAEA(独立行政法人 日本原子力研究開発機構)

 

Y) 事象別トラブル情報:http://www2.jnes.go.jp/atom-db/jp/trouble/trouble_main.html

  JNES(独立行政法人 原子力安全基盤機構)

 

Z) http://www.fra.affrc.go.jp/db/dbindex.html

   独立行政法人 水産総合研究センター

 

AA) 深海画像データベース:http://www.godac.jamstec.go.jp/dsidb/j/index.html

   JAMSTEC(独立行政法人 海洋研究開発機構)

 

AB) 人間特性データベース:http://www.tech.nite.go.jp/human/

  NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)

 

AC) http://sts.kahaku.go.jp/sts/stsdb.html

  「どこにどのような産業技術史資料が残っているか」を検索することが出来るデータベース

  独立行政法人 国立科学博物館産業技術史資料情報センター

 

AD) PWRI: http://www.pwri.go.jp/jpn/seika/ronbun.html

  独立行政法人 土木研究所

 

AE) NIED: http://lsweb1.ess.bosai.go.jp/

  上記以外にも「主な研究成果」や「データ公開」なども見ておきたい。

  NIED(独立行政法人 防災科学技術研究所)

 

AF) http://www.aist-riss.jp/main/modules/product/database/

  化学物質の爆発安全情報、リレーショナル化学災害、災害事例のデータベースがある。

   RISS(AISTの安全科学研究部門)

 

AG) 加工技術データベース: http://mono.muse.aist.go.jp/mono/db-dmrc/thermalspraying/index.html

  AIST(独立行政法人 産業技術総合研究所)

 

AH) 電気工学データベース: https://www.power-academy.jp/db/glossary/id/167

  NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)

 

AI) ものづくり情報資産データベース:http://www.nmij.jp/~collab/bb_kai/Database/Main-db.htm

  AIST(独立行政法人 産業技術総合研究所)

 

AJ) ウィルス情報データベース:http://www.ipa.go.jp/security/isg/zha.html

  IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)

 

AK) 建築研究資料:http://www.kenken.go.jp/japanese/contents/publications/data/96.htm

  BRI(独立行政法人 建築研究所)

 

AL) イネ品種・特性データベース:http://ineweb.narcc.affrc.go.jp/

  独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所

  ※独立行政法人 農業生物資源研究所: http://www.nias.affrc.go.jp/database/

 

AM) 地震・津波に関する各種データ: http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/index.html

  気象庁

 

AN) http://search.trc.jogmec.go.jp/search.php

  独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構

 

AO) 化学物質総合情報提供システム: http://www.safe.nite.go.jp/japan/db.html

  NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)

AP) 太陽光発電のための材料データベース: http://www.molecularspace.org/
 

  
[1] Y. Xu et al.,OYOBUTURI, 80 (2011) 519.
[2] NIMS 物質・材料データベース パンフレット
[3] MatNavi : http://mits.nims.go.jp/
[4] NIST : http://srdata.nist.gov/xps/Default.aspx
[5] XPS(X線光電子分光)データベース : http://techdb.podzone.net/
[6] 日本化学会 編、第5版 実験化学講座<12>計算化学、丸善、2004.
[7] M. Yoshitake et al., J. Vac. Sci. Technol., A 19 (2001) 1432.
[8] 金属の融点・蒸気圧・蒸発温度
  http://escoltd.co.jp/05_application/useful/meltpoint_win.html
[9] 水といくつかの物質のデータ比較表
  http://subsite.icu.ac.jp/people/yoshino/Physicaldata_water.pdf
[10] http://www.lasurface.com/xps/imfp.php
[11] http://eaps4.iap.tuwien.ac.at/~werner/ (IMFPは この後に元素名_pl.datで得られる
[12] M. Kimra,OYOBUTURI, 74 (2005) 1060.
[13] 光イオン化断面積: http://www.pa.uky.edu/~verner/photo.html
[14] X-ray Data Booklet: http://xdb.lbl.gov/
------------------------------------------------------------------------------


アクセス数
ページビュー数