地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

大学に行けない人向け

 ここでは大学生及び社会人の方を対象としたHPやテキストを紹介していきます。
------------------------------------------------------------------------------
  昔の教授クラス(旧帝含む)の方ですと、最終講義などで「大学教員の後ろ姿を見て、自ら勉学するものだ」と語られる方が多いので、専門学校の指導方法で大学の授業をしてもらえると思って大学に行くと大変なことになります。下記のMITの講義資料などを元に自ら勉学すれば、学位は貰えませんが、同じ実力を得られる可能性は十分にあります。
------------------------------------------------------------------------------
□ オープンコースウェアの利用
wikipediaを参照すれば、大学の授業内容を公開しているサイトが書かれている。
Massive open online course (MOOC)
・ Webラーニングプラザ: http://weblearningplaza.jst.go.jp/
・ エデックス(edX): https://www.edx.org/
・ コーセラ(Coursera):https://www.coursera.org/
・ ユダシティー(Udacity): https://www.udacity.com/
文献:教育をタダにする、朝日新聞社、2013年3月6日、教育 33面
・物質の科学・反応と物性:http://www.campus.ouj.ac.jp/~hamada/TextLib/rm/index.html
・GACCO: http://gacco.org/ 
・Mooc list: https://www.mooc-list.com/
・JMOOC: http://www.jmooc.jp/

【大学・大学院】物理の教科書・参考書まとめ@wiki
http://www4.atwiki.jp/physics_text/pages/41.html

□ 教科書の利用
量子力学:小尾 欣一、渋谷 一彦 著  『基礎量子化学』、化学同人
英語論文:鈴木英次 著、『科学英語のセンスを磨く』、化学同人

□ 一般向の良書
有機化学:齋藤勝裕 著、『マンガでわかる有機化学』、サイエンス・アイ新書
金属材料:東北大学金属材料研究所 編著、『金属材料の最前線』、講談社

□ その他のオススメ
放送大学:かなりレベルの高い授業があるのでオススメ。
朝日放送:ビフォーアフター:実際の家屋の構造が見れるので勉強になる。
  後藤先生のHP : http://www.aise.ics.saitama-u.ac.jp/~gotoh/FrontPage.html
アルク:http://www.alc.co.jp/

一般講演の技術は必須
  朝日新聞社:池上彰の新聞ななめ読み
    上級の大学教員になると高校などへの出張講義や一般の人々への講演があり、専門外の人にも分かりやすく説明する技術が求められる。「普段の仕事で忙しく、つい専門用語などを用いたり、分かりやすい言葉に変換する余裕が無かったり、ミスが生じたりすることがあるが、この例を読むと伝えるということについてこれらの問題を避けるために大変勉強になる。(一般の人々にも{時に専門の人にも}分かりやすくと言う曖昧で具体性に欠ける禅問答のような指導が多い中、これが本当のコミュニケーションの勉強というものなのではないだろうか?)」という理由でオススメです。

□ 一般教養
朝日新聞社:今解き教室
  どこの誰にも分かりやすく公に書かれていないので残念だが、子供達への読解力や一般常識を高める為に朝日新聞社は貴重な紙面を割いてくれている。PISAの成績が向上した理由の一つに、この取り組みが効果をなしていたのではないかと、心から思っている自分がいる。

□ 教育に関する問題
読売新聞社:教育ルネサンス
  教育者としては次世代への教育を常に考えることが必要となる。高等教育の教育方法の展望を考える上でも参考になろう。
祝日法:「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」日

□ コーヒーブレイクに!!
日本放送協会、NHKエデュケーショナル:リトル・チャロ
  チャロが可愛いけれど、見た目とは逆に英語は役に立つ!! 音声よりも字幕を目で追ってしまう自分が悲しい……。DVD版発売したら購入予定。(それにしてもいい話だ)

□ シンクタンク
東京財団:http://www.tkfd.or.jp/ での論考は読んでおきたい。

□ 原子力安全解析の文献
アドバンスシミュレーション 2012年12月号

□ SPEEDI
吉岡逸夫、アドバンスドシュミレーション、 10 (2012) 70 を参照するとよい。
「SPEEDI は 停電後 79時間 使える」との情報が報道により明らかになった(池上彰vs報道記者 ニュースマニア 「今だから言える原発事故ニュースのウラ話」で報道)。

 

□ アドヴァンスT
(無料で読める。税金を払っているのだから読んでおきたいよね! 折角だから、払った分くらいは取り戻そう!!)

SPring-8 NEWS : http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/publications/news
RIKEN NEWS : http://www.riken.jp/r-world/info/release/index.html
milsil (国立科学博物館): http://www.kahaku.go.jp/userguide/book/milsil/index.html
AIST NEWS : http://www.aist.go.jp/db_j/list/l_news_index.html

AIST NEWS (English) : http://www.aist.org/news/news.htm

IMR NEWS : http://www-lab.imr.tohoku.ac.jp/~pro/imr_news/imr_news.html

NIMS NOW : http://www.nims.go.jp/publicity/nimsnow/index.html

CONVERGENCE (MANA) : http://www.nims.go.jp/mana/jp/publicity/convergence.html

ISAS : http://www.isas.ac.jp/publications/index_j.html

NIED News : http://dil.bosai.go.jp/publication/index.html

JAMSTEC NEWS : http://www.jamstec.go.jp/j/pr/publication/

NIRS News : http://www.nirs.go.jp/publication/index.shtml

JAEA NEWS : http://www.jaea.go.jp/05/5_0.shtml

NIAS NEWS : http://www.nias.affrc.go.jp/newsletter/

NIAES NEWS : http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/publish/publish.html

JIRCAS NEWS : http://www.jircas.affrc.go.jp/kankoubutsu/JARQ/JARQ_index.html

FFPRI : http://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/index.html

FRA NEWS : http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/pr.html

JOGMEC NEWS : http://www.jogmec.go.jp/news/publish/jogmec_news.html

PWRI NEWS : http://www.pwri.go.jp/jpn/webmag/wm018/index.html

えびすとら(BRI) : http://www.kenken.go.jp/japanese/contents/publications/index.html

環境展望台 : http://tenbou.nies.go.jp/news/ , http://tenbou.nies.go.jp/science/

NMRI : http://www.nmri.go.jp/main/publications/newsletter/newsletter_j.html

PARI  : http://www.pari.go.jp/event/publicity/

EIC : http://www.eic.or.jp/

UR Press : http://www.ur-net.go.jp/publication/

NIES NEWS : http://www.nies.go.jp/kanko/index.html
NICT NEWS: http://www.nict.go.jp/data/nict-news/index.html
CARC FRONT: http://www-karc.nict.go.jp/intro/karcfront_backnumber.html
PFNews: http://pfwww.kek.jp/publications/pfnews/index.html
PHOTON FACTORY NEWS: http://pfwww.kek.jp/publications/pfnews/article.html
分子研レターズ: http://www.ims.ac.jp/know/publication.html
JSPS Qarterly: http://www.jsps.go.jp/english/index.html
科研費NEWS: http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/22_letter/index.html
応用物理学会 : http://www.jsap.or.jp/apsp/oralhistory/index.html

上記の他にも独立行政法人ではNEWSを発行しているので目を通してみるとよい。

Wikipedia :
  日本の独立行政法人一覧 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%B3%95%E4%BA%BA%E4%B8%80%E8%A6%A7

  日本の財団法人一覧 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%B2%A1%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E4%B8%80%E8%A6%A7

  研究所 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

政府広報オンライン : http://www.gov-online.go.jp/index.html
兵庫県議会: http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/247699/www.hyogokengikai.jp/guidance/guidance05.html 
県民だよりひょうご: http://web.pref.hyogo.jp/pref/cate4_642.html 

□ 自衛隊
防衛北海道: http://www.mod.go.jp/rdb/hokkaido/kouhou/index.htm
東北防衛局 広報紙: http://www.mod.go.jp/rdb/tohoku/kouhou-3/kouhou3.html
北関東防衛局 広報紙: http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/kouhou/kouhou-main.htm
近畿中部防衛局 広報誌「きんきちゅうぶ」: http://www.mod.go.jp/rdb/kinchu/press/press_index.htm
中国四国防衛局広報誌: http://www.mod.go.jp/rdb/chushi/kouhou_index.htm
九州防衛局: http://www.mod.go.jp/rdb/kyushu/
◆ 陸上自衛隊
陸上自衛隊広報センター: http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter/
陸上自衛隊第6師団 広報誌「やまなみ」: http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/
陸上自衛隊第3師団 「師団だより」: http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/
陸上自衛隊第5旅団 「ひがし北海道だより」: http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/
陸上自衛隊第8師団 広報誌「鎮西」: http://www.mod.go.jp/gsdf/wae/8d/
陸上自衛隊第14師団 広報誌「しこく」: http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/14b/shikoku/index.html 
陸上自衛隊第8師団のホームページ: http://www.mod.go.jp/gsdf/wae/8d/link/link.htm 
◆ 海上自衛隊
◆ 航空自衛隊
 

□ アドヴァンスU

日本経済新聞社 : http://www.nikkei.com/

  「ニュースこう読む」(「経済教室」「やさしい経済学」はデータベース契約か新聞を購入、「私の履歴書」は新聞(縮刷版)か書籍を買わないと読めないので残念)(日経産業新聞も読んでおきたい。例えば、2011年8月2日の再生可能エネルギーに関する記事では有力な技術を持つ日本企業が一覧で取り上げられている)

河北新報社 : http://www.kahoku.co.jp/

  「週刊かほピョンこども新聞」「オピのおび」「社説」「震災特集ニュース」「コルネット辻」(「ZOOM-UP」はKD契約か新聞を買わないと読めないので残念。非常に深くまで調査した重要な情報が書かれているので読んでおきたい)

東京・中日新聞社 : http://www.chunichi.co.jp/

  「夜回り先生」(「特報」は記事データベース契約するか新聞を買わないと読めないので残念。官房機密費問題では自社自信を調査するほどの気概を見せる。日本のジャーナリズムとジャーナリストのレベルが高くて嬉しい)

朝日新聞社 : http://www.asahi.com/

  (「耕論」「ニッポン人脈記」「ジャーナリズム列伝」「池上彰の新聞ななめ読み」は聞蔵Uビジュアルの契約か新聞を買わないと読めないので残念){「いま子どもたちは」も読み甲斐のある記事。是非、学級委員長のシリーズは読んでおきたい}

読売新聞社 : http://www.yomiuri.co.jp/

  「教育ルネサンス」(中部地方での地震についての記事はヨミダスの契約か新聞を買わないと読めないので残念)

毎日新聞社 : http://mainichi.jp/

  「社説・解説・コラム」「これが言いたい」

神戸新聞社 : http://www.kobe-np.co.jp/

  「週刊まなびー」「新兵庫人」「新兵庫百景」「正平調」「ミントクラブ」「県西・北部豪雨」「キネマ春秋」「わが町リポート」(「イイミミ」は新聞を買わないと読めないので残念)

山形新聞社 : http://yamagata-np.jp/

  「地域ニュース読みくらべ」「わいわい子育て」(「子育てハッピーアドバイス」はデータベース契約するか新聞か書籍を買わないと読めないので残念)

Fuji Sankei Business i. : http://www.sankeibiz.jp/

  「ホスピス・ビジネス 底知れぬ闇」 2011/8/2 の記事などは衝撃的だ。是非、読んでおきたい。

この他、 「47 NEWS 参加社一覧」から気になる都道府県の新聞を調べてみるとよい(この他にも、石巻日日新聞などがあるので地域の情報の取得には注意されたい)。

 

□ アドヴァンスV (有料雑誌) ここでは貴重な雑誌を紹介する。

「現代化学」 : http://www.tkd-pbl.com/news/nc243.html

  放射線の人体に対する影響は無料で読める:http://www.tkd-pbl.com/news/nc889.html

「応用物理」:http://www.jsap.or.jp/ap/

  「今さら聞けない? 基礎中の基礎」は大変勉強になる(実は専門書にもあまり書かれていないことがサラッと書いてあったりするので、タイトル以上の出来である)。

  基礎講座 : http://www.jsap.or.jp/apsp/kisokoza/index.html

  スクールテキスト : http://www.jsap.or.jp/publication/text.html

「音楽の友」 : 音楽関係を調べる場合には、是非、目を通しておきたい雑誌。

□ アドヴァンスW
日本広報協会: http://www.koho.or.jp/useful/qa/hyouki/hyouki04.html
広報誌の作り方サイトマップ: http://casy-news.com/sitemap/
地方自治体情報ポータルサイト 自治体ドットコム: http://www.jichitai.com/joho/koho/
青森県 県民だより: http://www.pref.aomori.lg.jp/koho/dayori/
秋田県 広報誌: http://www.pref.akita.lg.jp/www/genre/0000000000000/1000000000855/index.html
岩手県 広報誌: http://www.pref.iwate.jp/info.rbz?nd=3946&ik=1&pnp=3937&pnp=3946
宮城県 県民だより: http://www.pref.miyagi.jp/jyohokokai/map/sogo.htm
山形県 広報誌: http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/ayumi.html
新潟県 県民だより: http://www.pref.niigata.lg.jp/kouhou/kenmindayori.html
福島県 広報誌: http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=10522
栃木県 県民だより: http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/pref/kouhou/kouhoushi/tayoritop.html
茨木県 広報誌: http://www.pref.ibaraki.jp/hibari/
群馬県 広報誌: http://www.pref.gunma.jp/cate_list/ct00001205.html
千葉県 県民だより: http://www.pref.chiba.lg.jp/kensei/kouhou/kenmindayori/index.html
埼玉県 彩の国だより: http://www.pref.saitama.lg.jp/site/sainokuni/ 
神奈川県 広報誌: http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6880/p22194.html
山梨県 広報誌: http://www.pref.yamanashi.jp/release/index.html
静岡県 県民だより: http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-110b/index.html
石川県 広報誌: http://www.pref.ishikawa.lg.jp/zei/zei_panhu22.html
愛知県 広報誌: http://www.pref.aichi.jp/0000000006.html
岐阜県 広報誌: http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/kensei-shiru/kohoshi/
三重県 県民だより: http://www.pref.mie.lg.jp/DAYORI/index.htm
滋賀県 広報誌: http://www.pref.shiga.jp/koho/
奈良県 県民だより: http://www.pref.nara.jp/koho/kenmindayori/
兵庫県 県民だより: http://web.pref.hyogo.jp/ac02/dayori.html
鳥取県 広報誌: http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=45215
香川県 広報誌: http://www.pref.kagawa.lg.jp/kohosi/
広島県 県民だより: http://www.pref.hiroshima.lg.jp/category/1173096404987/index.html
島根県 広報誌: http://www.pref.shimane.lg.jp/kochokoho/photo/
山口県 広報誌: http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/theme/kensei/kohoshi.html
愛媛県 県民だより: http://www.pref.ehime.jp/h12200/kohoshi/index.html
大分県 広報誌: http://www.pref.oita.jp/site/gikai/kohoshi.html
福岡県 広報誌: http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f08/kouhou-page-1.html
佐賀県 県民だより: http://www.pref.saga.lg.jp/web/kensei/_1368/kou-kouhou/kouhousi/dayori.html
長崎県 広報誌: http://www.pref.nagasaki.jp/koho/plaza/magazine.html
長崎県 県民だより: http://www.pref.nagasaki.jp/koho/plaza/tsushin/
熊本県 広報誌: http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/3/tayori01.html
宮崎県 広報誌: http://www.pref.miyazaki.lg.jp/index/category/03_kohomiyazaki.html
鹿児島県 広報誌: http://www.pref.kagoshima.jp/kohokocho/kouhoushi/index.html
沖縄県 広報誌: http://www.pref.okinawa.jp/churahome/

各自治体議会の広報紙へのリンク集: http://www3.kcn.ne.jp/~takeutis/LIbr/lib1210.htm
茨城県 広報誌: http://www.pref.tochigi.lg.jp/p01/assembly/akusesu/oshirase/kouhou.html
徳島県 県議会: http://www.pref.tokushima.jp/gikaifaq/docs/00022255/index.html

□ アドヴァンスX
全国の大学図書館報: http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/pub/tojo/link/gate-kanpo.shtml 

□ アドヴァンスY
岐阜県商工会連合会: http://www.gifushoko.or.jp/koho.html

□ アドヴァンスZ
北海道宅建協会 広報誌: http://www.takken.ne.jp/coho/

------------------------------------------------------------------------------
  研究職や大学教員を目指すのでなければ、優秀な人ならばストレートで大学に行かず、東京都庁職員になった後に、夜間大学で勉学する手もあります。夕張市長 鈴木直道氏のような優秀な方ですと30歳でも前職で年収574万円クラスです。一方、非常勤講師などではどんなに頑張っても職が不安定で死ぬほどに働いて300万円クラス(実際には講義がそれほど得られないので、ワーキングプアのレベルになる。また、パート収入だと多くて240万円程度、税金や保険類を引くと200万円程度しか残らない)です。
  それでも、東京大学を目指して財務省または外務省、京都大学で法曹または法務省で官僚となって国を改革するか、医師となって現在の問題を解決するなどの目標がある場合は、大学進学を目指して下さい。そのような方にはこのHPの記事を必要とされることはないでしょう。
------------------------------------------------------------------------------
□ 貴方が大学生ではない学生であった場合
貴重な時間を使わせてしまい申し訳ありません。下記の情報を得て、今後の貴著な時間を有意義に用いて下さい。
-----------
石渡嶺司、『最高学府はバカだらけ。全入時代の大学「崖っぷち」事情』、光文社新書
-----------
三田紀房、『ドラゴン桜』、モーニングKC
-----------
安川佳美、『東大脳の作り方』、平凡社新書、2006年

東京大学 理V 合格例

平日のタイムスケジュール(9月頃)
0:00-6:40 睡眠
6:40-7:30 準備
7:30-8:30 登校*
8:30-15:20 学校
15:20-16:30 下校*
16:30-19:00 勉強
19:00-20:30 夕食、入浴など
20:30-23:30 勉強
23:30-24:00 TV, ストレッチなど
*電車内で英単語、古文単語、その日の授業の予習復習
高校2年いっぱいまでは睡眠時間8時間。12月から1日12時間の勉強時間。

使用した教材(高校3年時、9月頃、過去問以外)
英語
Z会東大コース(全般):東大の出題形式に忠実で、レベルも丁度良い。時間を計って解いた。(〜2月)
NHKラジオ講座:英会話レッツスピーク、英語リスニング入門
帰宅後、まずはMDに録音してあるこの2講座を聴く。中1から6年間、講座の変遷はありつつも不動の習慣。「レッツスピーク」はともかく、「リスニング入門」はリスニング対策に役立っていたと思う。(〜12月)

数学
Z会東大コース:過去問よりやや難しい。標準設定時間は180分だったが、12月頃まではそれを目安にすらせずに解いていた。(〜12月)
『チャート式 基礎からの数学』(青チャート、数研出版、基礎〜標準):高校3年の6月に『大学への数学1対1対応シリーズ』を挫折した私は、とにかく数学と基礎からちゃんと向き合っていこうと決意。それまで分厚さで敬遠していたチャート式に取り組み始めた。この青チャートは、4種類あるチャート式の中で2番目に難易度の高いシリーズ。非常に基礎的な問題も納められているのだが、バカ正直に頭から全部解き、わかった問題の解説も読み込んだ。6月から約4ヶ月かけて「数学1」「数学A」「数学2」「数学B」の4冊を制覇。(〜9月)

化学
Z会東大コース:過去問より分量がやや少ない。有機の構造決定問題などはハイレベル。時間を計って解いた。(〜2月)
『化学1B・2重要問題集』(数研出版、標準〜応用):学校指定の問題集だが、定期試験の範囲に関わらず、習ったところは勝手にどんどん解いていった。各章ごとの要項がエッセンスのみにしぼられていてコンパクトなのがよい。問題はA, Bの2レベルで、すべて入試問題。解説も詳しい。高校3の1年間に使った化学の教科書・問題集のなかで結局一番役に立った。(〜9月)

生物
『リードα生物1B』(数研出版、全般):学校指定の問題集。これも学校の授業ペースは無視して解き進めた。問題のレベルはAからDで幅広く、レベルDは少々マニアックだが、Cまでは完璧にしておくと自信が付く。(〜9月)

政治経済
「センター試験への道」(山川出版社):学校指定の問題集。センター本試・追試の過去問より成る。本番までに3回は繰り返して解いた。

暗記法
 暗記すべきものが書かれた本なりノートなりを見つめ続けるのが常だった。授業中はノートをとるより先生の話を聞き、合わせて教科書を読むことに特化するようにしていました。
-----------
□ 上記はあくまで参考とし、荒川英輔氏の著作を読むと良いだろう。
------------------------------------------------------------------------------
□ 大学によっては二次試験の問題において、受験する大学の過去5年、他大学の過去3年のものと類似のものにならないように作成するところもある。
------------------------------------------------------------------------------
下記を参考にしたりして、学習計画を立ててみるのも良いだろう。

運動の長期記憶がつくられる場所を発見
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/publications/news/2010/rn201006.pdf

学習の記憶を長持ちさせるには適度な休憩が必要
http://www.riken.jp/pr/press/2011/20110615/  

空腹状態になると記憶力があがる仕組みを発見
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20130125/index.html?utm_medium=twitter
------------------------------------------------------------------------------
 セントルイスのワシントン大学のロディガーとパデュー大学のカーピックは最近、記憶の想起(ごく短時間思い出すこと)によって、記憶が強化されることを見出した。
日経サイエンス 2014/09号, 36〜41
------------------------------------------------------------------------------
■ パターン完成
 ちょっとしたシーンや匂い、味をきっかけに、詳細な記憶が生き生きとよみがえることがある。プルースト(Marcel Proust)の『失われた時を求めて』では、一杯の紅茶にマドレーヌを浸したときの香りによって、主人公たちがたちまち子供時代の日曜日の朝に立ち戻る。
「叔母がよく出してくれたリンデンのお茶に浸したマドレーヌの風味であることに気づいた瞬間、叔母の部屋があった道路に面する古い灰色の家が舞台のセットのように立ち上がり、庭に面して建てられた小さなあずまやにぴったりと合わさった。たちまちにしてコンブレー全体とその周辺が、町も庭も、私の一杯のお茶から飛び出した」
日経サイエンス 2014/09号, 42〜47
------------------------------------------------------------------------------
商品開発の教科書(日経トレンディ)
 健康、環境、時短など、数々の消費キーワードが浮上するなか、ヒット商品を生み出す真の秘訣は「固定観念の打破」。自己や常識を疑い、先入観を拭い去り、「消費者にとって本当にいいものとは何か」の命題と向き合う。
 ものがあるふれる現代。食品、日用雑貨、文具など多くの分野が「成熟市場」を迎えている。そのなかにあっても、時代を読み解いたコンセプトと優れた技術に裏打ちされた商品が、着実に売り上げを伸ばしているのは確かだ。連載「ヒットの奇跡」では、マーケティングとものづくり、さらに販促や宣伝といったコミュニケーションに至るまでが、三位一体となってヒット商品を生み出していく軌跡を追ってきた。
 ここ数年の傾向としては、消費者の潜在的需要を洗い出し、「ありそうでなかった」もの、言い換えればある意味”夢”を形にした商品がヒットに結び付いている。(省略)
 重要なのは、消費者に「こんな商品を待っていた」と思わせることで、先駆者であることは必須条件ではない。(省略)などは、それぞれの分野の後発組であったが、開発を焦らずに、消費者が納得する価値観を提示したことで、幅広い支持を得た。
 つまるところ、「本当に消費者にとっていいものとは何か」というシンプルな問いに正面から向き合い、答えにたどり着いた者が次のヒット商品を生み出すということだ。カギを握るのは、「固定観念を捨て去る勇気」。成功した開発者の多くは、「『自分たちはプロだ』という過信を捨てて、真っさらな状態で消費者と向き合った」と口にする。その結果、専門分野なら隅々まで知っているはずの開発者たちにとっても「目からウロコ」の糸口を発見し、思わぬ鉱脈を掘り起こした例は少なくない。(省略)
 いわゆる「常識破りの発想」のほとんどは、一人の人間のみの自由な発想からではなく、虚心坦懐に他人の行動を見つめる姿勢から生まれているのだ。
 ロングセラー商品が、その座に甘んじることなく、大胆な改革を遂げた例も増えているが、それもまた固定観念への挑戦といえるだろう。(省略)
 もちろん、どんなヒット商品も過去の知見や蓄積に基づいて開発が進んでいる。そのうえで常識を疑い、時代の変化を見極められるか。それが「次世代スタンダード」を世に送り出すための必須の基本条件だ。

「自分がお金を出して買いたくなるものが開発の基本。そうでなければ消費者に薦めても買われない」アンオファルコン
「勝つ商品を育てるには、他社が作ったルールのなかでゲームをしてはいけない。自らが新しいルールを最初に作らなければ、勝てません」伊右衛門 特茶
「慎重になるあまり、せっかく先駆者になれるチャンスを、みすみす逃す手はない」蒸気レスIH NJ-XS10J
「気持ちの入った仕事をしないと絶対にダメですね。結局、熱量の大きさがヒットを生み出すのではないでしょうか」コップのフチ子
「新しい価値を生み出すために、自社の資産を最大限に生かすことが最適な道だと信じていました」鍋キューブ
「いくら成功確率を上げられるコンセプトがあっても、時代の気分を読み誤ればヒットには結び付かなかったでしょう」キリン メッツ コーラ
------------------------------------------------------------------------------
・行動経済学で消費者を引き付けるのに最も簡単なマーケティング手法。その一つが「希少性」の導入だ。人は限定モノに弱い。「もうすぐ完成」などとあおれば、希少性を演出することは簡単にできてしまう。
・私たちはどんなときにモノを買うのだろうか。(省略)それは、「自分自身に”説明”ができたとき」ということだ。
・「日本と米国とでは映画の共感ポイントが違う」(省略)米国ではコメディやアクションが有効とされるが、日本の場合に絶対に必要なのは「感情移入」の要素。「日本人は普段感情を表に出さないぶん、映画館のような『泣くことが許される空間』では逆に泣きたい気持ちがとても強い」。泣ける点、感情移入できる点を最大限アピールすることが日本で成功するための近道なのだ。(ポスターやグッズなどの宣伝において米国ではアクションとコメディの色彩を強くしている{赤のよ鎧をまとったベイマックスが中心}。一方、日本では兄弟愛やロボットと友情に焦点を当てた心温まるストーリーを徹底してアピール。グッズは「白」の売れ行きが「赤」を圧倒。)
・日本人は、外国からの評価を気にする性質が強い。テレビで訪日外国人を扱う番組が多いのはその一例で、日本のよさや伝統を褒められると、親近感が高まりやすい傾向にある。この特性をいかに利用するかも、「日本攻略」のポイントだろう。
・「ダイエットやいい運動になると聞いて、始めました」。こんな軽い気持ちから「(省略)(イングレス)」をインストールした人も多いだろう。スマホを片手に寺院や銅像、公園などをひたすら歩き回る。「熱中するあまり気が付くと数時間歩いていた」というプレーヤーも多く、確かに健康効果は実感できる。だが(省略)それがこのゲームの本質でないことに気付くはずだ。(省略)「人間の本能を直撃するゲーム」(省略)「イングレスは”公共”のポータルを占拠し、フィールドを作って敵が侵入してきたときに感じる不快感に、動物的な本能が反応し、思わずポータルを取り返しに出かけてしまう」。味方との協力もイングレスの重要な要素だ。(省略)同じものを体験しているのに、一人でやるより複数でやったほうが断然楽しい。
・歌やリズムで笑いを取るのは、今も昔も鉄板ネタ。(省略)元来、リズムネタは着うたでの人気が高いが、「あったかいんだからぁ♪」はCDや音楽ダウンロード、カラオケでも好成績を残した。
・(テラハウスは「あいのり」と比べると視聴率が低く14年9月には放送が終了した。しかし、ムック本などの売れ行きからファンが付いていると判断され、映画化につながった)まず、ターゲットはファンだけに絞り込む。興味の無い人を狙っても効果は無いと判断。ただ、テレビのファンは映画離れが進む10〜20代の女性が中心(「この層は恋人や友人とのイベントを大切にする」と分析。映画の公開日をバレンタインデーに設定してイベント性を高めた)。いかに映画館へ足を運ばせるかが課題となった。そこで映画版は「テレビ版の最終回」と強調した。(省略)公開1ヶ月前からは、Youtubeで毎日動画を配信。
・同じゲームで長く遊びすぎたユーザーの一部は「この世で最も疲れないゲーム」で癒されることを選んだ。
・「品切れ」を「先行予約」に表示変更で申し込み増。品切れになった際、計画的に生産できる品については、発想までに時間がかかることを伝えて「先行予約」を始めた。すると、「人気の品は待ってでも欲しい」との心理から注文数が増加した。
・実演販売:僕らが好んで売るのは、実力はあるけれど店頭に置いても売れない、ある意味”落ちこぼれ”で、説明が必要な商品です。(省略)得意なのは、「〜だわよ」などというオネエ風の口調や、商品への熱い思いを語る”熱売(ねつばい)”ですね。肝心の話す内容については「これだけは絶対に覚えて帰って」が殺し文句。(省略)最初に使ってもらう個所を話術で誘導し、感動の掃除体験をしてもらう。そうすれば良いクチコミが広がるのです。
■ 損失回避性
 人間は得したい気持ちよりも、「損したくない」という気持ちのほうが強い。買い物であれば「失敗したくない」という心理が働き、おのずと誰もが買っている商品に手を伸ばす。
■ アンカリング効果
 提示された数字や情報が基準(アンカー)となって、判断に影響を及ぼすこと。「50%オフ」などに魅力を感じるのは、当初の価格にアンカリングされ、それを基準に考えるようになるため。
■ ハーディング効果
 周りの人と同じ行動を取ることによって安心し、同調しようとする傾向のこと。
■ 希少性の原理
 経済学における「希少性(限定性)」とは、需要に対して利用可能な量が不足している状態を指す。この不均衡が、流通する商品などに価値を与えることになる。(省略)期間や地域も限定要素になりうる。
■ フレーミング効果
 数字、データなど物事のどの部分にフォーカスを当てるかで、全く違った印象を受けること。
■ ゲーミフィケーション
 さまざまな社会問題に対して、ゲームの力を取り込みながら解決を目指す、という考え方。いつの間にか問題が解決している、というのが理想の状況といえる。行動経済学の視点からも非常に注目されている概念だ。
主なゲーミフィケーションの要素:レベルアップ、報酬やギフト、ポイント交換、周囲との競争状況や順位の可視化
■ 関係財
 人間関係がつくり出す一種の「財」が満足を生み出すこと。例えば一人より友達と一緒に食事したほうがおいしい。これは複数の場合のみ関係財が生産・消費され、食事の満足にプラスされたためと考えられる。
■ 保有効果
 自分が一度保有したものは価値を高く見積るようになり、愛着が生まれる心理のこと。(省略)以前に諦めた(失った)のと似た商品が完成品で手に入るのは魅力だった。
■ ゲインロス効果
 最初の印象と違う意外な一面を見ると、そのギャップから印象が大きく変わる心理傾向のこと。クマムシの場合、いかつい風貌でアイドル風に歌うギャップと妙な歌唱力の高さが笑いを生んでいる。
■ コンコルド効果
 英仏両国が共同で開発した超音速旅客機「コンコルド」の商業的な失敗を理由とする。あるものへ金銭的、時間的な投資をし続けることが損失になるとわかっていながら、それまでの投資を惜しみ、止められない状態を指す。
■ ツァイガルニック効果
 「完成された課題よりも、未完成の課題のほうがより記憶に残りやすい」という現象。未完成なものが完成していく過程でも同様の心理が働く。テラハウスでは、テレビ版で結末が描かれなかったため、ファンが似た心理に。
■ 選択のパラドックス
 選んでもいい選択肢が増えすぎると、人はむしろ幸福度が下がってしまうという、直感とは相反する心理効果のこと。スマホゲーム業界は特に模倣も多く、似たようなタイトルが乱立している。選択するための心理コストの増大が、パズドラなど定番のゲームへの人気集中や、何もしないゲームへの「逃避」につながったと思われる。
□ ヒットを生み出すプロの技
 時代の流れにあわなくなった要素が必ずあります。人は環境に合わせる力があるので、消せるボールペンが発売されて初めて従来品の不便さに気付いたように、知らないうちに我慢している。(省略)従来の常識にとらわれず、掘り下げて考えると、ブレイクスルーの筋道が見えてくる。(省略)メッセージが多すぎると消費者にとってはノイズになってしまう。そのため、商品開発に当たっては、電話でも伝わる明快な「売り」をつくることが重要です。(省略)消費者は知らないものに対して抵抗があるため、新しさのなかにも「既視感」をつくることが必要です。(省略)「誰も見たことがないもの」は、「誰も求めていないもの」と紙一重ですが、便利さや快適さで半歩前に出る感覚が重要だと思います。
日経トレンディ、2015/07号

■ 1分でわかる”ピケティ”の中身 「累進課税率の強化」で格差は是正できる
 ピケティが示す不等式「r > g」は、資本収益率はGDP成長率より常に高いという事実。ひと握りの資産家に富が集中し、格差は広がり続ける。どうすれば格差を是正できるのか。ピケティは「所得税と相続税の累進課税率の強化を国際協調の下に進めるべき」と言う。
------------------------------------------------------------------------------
□ 旧帝の情報系の技官の採用試験の過去問題
・2進数と16進数の計算
・確率の問題
・2014年のOpenSSLの脆弱性の説明
・2014年のBashの脆弱性の説明
・SaaS(PaaS, Iaasとの違いだった気が)の説明
・Raid6の説明
・UDPの説明
・ゼロクライアントの説明
・Linuxコマンドが書かれており結果がどうなるかを記述
・上の問題の続き(Linuxコマンドが書かれており結果がどうなるかを記述)
2000年頃の第一種・第二種情報処理試験合格レベルでは上記の問題は最初の2問(n進数と確率)以外は解けない。
第一種・第二種情報処理試験の午前・午後を想定した私は完全に狙いが外れた(採用1人を受験者は10人程度で競う。当然ながら私は不合格・不採用)。
採用試験で合格を狙いたい人はよく対策を練ってほしい。
------------------------------------------------------------------------------
□ AichiSRの技官の採用試験の過去問題
・LaboVIEW
それ以外は忘れました(当然ながら私は採用されていない)。
------------------------------------------------------------------------------


QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数