STMを扱う方向け

 ここでは走査型トンネル顕微鏡(STM)を用いて材料の分析をされている方に適した第一原理計算コード及びフリーソフトを紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------
金属材料を扱う方々では、第一原理分子動力学法や第一原理バンド計算法などによる構造最適化の後に、STM像のシミュレーションを行われるかと思います。下記には参考となるHPのアドレスを記しておきます。これらを参考にして、色々な材料でのシミュレーションを行ってみて下さい。

a) 構造最適化
ABINIT : http://www.abinit.org/ 
PWscf : http://www.quantum-espresso.org/ 
CPMD : http://www.cpmd.org/ 
Phase : http://www.ciss.iis.u-tokyo.ac.jp/dl/ 
BigDFT : http://inac.cea.fr/L_Sim/BigDFT/ 
GPAW : https://wiki.fysik.dtu.dk/gpaw/

b) STM像のシミュレーション
PWscf : http://www.quantum-espresso.org/
OpenMX: http://www.openmx-square.org/
WIEN2k : http://www.wien2k.at/
exciting : http://exciting-code.org/
GPAW : https://wiki.fysik.dtu.dk/gpaw/ 
DV-X alpha法 SCAT : http://www.sci.hyogo-u.ac.jp/ykowada/
Phase : http://www.ciss.iis.u-tokyo.ac.jp/dl/ 

余談であるが、電子定在波とフリーデル振動 の解説については、BUTSURI. 67 (2012) 6 を参照すると良いだろう。
--------------------------------------------------------------------------------
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]