地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

英語論文執筆のポイント

 B4で下記を理解しておくことが望ましい。下記を注意しながら論文を読み込む。M1,2では遅れを取り戻す心算で気合を入れて勉強し、D1,2,3では死ぬ気で勉強するしかない。
※ 残念なお知らせとして、M1までに論文がかけなかったら、医学部を目指したほうがいいよ(本気になった人たちを見ると、Dr.取るよりも医学部に入学する努力の期間の方が短い)。下記を理解した程度では論文はかけない。私がそうだから。
------------------------------------------------------------------------------
■ Grammarly
 英語の堪能な外国人ポスドクが、英文を執筆するのにこのフリーソフトが非常に便利だと教えてくれた。英文校正の精度がかなり高くなっているとのことなので活用してみると良い。やっとこの時代が来てくれたと思うと嬉しくなります。もっと早くこの時代が来て欲しかったのですが("^ω^)。ただ、ペイメントが高い!!
 https://www.grammarly.com/1 での(Check your text)の直ぐ上にある枠の中にチェックした英文を入れれば良いようです。
※他のフリーソフトもあるみたいです。
◇ SpellCheckPlus: http://spellcheckplus.com/
◇ Reverso: http://www.reverso.net/spell-checker/english-spelling-grammar/
◇ After the Deadline: http://afterthedeadline.com/
◇ PaperRater: https://www.paperrater.com/
◇ 1Checker: http://www.1checker.com/Home/Index
◇ Ginger: http://www.getginger.jp/
------------------------------------------------------------------------------
■ プロの翻訳者も使っているgoogle活用法
・検索結果の上位10-20個から探す
・URLが「.jp」や「blog」のページは英文ミスもあり要注意
・PDFは公式文書が多く信頼性が高い
・"(ダブルクオーテーションマーク):単語ではなく言い回しを調べられる。
例:Thank you だとThankとyouの結果が表示される
例:"Thank you"だと Thank you の結果が表示される
・*(アスタリスク):文章にふさわしい語句を調べられる
例:"Thank you for * our products"
アスタリスクの部分に入る単語や文の検索結果が表示される
・入力した英文が間違っていた場合は「もしかして」機能を利用
------------------------------------------------------------------------------
■ プロの翻訳者も使っている英辞郎 on the WEBの活用法[5]
・AND検索:そのまま順番に記入
・OR検索:| (Shift + \)
例: As mentioned earlier | before
(英訳に便利。どちらが自分の思い描いた表現に近いかが分かる)
・NOT検索:-
例: explore -探検 -調査
・フレーズ検索:"(ダブルクオーテーションマーク):単語ではなく言い回しを調べられる。
和訳の際には2-3語まとめて検索するのがコツ
・単語間語数指定検索:
as {1} is とするとasとisの間に入る1語を検索
as {1,} is とするとasとisの間に入る1語以上を検索
as {2} is とするとasとisの間に入る2語を検索
------------------------------------------------------------------------------
■ Technical writing
◆ One word, one meaning.
・as: 時(しているとき)と理由(だから)の二つがある → 時は when, 理由にはbecause を使う
◆ 積極的、建設的、肯定的に書く
 例: After you check for nomal condition, press the start button.
◆ 事象の起こった順に記述する
 例: Read the manual, then start the machine.
 例: @ Measurements were made on the dielectric constant of the crystal A at 10 kHz, B with electrodes evaporated on the whole area of both surfaces, C at room temperature. と副詞句なども時系列にする。主語が時系列の最初(と最後)になっているのもポイント。その後に付随的に時系列にそって副詞句が付いていく。@, A, B, Cとなっているのが分かる。
◆ 事実と意見は別の文章で書く
 事実と意見を分けることが常識である英語のネイティブは、両者が混ざると聞いていて混乱する。
 (事実と意見を一文に混ぜたものは英語では悪文)
 例: John is a kin doctor.  → John is a doctor. (事実) He is kind. (意見)
 一つの文には、一種類の情報だけを入れること。
◆ 「だろう」を表す英語表現(may...)は全て削除し、下記のようにする
・The A phenomenon is consistent with the B phypothesis. (矛盾しない)
・The A phenomenon is in agreement with the B theory. (一致する)
・The A phenomenon is explained by the B theory. (説明できる)
◆ 書くことは技能であって才能ではない
(ただし、日本では欧米のように教育がなされていないので、{本人の努力ももちろんあるが}現状の制度で淘汰されて残った者だけが上の階級に行っている)
------------------------------------------------------------------------------
■ 1文は20語以下で書く
・「私たちは、目が一休みする前に、ある語数しか一気に読みきることができない。もし、1文が30語を超えていれば、しばらく休んで考えなければならない。もし40語を超えていれば、その分の意味を完全に理解することはできない」R. Flesch: "On Business Communication"
・平均語数(=使用語数/センテンス数)
 リーダーズダイジェスト:17語
 ウォールストリート・ジャーナル:20語
・不必要な単語を省く→より良い英語 (一方、日本語の著作では必ずしもそれが重視されていない)
※ 1センテンス中の単語数と理解度(%)の関係

1センテンス中の単語数 理解度(%)
5 100
20 75
35 30
45 10

M. I. Bolsky, "Better Scientific and Technical Writing" (Prentice-Hall, 1988), p.43.
------------------------------------------------------------------------------
■ あいまいな表現の削除の例
・「であろう」→「である」とする
・「と言ってもよいのではないかと思われる」→削除
・「と見てもよい」→削除
------------------------------------------------------------------------------
■ 英語論文執筆における3つの鉄則
・和文和訳せよ
 (元の分を和文和訳して簡潔な短い文(SVO型式)に書き直し、それを翻訳して簡潔な英文にする)
 科学・技術英語では、無生物を主語にしてSVOで書く(物主構文が好まれる)
 日本語のようなあいまいな言葉による逃げの余地を残さないではっきりと明確にSVOで書く
 受動態を避け、能動態で書く
 動名詞を主語に
・英語の基本は三拍子、起承転結は不可
  Introduciton → Body → Conclusion
・結論を先に、理由を後に
------------------------------------------------------------------------------
■ 英語とは?
・意味のない儀礼的表現は避けて明確に書く(アメリカ人は小さいときから心に思っていないことを言ってはいけないといわれて育ってきている。褒められたら素直に心から喜んでおくべきです。大切な友人をなくしますよ)
・日本ではよく「察しが悪い」というが、「それぐらいは言わなくても分かるだろう」「ここまで言えばこうしてくれるだろう」などと、言うべきことを全部言わずにおいて、相手が思うような反応を示さないと、「なんて鈍いヤツだ」と、全て悪いのは相手だと責任転嫁してしまう。日本人同士でのコミュニケーションでは「言わなくても分かる」部分は多いかもしれないが、英語圏の人々とのコミュニケーションでは、その理論は通用しない。英語では言いたいことをはっきり言葉に出して言わなければ、相手に理解してもらえない。(つまり空気を読む必要のある文章は書いてはいけない)
・英語は「コンテクスト(言葉周辺の前後関係)の低い文化」と言われ、共通の知識や体験が少ないので、筋道を立てて話す必要がある。そのため、周辺情報からではなく、ズバリと核心に入る。要点から書く、結論から書く。筋道を立てて論理的に書く。
・英語では、「原因・理由」とその「結果・言いたいこと」の両方を述べる。(日本では「結果・言いたいこと」を自然と察してくれると思って省きがちだが、それでは英語圏には通じない)
・最初に結論、だから、安心して論文が読める。安心して講演が聴ける。
・書いてある順に理解できるようにし、最後まで読まないと意味が分からないものは書いてはいけない。
・英語は、「明白でない」よりも「くどい」方をよしとする。
------------------------------------------------------------------------------
■ 英語で直接書けない場合の対策
・論理のつながりの完全な日本語のアウトラインを箇条書きで書く
・論文で述べる事実とそこから導かれる論理的帰結をすべて箇条書きにする
・常に英語の構文(SVO)を意識して、必ず主語、述語、目的語を入れてセンテンスを書く
・一つの箇条のの中には一つの事実あるいは帰結のみ
・各箇条の中には接続詞は、論理関係があいまいになるのを防ぐため、一切用いない
・各箇条は論文中で書く予定の順序で並べる
・各箇条の間の関係を十分議論しながら決定する
・箇条書きにしてあった日本語を英語に書き直す
・英語として論理的で適切な接続詞(下記の連結語)を用いて、文をつなげていく
・英語では物事をくどい程はっきり限定する
・英語活用メモをつくり、英借文する
※ 追加
・英語の文章は、明確に書くこと、あいまいな点を残さずに書くことが何より大切である
・多少ぼかしていく、いわば余地を残しておく、ことは英語では許されない
・「この文は正確にいうと何を意味するのか」に答えられない文は省く
・重要なアイディアは従属節に入れないで、新しい文章を書く
------------------------------------------------------------------------------
■ 英借文
・発表する研究内容に関連したネイティブ(米国人や英国人)の書いた論文を数編を選び、論文執筆の参考とする
・形式や英文に注意して読む
・真似るに役に立ちそうな文や単語の使用法を句の単位で書き写し、英語活用メモを作成する
・英語活用メモや論文中にぴったりした文や句があれば、そこから書き始める。それにうまくつなげるように前後の文を追加する。
・自分でマスターした単語のみを使用する(普段からの勉強が重要、入試用の著名な参考書を再読するのも良い)
・やむをえないところだけ辞書を用いる。必ず文や句の形で与えられたものの使用例を借用する。日本語でもそうだがどんな組み合わせでも可能というわけではない。熱愛はあるけれど辞書に冷愛はない。動詞と副詞の組み合わせも決まっている。
------------------------------------------------------------------------------
■ パラグラフとは何か?
・文章の一区切りで、内容的に連結されたいくつかの文から成り、全体として、ある一つの話題について、ある一つのこと(考え)を言う(記述する、主張する)ものである。
・パラグラフは、日本語での「段落」とは異なる。
・パラグラフは日本語の要領で、ちょっと長くなったかなということで適当に切ったりしてはいけない。
・パラグラフの冒頭にはトピックセンテンス(そのパラグラフが何の話かを一文でまとめたもの)がある。
・パラグラフがしっかりしていないと、欧米人からは能力の低いヤツだと評価される。
------------------------------------------------------------------------------
■ 論理的なパラグラフは下記の三つの要素から構成されている。
 まず大きな枠組みを掴み、段々細かく絞り込んでいく
・Introduction (序論・導入部)
 It is not necessary to have a physical education course required.  I will defend my opinion with three reasons.(主題文:topic sentence)
・Body (本論・本体部分)
 Firest, We can become healthy on our own.  For example, ...
 In addition, college PE classes can not ...
 Finally, a college is for academic work, ...
・Conclusion (結論・まとめ)
 In conclusion, ...
------------------------------------------------------------------------------
■ パラグラフの理想的な構成
・Introduction: Tell them what you will tell them.
 主題をパラグラフの出だしの文章(topic sentence)で説明する。他の話題を混ぜたり、sectionレベルの話題は入れない。
・Body: Tell them.
 展開部(body)では、データなどをまじえたいくつかの文章を組み合わせて、出だしの文章での述べた主題をさらに詳しく説明する。
・Conclusion: Tell them what you have told them.
 パラグラフの最後(Conclusion)は結論やまとめを述べ、次のパラグラフへのつなぎとなるような適切な文章を入れて終わる。
------------------------------------------------------------------------------
■ 能動態を使った方がよい例
Melting is one of the most familiar phase changes.  It is associated, generally, with ...
 (2番目の文を受動態にしないと、論理が滑らかに続かない。)
※ 優れた科学・技術系英文ライターは、必要な場合にだけ受動態を使う。必要な場合とは、4回に1回くらいである。
------------------------------------------------------------------------------
■ that と which
・whichはコンマで前後を囲めるが、thatの前後にコンマを使ってはいけない。
そのため、thatは非制限用法(コンマあり)で使えない。
------------------------------------------------------------------------------
■ if節やWhen節を主部に変換してより明確で簡潔な文へ
・When the temperature rises 2 or 3 degrees, the engine often overheats.
→ A rise in temperature by 2 or 3 degrees often makes the engine overheat.
(Whenで始まっている従属節を主語に)
→ A rise in temperature by 2 or 3 degrees often overheats the engine.
(overheatは他動詞なので、それを利用するとさらに簡潔になる)
------------------------------------------------------------------------------
■ 長文を20語程度に分け、連結語を用いて文を明確にする(使用される連結語)
・付け加える:again, also, as mentioned earlier, besides, furthermore, in addition, moreover
・例を示す: First ..., second ..., third ..., for example, namely, that is
・仮定などの条件を示す:although, as long as, even if, despite, in spite of, provided, whereas
・反対例や代替案を示す:however, on the contrary, although, on the other hand, in contrast, or , though
・結論を述べる:as a result, hence, in conclusion, thus, therefore, accordingly, as a consequence
------------------------------------------------------------------------------
■ 不要な単語は省く
・becausee of the fact that → because
・due to teh fact that → because
・for the reason that → because
・for the purpose of → for
・by means of → by
・in the case of → for, by, in
・in order to → to
・in the case that → if

◇ 名詞(抽象名詞)、特に-ionで終わるもの
・動詞にして簡潔にする
 例: They will have to conduct an investigation of the purchase. → They will have to investigate the purchase.

◇ 関係代名詞を分詞にする
 例: All defects that were found during the inspection have been corrected. → All defects found during the inspection have been corrected.

◇ 類語反復に注意(同じことを異なる単語で繰り返す)
 例: The reason why I was so upset was because she seemed so angry with me. → I was upset because she seemed so angry with me.
 例: This room is large in size. → This room is large
------------------------------------------------------------------------------
■ 並列構造で書いた方がよい場合
・同じ様な性質と同じような重要性を持つ事柄を、同じ文法構造で書き並べると、内容が理解しやすくな、平衡感が出る
・並列構造は、単語、句、節、センテンスから、文書のレベルに至るまで適用される
例: I like golf and watching baseball games. → I like playing golf and watching baseball games.
例: Formerly science was taught by the textbook method, while now the laboratory method is used. → Formerly science was taught by the textbook method; now it is taught by the laboratroy method.
※ 複雑で長いセンテンスは、コロン、セミコロン、カッコなどを利用して二つの文に分ける。
------------------------------------------------------------------------------
■ respectively の多用を防ぐ方法
・Mean loss coefficients are 0.35 and 0.21 dB/km at 1300 and 1550 nm, respectively.
→ The mean loss coefficient is 0.35 dB/km at 1300 nm and 0.21 dB/km at 1550 nm.
◇ respectively が必要ない文
・The horizontal and vertical components are denoted by H and V.
------------------------------------------------------------------------------
■ 時制

・現在形:確立された知識(情報の結果)、文中での図表の参照、自分の研究結果から得られた結論・解釈
 確立された知識
 例: The use of high pressure accelerates the rate of reactions that have a small activation volume.
 文中での図表の参照
 例: Figure 2a shows that the yield increased as the pH of the solution was increased.
 自分の研究結果から得られた結論・解釈
 例: This result shows that the addition of carbonate doubles the reaction rate.

・過去形:実験方法や結果の記述(自分で行なったもの)、他の研究者の成果の引用
 実験方法や結果の記述(自分で行なったもの)
 例: The copper complex was added to the solution, and the resulting precipitate was removed by filtration.
 他の研究者の成果の引用
 例: Jones [1997] reported that β form of the compund is the active component. (isに注目)

・現在完了形:近い過去に「はじめてできたこと」を表現する。「いまやったばかりのホアヤホヤのことだ」という気持ちの表現、または、過去の事象の影響が現在に及んでいるとき。
------------------------------------------------------------------------------
■ 冠詞
・不可算名詞が一般的に使われる場合は冠詞を付けない
(ただし、特別な意味を持たせたい場合にはtheを付ける。例えば「溶液中の水分」と特定している場合など)
・可算名詞が普通に使われる場合は単数形にa(n)を付ける。
(複数形に支障がない場合には、複数形がより広い意味を表す)
・修飾する語句が名詞の後に付く場合
 例: The steps of the procedure are ...
 例: The rod going through the chamber was ...
・誰にでも特定できる時代や場所には the を付ける

◆ 可算名詞
・一定の形や限界があって、数えられるもの
・一般的な話をするときの可算名詞は複数形で表現する

◆ 抽象名詞
◇ 抽象名詞の多くは形容詞が付くと意味が限定され、具体例や種類を示すので、a(n)が付けられることがある
◇ 形容詞が付いても通常はa(n)が付かない抽象名詞
  advice, behavior, damage, gratigude, fun, harm, information, luck, music, news, progress, scenery, weather, wisdom, work

◆ 不可算名詞の意味
・異種の集合体を表す名称(異なる種類のものをまとめた呼び方)
・一方で、可算名詞は大きさや形が異なっていても共通のイメージでくくることができる
◇ 決してs が付かないもの
  advice, encouragement, information
------------------------------------------------------------------------------
■ 前置詞
・of: 所属や所有など、広範囲にわたる関係(元の意味は「から分離して」)
・with: 所有(を持っている), 道具・材料(を使って)
・on: withで扱うものよりも上の能力を持つもの。
(一説には、タイプライターやキーボードは上から叩くのでonのイメージがあり、それに関連するものもonになるとされる)。
・by: 手段(により)、動作主(により)、期限(までに)、差異(の分だけ、の差で)
※ 機能的な動き、つまり技術の場合はby, 装置の場合はwith。
※ "written with a pencil", "written on a word processor", "written by Dr. XX."という関係になる。

◇ 論文でよく用いられる前置詞の慣用的用法
・ある程度: to some extent
・広い範囲にわたって: over a wide range
・... に関して: in regard to ... , with regard to ...
・の理由: the reason for
・... を用いて: by (the) use of ... , by using ...
・... の目的で:for the purpose of ... , with the pourpose of ...
・... の条件で:under ...  condition

◇ 前置詞が分からないときの対策: 名詞の形容詞化
・ the branch in New York → the New York branch
・ a belt on a motor → a motor belt
・ an experiment in chemistroy →  a chemistry experiment
※ 3以上(3も含む)の名詞を結合させて複合名詞語句を作らないこと!
------------------------------------------------------------------------------
■ リストの項目
・リストの各項目は名詞なら名詞、能動態なら能動態、数字なら数字で統一する。
・いくつかの句が、その意味、役割において、似ているかまたは比較対象されるような関係にあるときは、それを同じ形式で表現する
・句、節より成るリストや同じ等級の見出しを作るときには、同じ品詞ではじめること。特に見出しは、言葉の順序・品詞・形などを揃えること
例:
  - To Develop Long-Term Plans
  - To Determine Cashflow ...
  - To Establish Budgets
例:
  - Development of Long-Term ...
  - Determination of Cashflow ...
  - Establishment of Budgets ...
------------------------------------------------------------------------------
■ 文頭
・文頭に数字やシンボルがある場合は、アルファベットに変える
  500 g of the sample was ... → Five hundred grams of the sample was ...
  500 g of the sample was ... → The sample (500 g) was ...
  α-decay ... → Alpha-decay ...
・Eq.(=equation), Fig.(=figure)など文中で省略が認められているものは、文頭では省略しないで書く。
  Eq. (1) is ... → Equation (1) is ...
  Fig. 2 shows ... → Figure 2 shows ...
・And, But, Soで文をはじめてはならない。対策としては下記のようになる
  And → Moreover, Futher
  But → However, Nevertheless
  So → Therefore, Hence, For this reason
◇ 文中
・「9まではアルファベット, 10以上は数字」が原則。例外は下記になる
・図表番号やページ数は数字を使う
・測定値など正確な値は数値で表す
・度量衡単位の前の数は、数の大きさに関係なく数字のみを用いる
 例: 10 m, 120 V, 40 g
・小数点には点(.)を用い、コンマ(,)は用いない
------------------------------------------------------------------------------
■ つづりの統一(英国か米国のどちらかに統一する)
・英国式 -our, 米国式 -or

意味 英国式 米国式
挙動、振る舞い behaviour behavior
colour color
蒸気 vapour vapor


・英国式 -ence, 米国式 -ense

意味 英国式 米国式
防衛 defence defense
免許 licence license
攻撃 offence offense


・英国式ではスペルが長い

意味 英国式 米国式
アルミニウム aluminium aluminum
アナログ analogue analoge
グラム gramme gram


・英国式では最後の子音が二重になる場合

意味 英国式 米国式
取り消す cancelled canceled
モデル化する modelled modeled


・英国式 -re, 米国式 -er

意味 英国式 国式
中心、中心にする centre center
メートル metre meter


・英国式 -seや-sation, 米国式 -ze, -zation 

意味 英国式 米国式
初期化する initialise initialize
組織化する organise organize
明確に理解する realise realize

------------------------------------------------------------------------------
■ など
・etc. (=et cetra) : "and so forth”の意味なので、and etc.は誤り。3つ以上列挙した後に用いる
 しかしながら、gold, platinum, etc. ではなく gold, platinum and other metals として項目に含まれる大枠を示す方がよい。
・「など」は英語に訳さない方がよい。訳すときは、"for example", "like", "such as" を用いる。
------------------------------------------------------------------------------
■ スペース
◇ コロン、コンマ、ピリオド
・コロン(:)の後
 例: E-mail: xxx@yyy.zzz
・コンマ(,)の後
 例: blood, lung and heart
・ピリオド(.)の後
 例: Fig. 1
・ 一つの単語と見なされてスペースを入れない場合
学位: M.D., Ph.D.
時刻: 10:50 p.m.
化学記号: NaCl, H2O
比: 3:5

◇ 括弧
・括弧の外側にスペースをつける
 例: Sixteen patients (10 men and 6 women) were studied.
 ただし、最後に)のときは最後のスペースは無し。
 例: A was significantly greater than B (P<0.005).

◇ 数値の単位の間にスペースをつける
 例: 200 V
 例外: 50%, 20℃
------------------------------------------------------------------------------
■ 数値の範囲
・半角であるen dash(ハイフンより長い)を使う
 例: 20-30 mg
 例: 20 to 30 mg でも良い。
・数値を名詞の前に置き、形容詞としての使い方をする場合、数値と単位の組み合わせは、ハイフン (-) で結ぶ。
 例: 1024-color mode
※ 数値が2以上の場合でも、ハイフンで結ぶ単位などは単数形で用いる。合成語の場合も同様となるが、例外も存在する。
◇ 合成語での例外
・材料科学: materials science, materials research
・オペレーションズ・リサーチ: operations research
・最小二乗法:least-squares method
------------------------------------------------------------------------------


アクセス数
ページビュー数