地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

Akai KKR: action on error

Akai KKR: action on error
------------------------------------------------------------------------------
■ ***msg in specx...natm too large
1. cd cpa2002v009c
2. gedit source/specx.f
3. natmmx=4 > natmmx=12
4. make

■ ***err in specx...msizmx too small
1. cd cpa2002v009c
2. gedit source/specx.f
3. msizmx=64 > msizmx=108
4. make

■ ***msg in specx...ncmpx too large
1. cd cpa2002v009c
2. gedit source/specx.f
3. ncmpmx=8 > ncmpmx=10
4. make

■ 収束しない場合
・ k点(bzqlty)を減らして、ewidt を変えてみる。
・ k点(bzqlty)を減らして、edelt を変えてみる。
・ k点(bzqlty)を減らして、pmix を変えてみる。
・ k点(bzqlty)を減らして、mxl を変えてみる(Ptなどを入れてみたときに3ではなく4にしたりする)。
※ 成功したら k点(bzqlty)を増やす。

■ many natm case (specx.f)
・natm 12, bzqlty 4(go) - 8(dos) case
     & (natmmx=12, ncmpmx=4, msizmx=126, mxlmx=4, nk1x=750, nk3x=51,
     & msex=150, ngmx=15, nrpmx=400, ngpmx=350, npmx=200, msr=400)
・natm 20, bzqlty 4(go) - 8(dos) case
     & (natmmx=20, ncmpmx=4, msizmx=180, mxlmx=4, nk1x=750, nk3x=51,
     & msex=150, ngmx=15, nrpmx=400, ngpmx=350, npmx=200, msr=400)

■ Killed はお手上げなので、対処方法を開発者の赤井先生に聞いてください。
 普通のPCで使えるようにするにはFortran90にして、静的メモリ(common文)を動的メモリ(allocate文)に書き換えて貰うことも必要だと思います。

■ エラーの対処法
・配列の数が少ないと表示された場合の対処法
1. error の記述をメモっておく。
2. source/specx.f を開いて、error で記述された配列や引数に近い数値を大きくしてSAVE
3. make と入力すればコンパイルされる。
  よく起こるエラーの例としては、 ncmpmx で 成分の数が多くなって計算が出来ないという場合である。この他、mxlmxなどが該当する。

・spc でエネルギー分解能を高くしたい場合
1. kwrite ./source/specx.f または emacs ./source/specx.f
2. msex= の後の数値を大きくする。
3. SAVEして閉じる。
4. make
※ msex=1001 としても正常に動作していた。

・spc でk点の入力数を増やしたい場合 または nk3 に関するエラーが出た場合
1. kwrite ./source/specx.f または emacs ./source/specx.f
2. nk3x= の後の数値を大きくする。
3. SAVEして閉じる。
4. make
※ nk3x=350 としても正常に動作していた。

■ 大きな系の計算
 mxl, mxlmx, msizmx は「ねがてぃぶろぐ」さんの「AkaiKKRの角運動量(方位量子数)のメモ」に詳細が記載されている。
・msizmx >= natmmx * mxlmx^2
・mxlmx >= mxl + 1
・mxl = l(方位量子数)
・mxlmx^2になっているのは、1つの原子に対して軌道を全て足すと(l+1)^2個になるため。(mxl+1)^2 = mxlmx^2 となる。
Green 関数行列の数(msizmx)は、これに原子の数(natmmx)を掛けるので、natmmx * mxlmx^2 となる。
-----
c     note: mxlmx is l_max + 1 where l_max is the maximum angular
c           momentum used in the calculation.
c           Normally, the maximum size needed for the work area
c           is determined by the maximum of 4*natmmx+ngpmx+ntypmx,
c           ,ncmpx*msr,5*msr, 2*mxlmx**2*ncmpmx*msex, and 7620.
c           The last number, 7620, depends on the number of
c           k-points used in the BZ; 7620 corresponds to the
c           case where 32*10^4 k-points in the full BZ are used.
c           This number, however, should not be reduced to less
c           than 7128 even if less k-points in the BZ are used.
c           lastmx should be larger thatn 2, 37, 243, 964, and
c           2854 for mxl=1, 2, 3, 4, and 5,respectively.
-----
◇ Fe supercell3*3*3 (1 k point)
& (natmmx=54, ncmpmx=1, msizmx=150, mxlmx=3, nk1x=40, nk3x=21,
& msex=35, ngmx=15, nrpmx=250, ngpmx=250, npmx=100, msr=400)
increase: msizmx >= 54(atom) * 9(s-d orbit) = 486 ? 
decrease: msex、nk1x、nk3x
msex:エネルギー積分, scf 35, dos > 35
※ Intel Fortran Compilerは OSが64bitでも静的メモリ(common文)が2GBで限界なのでそこで止まっているかと。Fortran90以降にしてallocate文にしないと2GBを超えられないと思います。
◇ over 30 atoms
test run: "bzqlty=0" or "bzqlty=1"
run: nk1x=1~20
increase: "natmmx", "ncmpmx", and "msizmx"
-----
( 30 atoms, l=2 case)
natmmx=30, ncmpmx=30, msizmx=270, mxlmx=3
-----
natmmx=32, ncmpmx=5, msizmx=300, mxlmx=3,nk1x=20,nk3x=21
"bzqlty=1"
-----
------------------------------------------------------------------------------
■ original setting (specx.f)
     & (natmmx=4, ncmpmx=8, msizmx=64, mxlmx=4, nk1x=2550, nk3x=300,
     & msex=201, ngmx=15, nrpmx=650, ngpmx=650, npmx=350, msr=400)
------------------------------------------------------------------------------
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数